1 2 3 4 次へ
36件中 31 - 36件表示
  • 誤爆

    誤爆から見たアメリカ合衆国

    一方、観測装置の発達は照準・誘導装置のそれよりはゆっくりとしており、現代の誤爆の主要な要因は目標の誤認となっている。すなわち爆撃には成功しているものの爆撃した目標が本来の攻撃目標では無かった場合である。近年の戦争では国内外の圧力によって味方兵員や中立国、敵国非戦闘員の犠牲が次第に許されなくなってきているため、誤爆は話題になることが多い。NATOのコソボ紛争介入における爆撃の際に発生した中国大使館誤爆事件やアメリカによるイラク戦争での民間施設への誤爆は発生するたびに問題としてニュースに取り上げられた。イラクやアフガニスタンでの戦闘では、ゲリラ側が誤爆を逆手に取って民間人居住区や施設から攻撃する戦法(人間の盾)を駆使し国際世論を気にするアメリカや多国籍軍を手こずらせている。そのため、重要な作戦では誤爆のリスクを承知で攻撃を許可する場合もある。たとえばアメリカ軍では、重要目標1人の殺害において民間人29人までの犠牲が司令官の裁量で許されており、殺害目標も含めて30人以上が犠牲になる場合には、大統領または国防長官の許可が必要となる。イラク戦争においては、サッダーム・フセインを含めた最重要指名手配者殺害のため民間居住区への空爆を50回近く許可した。しかし、結局一人も仕留める事ができなかったうえに誤爆により200人近くの民間人が犠牲になったため、空爆の効果自体疑問視されるようになった(出典:CBS 60 Minutes“Bombing Afghanistan” )。誤爆 フレッシュアイペディアより)

  • 誤爆

    誤爆から見たイタリア海軍

    第二次世界大戦の終わりごろ、ドイツでは何種類かの誘導爆弾が実用化された。爆弾に操縦装置を取りつけ、有線で人間が目標まで誘導する仕組みである。爆撃機から投弾された誘導爆弾の尾部には電灯が取りつけられ、これを目印に爆撃手は望遠鏡式の照準装置によって目標と爆弾の進路のずれを補正して誘導した。ドイツの誘導爆弾のうちフリッツXと呼ばれた大型の徹甲爆弾は、連合軍に降伏したイタリア海軍の戦艦「ローマ」を一発で撃沈する戦果を上げている。飛翔速度が遅い爆弾や目標の機動が遅い対戦車ミサイルなどではその後も人力誘導が使用されたが、対空ミサイルなど高速で起動する目標には対処しきれないため無線による自動誘導が開発され、多くのミサイルに採用されている。誤爆 フレッシュアイペディアより)

  • 誤爆

    誤爆から見たフリッツX

    第二次世界大戦の終わりごろ、ドイツでは何種類かの誘導爆弾が実用化された。爆弾に操縦装置を取りつけ、有線で人間が目標まで誘導する仕組みである。爆撃機から投弾された誘導爆弾の尾部には電灯が取りつけられ、これを目印に爆撃手は望遠鏡式の照準装置によって目標と爆弾の進路のずれを補正して誘導した。ドイツの誘導爆弾のうちフリッツXと呼ばれた大型の徹甲爆弾は、連合軍に降伏したイタリア海軍の戦艦「ローマ」を一発で撃沈する戦果を上げている。飛翔速度が遅い爆弾や目標の機動が遅い対戦車ミサイルなどではその後も人力誘導が使用されたが、対空ミサイルなど高速で起動する目標には対処しきれないため無線による自動誘導が開発され、多くのミサイルに採用されている。誤爆 フレッシュアイペディアより)

  • 誤爆

    誤爆から見た焼夷弾

    第二次世界大戦では、欧州戦線におけるイギリス空軍のドイツ本土爆撃作戦やアメリカ陸軍航空隊による初期の日本本土爆撃作戦では高高度精密爆撃と呼ばれる手法が採用されていたが、これは多数の爆撃機が個々の目標へ向けて一斉に投弾するというものであった。いかに精密に照準しようとも投弾後の気象条件や各爆弾の固有の空力特性から目標周辺への誤爆は避け難いため、多数の爆弾を一斉に投下することで目標をそれる爆弾を補おうとするものであった。しかし、高高度精密爆撃は特に日本本土爆撃では効果に乏しいと後に判断された。高高度精密爆撃では特定の目標を破壊するため必要な爆撃精度が確保できず多数の爆弾を用い反復して攻撃する必要があったが、迎撃機や高射砲による爆撃機の被害を考慮すると優位な方法とは言い難い側面が存在する。このため結果的に日本本土爆撃作戦は工場を目標とする精密爆撃から都市全体を目標にする焼夷弾による低高度無差別爆撃に切りかえられた。誤爆 フレッシュアイペディアより)

  • 誤爆

    誤爆から見たマスコミ

    最近では、芸能人などの有名人が特定の相手に送るべきメールを公開の場に間違って送信してしまうことを、マスコミが表現するときに使われることがある。誤爆 フレッシュアイペディアより)

  • 誤爆

    誤爆から見た人間の盾

    一方、観測装置の発達は照準・誘導装置のそれよりはゆっくりとしており、現代の誤爆の主要な要因は目標の誤認となっている。すなわち爆撃には成功しているものの爆撃した目標が本来の攻撃目標では無かった場合である。近年の戦争では国内外の圧力によって味方兵員や中立国、敵国非戦闘員の犠牲が次第に許されなくなってきているため、誤爆は話題になることが多い。NATOのコソボ紛争介入における爆撃の際に発生した中国大使館誤爆事件やアメリカによるイラク戦争での民間施設への誤爆は発生するたびに問題としてニュースに取り上げられた。イラクやアフガニスタンでの戦闘では、ゲリラ側が誤爆を逆手に取って民間人居住区や施設から攻撃する戦法(人間の盾)を駆使し国際世論を気にするアメリカや多国籍軍を手こずらせている。そのため、重要な作戦では誤爆のリスクを承知で攻撃を許可する場合もある。たとえばアメリカ軍では、重要目標1人の殺害において民間人29人までの犠牲が司令官の裁量で許されており、殺害目標も含めて30人以上が犠牲になる場合には、大統領または国防長官の許可が必要となる。イラク戦争においては、サッダーム・フセインを含めた最重要指名手配者殺害のため民間居住区への空爆を50回近く許可した。しかし、結局一人も仕留める事ができなかったうえに誤爆により200人近くの民間人が犠牲になったため、空爆の効果自体疑問視されるようになった(出典:CBS 60 Minutes“Bombing Afghanistan” )。誤爆 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
36件中 31 - 36件表示

「誤射・誤爆」のニューストピックワード