1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示
  • 宮崎駿

    宮崎駿から見た誤爆誤爆

    J・R・R・トールキンの作品『指輪物語』がピーター・ジャクソン監督により映画化された際、悪の勢力に味方するために象をつれて登場した人々が“アジア的”に描かれていたため、宮崎はこれを「黄人差別映画」であると批判した。また原作についても同様の批判を展開し、西洋ファンタジーの古典にそうした側面がある事を理解しない風潮を「馬鹿なんです」とも語った。また上述の流れからアメリカ映画(ハリウッド)全体に対しても「アメリカ人はダーッと撃ったらドイツが爆発したとか、相変わらずそんな映画ばかり作っている」「アフガニスタン戦争での誤爆と同じ理屈」など痛烈な批判を行い、(作り手の欧米人はともかく)日本人が一緒になって喜んでいる事を「信じられないぐらい恥ずかしい事」と評した。宮崎駿 フレッシュアイペディアより)

  • 内ゲバ

    内ゲバから見た誤爆誤爆

    内ゲバによる死者は100名以上、負傷者は数千人と言われている。内ゲバの巻き添え、あるいは攻撃側の誤認によって死傷したノンセクトや一般人も少なくない。これらは「誤爆」と言われた。しかし誤爆について、実行した党派が謝罪したケースはほとんどない。内ゲバ フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・ポジショニング・システム

    グローバル・ポジショニング・システムから見た誤爆誤爆

    勿論、本来の目的である軍事用途においてもGPSは活用されている。湾岸戦争やイラク戦争では、アメリカ軍の地上部隊はGPSのおかげで何の目印もない広大な砂漠での進軍を可能にした。誘導爆弾もGPSを利用したタイプが登場し、安価でレーザーなどによる誘導操作が不要である反面、命中精度に劣る事や標的座標エラーによる誤爆の危険があるなどの問題点がある。グローバル・ポジショニング・システム フレッシュアイペディアより)

  • 軍事史

    軍事史から見た誤爆誤爆

    冷戦終結後は、電子戦や精密誘導兵器の進歩によって、軍事面での効果の小さい無差別爆撃は行われなくなり、結果として市民の犠牲は減少しているように見える。とはいえ市民の犠牲が無くなったわけではなく、人為的ミスに起因する誤爆や、ルワンダ内戦(1990年 - 1994年)のような虐殺事件も発生している。さらに、世界中に存在する化学兵器は、防護装備を持つ軍隊に対しては効果を与えられないが、市民に対して無差別に使用されれば大きな犠牲を生む。軍事史 フレッシュアイペディアより)

  • バタビア沖海戦

    バタビア沖海戦から見た誤爆誤爆

    海戦自体は約2時間の戦闘で連合軍巡洋艦2隻撃沈、日本軍の損害軽微と日本海軍の一方的な勝利に終わったが、海戦もたけなわの頃、0135日本軍輸送船団を直衛していた第二号掃海艇が突然右舷缶室に魚雷1本の直撃を受け轟沈した。更に輸送船「佐倉丸」が沈没、その他輸送船3隻が大破着底という損害が出た。輸送船団は直ちに魚雷を発射した敵影を探したがどこにも見つからなかった。大破着底した中には第16軍司令官今村均中将座乗の陸軍特殊船(揚陸艦)神州丸が含まれており、今村中将は海上へ投げ出され、3時間の漂流後に救助された。日本海軍では海戦直後から原因調査したが、連合軍艦艇から魚雷が発射された形跡も無く、また他に敵影も見られなかった。そして輸送船の被雷時刻、射線方向、爆発の威力からして0127に「最上」が発射した魚雷が敵艦に命中せずにそのまま射線延長線上の輸送船団に到達した可能性が高いことが判明した。更に陸軍の上陸点付近で九三式魚雷の尾部が引き上げられる事態に至り、第3護衛隊司令部は原因は味方の誤射と判断。今村中将に対して護衛隊司令部一同が謝罪しに行く騒ぎへと発展した。謝罪をうけた今村司令官はこれを快く受け入れると、この事件に関しては敵魚雷艇の損害とすることを提案、海軍の顔を立てたのであった。護衛隊司令官の原少将はこの後、この海戦の戦訓所見として「輸送船団至近ノ海面ニ於ケル戦闘ニシテ、シカモ多数ノ夜戦隊挟撃ノ態勢ニ於ケル魚雷戦ニ於イテハ、射線方向ニ対シテ特ニ深甚ノ注意ヲ要ス」と戦闘詳報に明記している。バタビア沖海戦 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事における革命

    軍事における革命から見た誤爆誤爆

    命中率を向上させる技術。今では兵器の誘導システムにGPSが使用される事も珍しくなくなっている。これらの技術は戦闘の大幅な効率化を実現するが、同時に攻撃目標周辺への被害や誤爆の発生率の低減も実現する。軍事における革命 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示

「誤射・誤爆」のニューストピックワード