4796件中 11 - 20件表示
  • 訃報 2010年

    訃報 2010年から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1月15日 - 武宮敏明、日本の元プロ野球選手、読売ジャイアンツ元二軍監督(* 1921年)訃報 2010年 フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞

    読売新聞から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1934年12月26日 大日本東京野球倶楽部(現:読売ジャイアンツ)創設。部数拡大に大きく貢献する。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    第1戦、野村監督は公式戦で打順が一度も4番で先発出場したことのない巨人の松井秀喜を全セの4番で起用した。当時、松井は20歳1ヶ月で両軍通じて史上最年少であった。試合を終始リードしたのはこの年、パ・リーグ優勝争いの台風の目として快進撃を続けていたダイエーの打撃陣で4安打の秋山幸二を筆頭に松永浩美・吉永幸一郎が3安打、ブライアン・トラックスラーが2安打と続き、計8点を挙げた全パがまず1勝をもぎ取った。続く第2戦は若い選手に負けまいと39歳の大ベテラン佐藤義則が全パの先発として3回1失点に抑える活躍を見せた。1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1月9日 - 横浜がFAで巨人に移籍した門倉健投手の人的補償として、工藤公康投手を獲得。この日両球団から発表された。工藤はFAにより2度の移籍を行っており、3度目の移籍はFAの人的補償によるものとなった。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 法政大学野球部

    法政大学野球部から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    倉信雄 - 捕手、第一神港商業校出身 / 法大初のリーグ優勝に貢献。巨人の前身、大日本東京野球倶楽部結成に参加。法政大学野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 吉本興業

    吉本興業から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    また戦前は、巨人軍を他社と共同で設立して草創期のプロ野球界を支え、戦後は日本プロレス協会を立ち上げて力道山をスターにし、近年はスポーツ選手のマネジメントを数多く手がけるなど、スポーツ界とのつながりも深い。元々は全国で寄席・劇場・映画館経営を手がける興行会社であり、戦前は松竹・東宝・吉本で三大興行資本と称された。東京の二大落語家団体の一つ、落語芸術協会の創設者でもある。現在は芸能プロダクションを中心とし、テレビ番組制作会社、CS放送やケーブル・テレビ向けのテレビ局、不動産事業などを傘下に抱える業界最大手の複合企業である。「お笑いの総合商社」「日本最大の芸能プロ」と言われ、芸能界における絶対的な権威から今や「吉本なしでは、番組が作れない」とまで言われる。吉本興業 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    オリックスが、前巨人・ジェレミー・パウエル投手を獲得を発表。同投手は3年ぶりの古巣復帰となる(1月29日のできごと参照)。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ドラフト会議

    プロ野球ドラフト会議から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    ドラフト会議をはじめ、日本選手権シリーズやオールスターゲームなどの日本野球機構が主催する公式な行事では、球団名から愛称を除いた部分をその球団の略称として使用している。本項でもこれに準ずるが、非公式な場に限っては、「広島東洋カープ」や「読売ジャイアンツ」について、現在の球団名に則した「広島東洋」「読売」(一時期"讀賣(旧字体)")という略称が使われることは少なく、「広島カープ」「東京巨人軍」を球団名としていた頃からの慣習のために「広島」「巨人」と呼ばれることが多いため、注意が必要である。ただし、一時期「東京ヤクルトスワローズ」や「東北楽天ゴールデンイーグルス」は「ヤクルト」「楽天」の一般的な略称が用いられていたことがあった(現在はどちらも「東京ヤクルト」「東北楽天」を用いている)。プロ野球ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    リーグ拡大の機運にも乗って加盟を申請したが、毎日新聞のライバル会社であった読売新聞社(読売ジャイアンツの親会社)・中部日本新聞社(中日ドラゴンズの親会社)が強く反発。交渉は平行線を辿り、毎日オリオンズと電鉄系を中心とした毎日オリオンズ加盟賛成派の阪急ブレーブス・南海ホークス・東急フライヤーズ・大映スターズ・西鉄クリッパース・近鉄パールスの7球団からなる太平洋野球連盟(パシフィック・リーグ)と毎日オリオンズ加盟反対派の読売ジャイアンツ・大阪タイガース・中日ドラゴンズ・松竹ロビンス・大洋ホエールズ・広島カープ・西日本パイレーツ・国鉄スワローズの8球団からなるセントラル野球連盟(セントラル・リーグ)が結成される「2リーグ分立騒動」に発展した(詳細はプロ野球再編問題 (1949年)を参照)。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    現役時代は福岡ソフトバンクホークス(福岡ダイエーホークス)と読売ジャイアンツに所属しており、両球団で主将を務めた。2005年から2009年まで社団法人日本プロ野球選手会の第10代理事長を務めていた。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

4796件中 11 - 20件表示

「読売ジャイアンツ」のニューストピックワード