5953件中 91 - 100件表示
  • ドリュー・ネイラー

    ドリュー・ネイラーから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    2015年7月13日にラファエル・ペレスとともに中日ドラゴンズへの入団会見が行われた。推定年俸は1250万円。8月1日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)に先発する形で初登板し、6回2失点であったが、勝敗はつかなかった。8月7日の対東京ヤクルトスワローズ戦(ナゴヤドーム)に先発、8回1失点でNPBでの初勝利を挙げるとともに、4回の打席では本塁打を放った。ドリュー・ネイラー フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    日本代表は合宿先である宮崎で春季キャンプを行っている読売ジャイアンツと、2月21日と22日の2日間、練習試合を実施。場所はサンマリンスタジアム宮崎。2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    その後、夏の甲子園では3番・遊撃手で21打数9安打、2本塁打、8打点の好成績を残し、優勝の一翼を担った。これにより、各球団スカウトの評価も「ドラフト2位指名は確実。外れ1位の可能性もある」と大幅に上がった。そんな中、当時南海ホークスの監督であった杉浦忠が早々とドラフト1位指名の方針を固め、PL学園の顧問に対し「どうしても立浪君が欲しい。ドラフト1位で指名する」と連絡を入れている。ちなみに立浪を1位と評価したのは当時南海のみであり、他球団の評価は2位もしくは3位であった。このことや南海が地元である大阪府・大阪球場を本拠地としていたこともあり、この頃から立浪は南海入りを強く望むようになっていた。実際、南海側も「来季から湯上谷、立浪のフレッシュ二遊間で売り出す」と球団を挙げて公言するなど、立浪に対して大きな期待を寄せていた。しかしその反面、当時のセントラル・リーグとパシフィック・リーグの人気格差や、読売ジャイアンツの監督であった王への憧れから「できればセ・リーグでプレーしたい」という思いも抱いていたという。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤政夫

    佐藤政夫から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    電電東北を経て1969年のドラフト5位で読売ジャイアンツ入団。ここでは出場機会がなく、1970年11月の第1回選抜会議(トレード会議)の対象となり、翌1971年にロッテオリオンズに移籍。1972年には、アメリカ1Aローダイに野球留学をする。1973年シーズン途中に、奥田直也とともに、水谷則博、土屋紘との交換トレードで中日ドラゴンズ移籍。1980年オフ中日を自由契約となり、1981年に横浜大洋ホエールズに入団。1984年オフに大洋を自由契約となり、1985年に再びロッテに戻り1987年に現役を引退した。引退後はロッテでスカウト、コーチを務めた。佐藤政夫 フレッシュアイペディアより)

  • 大矢明彦

    大矢明彦から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    、横浜の監督に再び就任。1年目はシーズン4位の成績を残すも、翌は優勝した巨人に36.5ゲーム差、5位ヤクルトに19ゲーム差も離されるなど開幕から最下位から抜け出せないままシーズンを終了。も開幕からチームは6連敗をするなど、37試合を終えた時点で13勝24敗と最下位に低迷。同年5月18日をもって無期限休養に入り、シーズン終了後、正式に退任した。大矢明彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中井正広のブラックバラエティの企画

    中井正広のブラックバラエティの企画から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    4週にわたって放送。初回は巨人の小笠原道大がVTRで登場し中井にエールを送った。ルールは中井とゴルゴ松本・増田英彦とC級D級芸人(BBゴロー、360°モンキーズ杉浦、古賀シュウ、木村晃健、タイツ先生)の芸人軍で対決し、プロ野球選手の名前が書かれたボードからモノマネする選手を指定し(ただし中井はハンデとして選手の名前が入っている抽選ボックスの中から選んだ選手のモノマネ)モノマネを行い、それが誰なのか当てさせる。解答者はモノマネが終了するまで待って、解答ボードに「誰のモノマネ」かを記入。1人正解で1点、3人以上正解で2点。全員正解すればホームランで3点。誰にも当ててもらえなかった場合その時点で3アウトとなりチェンジ。出題者は当ててもらった数、解答者は正解数に応じて、寿司を獲得出来る。ゴルゴが相方レッド吉田からの電話で途中退場(本当は次の仕事に行く為の退場)、収録に時間が掛かりすぎ急遽5回で終了に変更などのハプニングもあったが、結果は21対18で中井軍が勝利した。中井正広のブラックバラエティの企画 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川大幾

    吉川大幾から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    吉川 大幾(よしかわ だいき、1992年8月21日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(内野手)。大阪府大阪市天王寺区出身。吉川大幾 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤一彦

    工藤一彦から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    高校同期では捕手の荒川俊男(巨人)、中堅手の林真人(阪神)がプロ入りしている。当時は土屋、定岡正二、永川英植とともに「高校四天王」と呼ばれ、各球団から注目された。工藤一彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本シリーズ

    2017年の日本シリーズから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    ソフトバンクはこれで2年ぶり8度目の日本一となり、優勝回数は巨人の22回、西武(前身の西鉄を含む。)の13回に次ぐ歴代3位となった。また本拠地で開催された3試合に全て勝利したことから、2011年対中日第7戦以降日本シリーズ本拠地9連勝を達成し1987年-1991年の西武、および1995年-2015年のヤクルトによる本拠地8連勝を抜き、1970年-1973年(V9最後の4年)にかけて巨人が達成した本拠地10連勝(当時は後楽園球場)に次ぐ歴代2位となった。DeNAは、前身である大洋ホエールズの球団創設以来初めて日本シリーズにおける敗退を経験した。なお、サヨナラゲームでの日本一決定は1950年の毎日(松竹のエラー)、1965年の巨人(土井正三のタイムリー)、1988年の西武(伊東勤のタイムリー)に次いで29年ぶり4チーム目、平成以降では初となった。ソフトバンクの工藤監督は、投手出身の監督として藤田元司(巨人)以来2人目となる2度目の日本シリーズ優勝を達成した監督となった。2017年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の日本プロ野球

    2015年の日本プロ野球から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    東京ヤクルトスワローズは、FAで読売ジャイアンツに移籍した相川亮二の人的保障として、奥村展征を獲得。2015年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

5953件中 91 - 100件表示

「読売ジャイアンツ」のニューストピックワード