5953件中 101 - 110件表示
  • ドゥエイン・ホージー

    ドゥエイン・ホージーから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    横浜ベイスターズとの優勝争いが佳境に入りつつある9月中旬の読売ジャイアンツとの3連戦初戦では、トップの松井秀喜に1本差と迫る35号を槙原寛己から打ったあとの2打席で実質的に敬遠された。翌日は本塁打は出なかったものの5打席3四球4得点、第3戦では勝負してきたバルビーノ・ガルベスからトップに並ぶ36号を打つ(35号を打たれた夜、巨人のバッテリーコーチだった山倉和博が試合に負けホージーにも打たれるなど散々な試合だったため「勝負も大事だけど松井も大事」と発言した)。巨人のシーズン最終戦では、前年の山?武司と松井のタイトル争い同様、1本差で松井を上回っている選手がいるチームだっただけに、その行方が注目を浴びたが、野村克也の勝負するとのコメントにより敬遠はなかった。最終的に両者最終戦でHRは出ず、ホージーが松井と1本差の38本で本塁打王となる。しかし、シーズン終盤まで3割を優に超えていた成績は、9月以降.207、4HRに終わり、日本シリーズや翌年の不振を窺わせる内容になっていた。ドゥエイン・ホージー フレッシュアイペディアより)

  • 川崎憲次郎

    川崎憲次郎から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1988年度年ドラフト会議にて読売ジャイアンツとヤクルトスワローズが1位指名で競合し、抽選の結果ヤクルトが交渉権を獲得。後に契約金6000万円、年俸480万円(金額は推定)で合意。川崎憲次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高田知季

    高田知季から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    ''(1年目)、春季キャンプはA組でスタートしたが、2月2日のシートノック中に嘔吐してリタイア1号となってしまい、宮崎市内の病院で風邪による胃腸炎と診断された。復帰すると紅白戦で5打数3安打の猛打賞とA組に残した首脳陣の期待に応えた。開幕一軍入りは逃したが、5月2日に体調不良の柳田悠岐に代わり、ウエスタン・リーグ22試合で打率.343の成績を残していたことから初めて一軍選手登録された。5月3日の対埼玉西武ライオンズ戦の延長11回同点の場面でウィリー・モー・ペーニャの代走としてプロ入り初出場し、長谷川勇也の左前打で好走塁を見せて二塁から一気に生還し、クロスプレーを制してチームのサヨナラ勝利に貢献した。しかし翌日5月4日の試合前の練習中に右足首を捻挫し、同日出場選手登録を抹消された。懲罰降格された松中信彦に代わって6月15日に再昇格し、6月16日の対セ・パ交流戦、対読売ジャイアンツ戦で守備固めとして二塁手で起用されプロ初の守備についた。出場機会が無く1試合のみで6月26日に二軍へ降格し、7月も昇格したが出番無く抹消された。7月18日に秋田こまちスタジアムで行われたフレッシュオールスターゲームに2番遊撃手としてフル出場したが4打数無安打に終わった。8月4日に再昇格し、正二塁手・本多雄一が故障離脱していた事から同日の対西武戦で8番二塁手としてプロ初の先発出場を果たしたが、微妙な判定などもあり3打数無安打に終わった。8月6日の対千葉ロッテマリーンズ戦で5回第2打席で大谷智久から左中間に二塁打を放ち、これがプロ初安打となった。8月11日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦でショートゴロで出塁し、ブランドン・ダックワース?嶋基宏バッテリーからプロ初盗塁を記録した。本多の一軍復帰により8月12日に二軍へ降格した。9月26日に再昇格したが代走2試合で9月30日に抹消されそのままシーズンを終えた。1年目の先発出場は8試合だった。二軍では78試合に出場し、打率.299、出塁率.372で終えた。高田知季 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡智秋

    定岡智秋から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    定岡3兄弟の長男で、弟に定岡正二(元巨人、投手)、定岡徹久(元広島・日本ハム、外野手)がいる。二男は定岡卓摩。定岡智秋 フレッシュアイペディアより)

  • 池谷公二郎

    池谷公二郎から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    静岡商業高校時代、1968年の1年時は、同学年の新浦壽夫(池谷より1歳年上だが、同校の定時制から全日制へ編入)の存在もあり控え投手にとどまる。新浦が1年で中途退学し読売ジャイアンツに入団したため、2年時にはエースとして期待されたが伸び悩む。1年先輩である松島英雄(のち大洋ホエールズ)の控えとして、夏の甲子園に出場。準々決勝に進出するが、この大会に優勝した松山商に敗退、自身の登板はなかった。3年生でエースとなり、春季中部大会では決勝で中京高の樋江井忠臣(三協精機)に投げ勝ち優勝を飾る。県内ではほぼ負け知らずであったが、夏の県予選では2回戦で番狂わせの敗退、甲子園には出場できなかった。高校同期に捕手の勝亦治がいた。池谷公二郎 フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1番右翼手で開幕先発出場したが、この年は故障で80試合の出場に留まった。しかし、初の2桁本塁打(10本)を記録し、読売ジャイアンツ(以下、「巨人」)終身名誉監督でもあるアテネ五輪野球日本代表監督長嶋茂雄に「これほど上半身を上手く使う打者は見たことがない」と評された。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    は浅井良や野口寿浩を押しのけて初の開幕一軍を勝ち取り、4月20日の対読売ジャイアンツ戦で延長12回に代打出場し、プロ初安打・初打点となるサヨナラ安打を豊田清から放った。西武では抑えとしてリーグ優勝と日本一に貢献した実績のある豊田から1軍での出番をほとんど得られなかった選手の一打だったこともあり、翌日のスポーツ新聞では大きく取り上げられた。翌日にはスタメン出場し、プロ初本塁打を記録。同年の阪神は右打者の不振が深刻で、本塁打は開幕から10試合目に投手のライアン・ボーグルソンから出たものが最初で、右打ちの野手が放ったものとしては19試合目の狩野のこの本塁打が初だった。こうしたチーム事情に加え、狩野自身も初安打の後1か月近く打撃好調でしばらくは代打の切り札的な存在になり、打撃不振だった正捕手の矢野に代わってスタメン出場も多かった。その後は相手の研究もあってジリジリと打率を下げたが、主に代打や代走要員としてほぼシーズン通して一軍に帯同した。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 関根大気

    関根大気から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    は春季キャンプ前の新人合同自主トレーニングで動きの良さを首脳陣に評価されたことから、同期の高卒新人選手からただ1人、春季キャンプの一軍メンバーに抜擢された。DeNAで高卒の新人選手が春季キャンプの最初から一軍メンバーに入ったのは、横浜ベイスターズ時代の2000年に、当時の一軍監督・権藤博の方針で(高卒を含む)新人8選手を全員一軍のキャンプへ参加させて以来14年振りである。春季キャンプ中には、2月19日に実施された韓国プロ野球・起亜タイガースとの練習試合で、9回裏1死満塁から「対外試合初安打・初打点」となるサヨナラ安打を放った。なお、キャンプ後には一軍のオープン戦にも帯同。東邦高校卒業式の翌日(3月2日)に地元のナゴヤドームで開かれた中日ドラゴンズ戦には、家族が見守る前で、「1番・中堅手」としてスタメン出場を果たした。しかし、4打数1安打3三振に終わったことから、試合後に二軍での調整を命じられた。レギュラーシーズンでは、イースタン・リーグ公式戦101試合に出場。打率.271、99安打、6本塁打という好成績を残した。10月4日には、東京ドームの対読売ジャイアンツ戦に、「1番・右翼手」としてスタメン起用され一軍デビュー。1回表の第1打席で小山雄輝から一軍初安打を放ったことを皮切りに、2安打を記録した。オフの11月25日には、推定年俸600万円(50万円増)で契約を更改。12月には、自身と同じ左打ちの外野手であるメジャーリーガーの青木宣親と共に、東京都内で自主トレーニングに励んだ。関根大気 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    黒い霧事件の余波を受けての戦力低下、観客動員数の激減などで、西鉄は1972年オフに球団経営を放棄。その後、太平洋クラブライオンズ〜クラウンライターライオンズとチーム名が変わるなど、常に不安定な経営状況に晒された。東尾は低迷時代をエースとして支えた。には23勝15敗で最多勝。オフには巨人から東尾獲得の申し出があったが、球団が「東尾の放出は球団の死を意味し、それは我々が経営の当事者である限りありえない」との声明を発表した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    国分寺五中在学時のに、関東代表として台湾に遠征した経験を持つ。中学卒業後、山梨県の日本大学明誠高校に進学(同高の同級生には元バスケットボール選手の小野壮二郎がいた)。春季関東大会に出場するが、1回戦で宇都宮商に敗れる。同年の山梨大会ではエース、四番打者として決勝に進むが、久慈照嘉らのいた東海大甲府に敗れ、準優勝。右の本格派として注目を集め、1986年度プロ野球ドラフト会議にて読売ジャイアンツから1位指名を受けた。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

5953件中 101 - 110件表示

「読売ジャイアンツ」のニューストピックワード