4796件中 91 - 100件表示
  • 種田仁

    種田仁から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    巨人から移籍した仁志敏久の活躍もありスタメンでの出場が激減。主に代打での出場で打率は.258の成績を残したが、シーズン終了後に戦力外通告を受けた。本人は現役続行を希望し、埼玉西武ライオンズに入団。背番号は2。種田仁 フレッシュアイペディアより)

  • 中井正広のブラックバラエティの企画

    中井正広のブラックバラエティの企画から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    4週にわたって放送。初回は巨人の小笠原道大がVTRで登場し中井にエールを送った。ルールは中井とゴルゴ松本・増田英彦とC級D級芸人(BBゴロー、360°モンキーズ杉浦、古賀シュウ、木村晃健、タイツ先生)の芸人軍で対決し、プロ野球選手の名前が書かれたボードからモノマネする選手を指定し(ただし中井はハンデとして選手の名前が入っている抽選ボックスの中から選んだ選手のモノマネ)モノマネを行い、それが誰なのか当てさせる。解答者はモノマネが終了するまで待って、解答ボードに「誰のモノマネ」かを記入。1人正解で1点、3人以上正解で2点。全員正解すればホームランで3点。誰にも当ててもらえなかった場合その時点で3アウトとなりチェンジ。出題者は当ててもらった数、解答者は正解数に応じて、寿司を獲得出来る。ゴルゴが相方レッド吉田からの電話で途中退場(本当は次の仕事に行く為の退場)、収録に時間が掛かりすぎ急遽5回で終了に変更などのハプニングもあったが、結果は21対18で中井軍が勝利した。中井正広のブラックバラエティの企画 フレッシュアイペディアより)

  • 高木豊

    高木豊から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    近藤貞雄が監督に就任したには、俊足の加藤博一、屋鋪要と共に「スーパーカートリオ」を結成。また同年より山下大輔が二塁手、高木が遊撃手にコンバートされる。しかし、高橋雅裕の遊撃手定着に伴い、からは元の二塁手に戻る。この間、1983年に一時右打ちに取り組みスイッチヒッターとなったが、右打席の状態が思わしくなく、すぐに左打席一本に戻している。は打率.323でリーグ2位。の対読売ジャイアンツ戦において、通算300盗塁を達成。もっとも失敗も多く、盗塁成功率.643は300盗塁以上で歴代ワーストである。高木豊 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本シリーズ

    2005年の日本シリーズから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    しかし、試合中から千葉県北西部に濃霧注意報が発令されるほどの霧が球場全体を覆ってしまい、試合が一時中断。その後30分以上様子を見たが回復の兆しが見えないため、ベニーの本塁打を打った7回裏1アウト消化の時点を以てコールドゲームが宣言され、ロッテが先勝した。日本シリーズが自然現象のためにコールドゲームとなった事例は1953年第4回大会の読売ジャイアンツVS南海ホークスの第3試合、降雨により8回の攻撃終了を以て2-2の同点で打ち切りになって以来52年ぶり。濃霧によるコールドゲームは日本シリーズ史上初となった。2005年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本シリーズ

    2009年の日本シリーズから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    2009年の日本シリーズ(にせんきゅうねんのにっぽんシリーズ、にせんきゅうねんのにほんシリーズ)は、2009年10月31日から11月7日に開催された読売ジャイアンツと北海道日本ハムファイターズによる第60回プロ野球日本選手権シリーズである。2009年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬仁紀

    岩瀬仁紀から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1月20日の契約更改交渉で7500万円増の推定年俸3億500万円で更改。中日に在籍した日本人選手としては、の落合博満を抜く球団史上最高年俸となった。4月4日の対横浜ベイスターズ戦で、9回裏に多村仁に同点2点本塁打を浴びて救援に失敗した。2004年9月25日に村田修一に打たれて以来許していなかった本塁打を打たれ、被本塁打0の記録は対戦打者265人目にして途絶えた。7月30日、プロ入り通算100セーブを達成。10月8日、プロ野球史上初の2年連続40セーブを達成。2年ぶりのリーグ優勝を決めた10月10日の対読売ジャイアンツ戦の11回裏、3対3の場面で登板し、2回を無失点に抑えて胴上げ投手となった。岩瀬仁紀 フレッシュアイペディアより)

  • 福地寿樹

    福地寿樹から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    から登録名を「和広」から「寿樹」に変更すると、同年4月20日の対読売ジャイアンツ戦(広島市民球場)福地寿樹 フレッシュアイペディアより)

  • 須永英輝

    須永英輝から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    須永 英輝(すなが ひでき、1985年10月28日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(投手)。須永英輝 フレッシュアイペディアより)

  • 江本孟紀

    江本孟紀から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    期待の証として野村に背番号16を与えられ、移籍初年度のに背番号と同じ16勝を記録。先発・中継ぎを無難にこなし、には前期最高勝率及びプレーオフ進出に貢献、プレーオフ第5戦9回2死に一打同点の場面で阪急の代打本塁打世界記録保持者、高井保弘を迎えたところで救援、見事空振り三振にとって胴上げ投手となった。しかし、それまで抑えの切り札佐藤道郎が投げており、江本は急遽登板で調整も全くしておらず、審判が運よくストライクを取ってくれたので助かったと後に著書で述べている。読売ジャイアンツがV9を達成する同年の日本シリーズでは大阪球場での第1戦で3失点完投勝利。江本孟紀 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    、阪神の春季キャンプでルーキーは2軍に割り振られるのが通例なのだが、1月28日の1・2軍振り分けで新人選手の中で唯一の1軍に振り分けられる。キャンプ・オープン戦で結果を残して開幕1軍を勝ち取ったが、開幕の外野陣は左翼パウエル・中堅新庄剛志・右翼桧山進次郎だった。4・5月は主に代打で出場してスタメン出場は限られていたが、6月頃から外野陣(パウエル・新庄・桧山)が不振になり、1番ライト(もしくはレフト)でスタメン出場するようになる。7月4日の広島東洋カープ戦で、1回表に紀藤真琴から左中間へプロ初本塁打となる初回先頭打者ランニングホームランを放つ。プロ初本塁打がランニング本塁打というのは史上3人目だが、初回先頭打者ランニングホームランは史上5人目の記録で新人では初の快挙であった。オールスター前には1番ライトのポジションを獲得する。8月27日に規定打席に到達して打率.318で3位に食い込んだ。9月になると更に打率を上げ、坪井を含めた首位打者争いが熾烈になり、横浜の鈴木尚典、広島の前田智徳、阪神の坪井の3人が打率.330近くを記録する熾烈な争いになる。結局、首位打者は打率.337を記録した鈴木尚典で2年連続の首位打者となり、前田智徳は打率.335で2位、坪井は打率.327でセ・リーグ3位の打率を記録した。この年に記録した135安打は、1948年に後藤次男が記録した129安打を更新する球団史上新人最多安打記録である。新人で打率.327という記録は1950年以降に始まったセ・パ両リーグの2リーグ制分立後の新人最高打率である。更にこの年、両リーグで規定打席到達者は71人いたが坪井のみ併殺打0であった。(1リーグ時代を含めると、新人最高打率は1946年に.341を記録したグレートリングの田川豊であるが打率は2位で、新人で首位打者を獲得した選手は現在もいない)。この年は坪井以外にも川上憲伸(中日ドラゴンズ)・高橋由伸(読売ジャイアンツ)・小林幹英(現・広島東洋カープ二軍投手コーチ)と近年稀に見る新人豊作年だった。最優秀新人は川上憲伸に譲ったが、川上以外の3人は新人賞に値する活躍をしたと認められ、高橋由伸・小林幹英とともに連盟の特別表彰を受けた。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

4796件中 91 - 100件表示

「読売ジャイアンツ」のニューストピックワード