51件中 21 - 30件表示
  • 漢口大空襲

    漢口大空襲から見た誤爆誤爆

    12時7分頃、第20爆撃集団のB-29による第一波攻撃隊は、東側から回りこむように漢口上空へ侵入を開始した。最初に侵入した3編隊合計33機のB-29は予定通りの手順で爆撃を行ったが、後続編隊のうち3個編隊が誤った手順で爆撃を行ったため火災の煙が目標上空を覆ってしまい、後続編隊で正しい目標を爆撃できたのは単独行動した数機のみで、残りの多くは中国人の民間人が居住する市街地を誤爆してしまった。漢口大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • アルバコア (SS-218)

    アルバコア (SS-218)から見た誤爆誤爆

    10月12日、アルバコアは7回目の哨戒でビスマルク海、ソロモン諸島方面に向かった10月25日午後、アルバコアはの地点で大型輸送船と2,000トン級輸送船を発見し、夜に入っての地点に至ったところで魚雷を6本発射したが命中しなかった。11月6日にはの地点で病院船を確認。夜に入り、アルバコアは同海域にあったスティールヘッド (USS Steelhead, SS-280) が発見した輸送船団についての警報を受信し、その情報に基づいて日本船団攻撃に向かった。11月8日、アルバコアはの地点で情報にあったであろう輸送船団に接近しつつあったその時、第5空軍の B-25 が、突然アルバコアを爆撃。アルバコアは軽いダメージを受けたものの潜航し哨戒任務を続行したが、この誤爆と回避により船団との接触を失った。アルバコア (SS-218) フレッシュアイペディアより)

  • ガジョン (SS-211)

    ガジョン (SS-211)から見た誤爆誤爆

    5月18日、ガジョンは3回目の哨戒でミッドウェー島西方に向かった。ガジョンはミッドウェー島に接近する日本艦隊とこれを迎え撃つアメリカ艦隊の間に立って、他の潜水艦とともに哨戒線を構成した。ガジョンは海戦で350年ぶりに負ける日本艦隊の姿を見ることも出来ただろうが、戦闘の混乱と誤爆の危険性から逃れるべく攻勢には出なかった。6月14日、ガジョンは20日間の行動を終えて真珠湾に帰投。艦長がウィリアム・S・ストローヴァル・ジュニア少佐(アナポリス1929年組)に代わった。ガジョン (SS-211) フレッシュアイペディアより)

  • ファラガット (DD-348)

    ファラガット (DD-348)から見た誤爆誤爆

    1942年4月15日、ファラガットは空母レキシントン (USS Lexington, CV-2) を中心とする、ウィルソン・ブラウン中将の第11任務部隊に加わり、南太平洋方面へと向かう。このころ、日本軍の圧力はポートモレスビーやニューギニア島、あるいはオーストラリアやニュージーランドにいたる通商路を徐々に圧迫し、この脅威を取り除くため海軍は迅速に迎撃態勢を整えた。同じころに南太平洋を行動していた(フランク・J・フレッチャー少将)の空母ヨークタウン (USS Yorktown, CV-5) からの航空機が、ツラギ島や対岸のにいた日本軍を攻撃したのは5月4日のことであり、珊瑚海で合流した第11任務部隊および第17任務部隊は、日本側の原忠一少将率いる第五航空戦隊も珊瑚海に入りつつあることを知る。互いの敵を見ずに始まった珊瑚海海戦は、まず5月7日に両任務部隊からの艦載機がMO攻略部隊を発見して攻撃し、空母祥鳳を撃沈して先手を取った。翌5月8日、ファラガットは任務部隊から分離し、支援部隊の護衛に回る。ファラガットが属した部隊も日本機の激しい空襲に晒されたが、ファラガットはそのうちの5機を撃墜して損傷はなかった。日本機のほか、B-17の一隊が支援部隊を誤爆するハプニングもあったが、爆弾はファラガットの左舷側に落ちただけで大事なかった。5月11日にクイーンズランド州シド湾に帰投したファラガットは、6月下旬までオーストラリア、ニュージーランド、フィジー、トンガタプ島方面で船団護衛に従事し、6月29日に真珠湾に帰投した。ファラガット (DD-348) フレッシュアイペディアより)

  • アダック島

    アダック島から見た誤爆誤爆

    1700年代には、この島にロシア人の探検家が何度も訪れた。太平洋戦争中、日本軍がアッツ島およびキスカ島を占領したため、アダック島にはアメリカ軍の基地が作られ、日本軍への反撃に使われた。日本軍の最初の侵略日から4日間は悪天候により反撃は延期された。アメリカの兵士はアッツ島に上陸し、そこにいた日本の守備隊を破ったが、日本人約2300人とアメリカ人約550人が犠牲となった。キスカ島も同じような戦いを期待し、アメリカ軍兵士が8月15日に上陸したが、日本軍は既に撤退した後だった。誤爆や地雷などによって313人のアメリカ軍兵士が犠牲となった。アダック島 フレッシュアイペディアより)

  • エドウィン・O・ライシャワー

    エドウィン・O・ライシャワーから見た誤爆誤爆

    その後日中戦争最中の1937年(昭和12年)11月に北京へ向かい、燕京大学で研究活動を行う傍ら中国文化院で中国語を学んだ。これに先立つ8月には、研修のため日本と中国を訪れた、実兄でプリンストン大学教授のロバート・カール・ライシャワー博士 (Dr. Robert Karl Reischauer, 1907年-1937年) が、訪問先の上海で中華民国国軍機の誤爆を受け死亡した(国民党軍機による上海空爆)。1938年(昭和13年)にはハーバード大学に戻り、日本語と中国語の講師となり、1939年(昭和14年)には『入唐求法巡礼行記』の研究で博士号を授与された。エドウィン・O・ライシャワー フレッシュアイペディアより)

  • OV-10 (航空機)

    OV-10 (航空機)から見た誤爆誤爆

    左エンジン排気管内にスモークジェネレータを搭載しており、同左メインギア格納部内のタンクから揮発油を送ることで、最大4分程度の煙幕展開が可能。FAC任務での攻撃指示の際は誤爆を防ぐため、攻撃指示機・被攻撃指示機が互いに、位置を確認した上での攻撃決行が基本となるためこの発煙機構と無線の併用により、機体確認がより確実に行われている。また、地上部隊への支援のための煙幕展開や、爆撃侵入コースの指示などにも使用された。OV-10 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 同士討ち

    同士討ちから見た誤爆誤爆

    誤爆 - 攻撃目標ではない、あるいは攻撃してはならない対象を爆撃すること。同士討ち(友軍への攻撃)も含む。同士討ち フレッシュアイペディアより)

  • トリガー (SS-237)

    トリガー (SS-237)から見た誤爆誤爆

    3月11日、トリガーは12回目の哨戒で日本近海に向かった。この哨戒では敵船撃沈と第58任務部隊(マーク・ミッチャー中将)の搭乗員救助が主な任務であった。3月18日17時、トリガーはあるいはの地点で鹿児島から那覇へ向けて航行中のカナ304船団を発見し、輸送船第三筑紫丸(三井船舶、1,012トン)を撃沈した。トリガーは3月20日にこの攻撃の報告を送信した。3月24日、トリガーは味方の誤爆を防ぐため一時的に安全地域への退避を命じられ、3月26日、トリガーはシードッグ (USS Sea Dog, SS-401)、スレッドフィン (USS Threadfin, SS-410) のウルフパック "Earl's Eliminators" に加わり、また、気象情報を送信したが、これがトリガーの健在を示す最後の証拠となった。3月28日、シードッグはトリガーと通信が取れないことを司令部に報告。司令部は3月30日に、トリガーをウルフパックから外した上で別の任務を与え、その上で4月4日にミッドウェー島に帰投するよう命令を発したがトリガーからの音沙汰は無く、5月1日になってもトリガーがミッドウェー島に帰投しなかったので喪失を宣告され、7月11日に除籍された。トリガー (SS-237) フレッシュアイペディアより)

  • 軍事における革命

    軍事における革命から見た誤爆誤爆

    命中率を向上させる技術。今では兵器の誘導システムにGPSが使用される事も珍しくなくなっている。これらの技術は戦闘の大幅な効率化を実現するが、同時に攻撃目標周辺への被害や誤爆の発生率の低減も実現する。軍事における革命 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「誤射・誤爆」のニューストピックワード