5953件中 21 - 30件表示
  • カワスポ

    カワスポから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    阪神がシーズン2位で3年振りにクライマックス・シリーズ(CS)へ進出したことから、最終戦の終了直後からはソエジマへの条件付き企画として「CSもおっかけタイガース!」を実施。シーズン1位の読売ジャイアンツ(巨人)と3位の広島東洋カープ(鯉)もセントラル・リーグのCS(クライマックス・セ)に残ったことにちなんで、釣り初心者のソエジマが広島とのCSファーストステージ第1戦(甲子園)までの3日間で旧淀川の釣りポイントで体長60cm以上の巨鯉を釣り上げられれば、その時点から球場でのCS観戦権を得られる趣向になっていた。これに対してソエジマは、番組で手配したプロ釣り師からのサポートもあって、2日目に体長75cmの鯉を釣り上げることに成功。その結果、CSファーストステージの2連戦を甲子園球場の1塁側アルプススタンドで観戦できた。実際には阪神が2連敗で敗退したため、ソエジマにギャラは支給されず、10月18日放送分で完結した。カワスポ フレッシュアイペディアより)

  • GTVプロ野球スタジアム

    GTVプロ野球スタジアムから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    本項では、2008年まで読売ジャイアンツの東京ドーム主催試合をトップ中継していた「ダッシュ60 ジャイアンツナイター」についても述べる。GTVプロ野球スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1月15日 - 武宮敏明(読売ジャイアンツ元捕手・寮長、*1921年)2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年代の日本

    1960年代の日本から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    プロ野球で読売ジャイアンツの王貞治が年間本塁打数55本のプロ野球史上最多記録(当時)を達成。1960年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山和洋

    畠山和洋から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    8月にアレックス・ラミレスと入れ代わって一軍に初昇格し、8月6日の対横浜ベイスターズ戦で初出場、10月7日の対読売ジャイアンツ戦で、高橋尚成からプロ初安打を放った。8月19日に古田敦也と入れ代わって昇格し、その日の阪神タイガース戦(明治神宮野球場)で代打出場すると、藤田太陽からプロ初本塁打を放った。は二軍で過ごす時期が長く、二軍では打率.313・7本塁打・101安打で最多安打を獲得し、外野手としても45試合に出場。畠山和洋 フレッシュアイペディアより)

  • 野球ユニフォーム

    野球ユニフォームから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    また、練習用ユニフォーム(オルタネート)など公式戦では使用しないユニフォームを用意しているチームもある。シアトル・マリナーズなど一部のチームではホーム用ユニフォームを数種類用意し、試合ごとに選手の希望(大抵はその日の先発投手が選び、スターティングメンバー達もそれに従って着る)で好きなデザインを選んで試合することもある。あるいは、特定の曜日のみ、特定の期間限定として着用するユニフォームを用意しているチームもある(例: 千葉ロッテマリーンズや読売ジャイアンツの日曜日限定ユニフォーム、横浜DeNAベイスターズの夏季限定ユニフォームなど)。野球ユニフォーム フレッシュアイペディアより)

  • 日本野球連盟 (プロ野球)

    日本野球連盟 (プロ野球)から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1936年2月5日、日本3番目のプロ野球球団として活動していた東京巨人軍、前年暮れに発足した大阪タイガースの2球団を始め、名古屋軍、東京セネタース、阪急軍、大東京軍、名古屋金鯱軍の7球団で日本職業野球連盟(にほんしょくぎょうやきゅうれんめい)が設立され、4月に第1回のリーグ戦が開催された(但し、東京巨人軍はアメリカ合衆国遠征中のため参加できず。)。日本の団体競技で全国規模の社会人リーグ戦はこれが初めてだった。同年7月には東京巨人軍も参加しての連盟結成記念のトーナメント戦。9月-12月の秋季大会で初めて優勝チーム決定戦までを行った。日本野球連盟 (プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • THE・サンデー

    THE・サンデーから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1996年に放送時間を30分拡大するとともにスタッフを一新してからは、ワイドショー的な演出手法を取り入れ、芸能コーナーも設置。また、熱狂的なプロ野球・読売ジャイアンツファンとしても知られる徳光と、元巨人で日テレ野球解説者の江川卓との「激論バトル」がスポーツコーナーの大半を占めるようになった(一時期、この2人に加えてこちらも巨人OBの元木大介を入れた3人でバトルを繰り広げたこともあった。なお、元木は日本テレビやラジオ日本の野球解説者ではなく、TBSラジオの野球解説者である)。THE・サンデー フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ドラフト会議

    プロ野球ドラフト会議から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1968年のドラフトでは山本浩司(広島1位)、田淵幸一(阪神1位)、有藤通世(東京1位)、野村収(大洋1位)、星野仙一(中日1位)、山田久志(阪急1位)、東尾修(西鉄1位)、大橋穣(東映1位)、加藤秀司(阪急2位)、大島康徳(中日3位)、金田留広(東映4位)、福本豊(阪急7位)、島谷金二(中日9位)、門田博光(阪急12位・入団せず)、藤原満(南海4位)、稲葉光雄(広島6位・入団せず)、長崎慶一(阪神8位・入団せず)、水谷則博(中日2位)など、1970年代から1980年代のプロ野球を代表する選手が数多く指名された。阪急が指名した15名のうち、3名(加藤、福本、門田)が2000本安打を達成し、1名(山田)が200勝を達成している。巨人はこの時、田淵が他球団に指名されてしまった場合には星野を1位で指名すると公言していたが、実際には星野ではなく島野修を指名し、それを聞いた星野が「ホシとシマの間違いじゃないのか」と発言したことも有名である。島野はこの後、選手としては大成出来なかったが、阪急に移籍・引退後日本のプロスポーツにおけるチームマスコットのスーツアクターの先駆者となる。100メートルの日本記録を更新し、1964年東京オリンピックと1968年メキシコシティーオリンピックに出場した陸上選手飯島秀雄が東京の9位で指名されたことでも話題を呼んだ。プロ野球ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    は春季キャンプが終了したのち、2軍でのスタートとなる。広島東洋カープ由宇練習場での練習試合に中継ぎ投手として登板するも、1イニング10失点を喫する。当時の2軍監督である安仁屋宗八は打たれ続けても交代させずに3アウトを取るまで投げさせた。4月25日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)にて初登板・初先発・初勝利・初完投の快挙を達成。その後も同じく新人の澤崎俊和と共に先発ローテーションに入り、勝ち星こそ伸びず負けが先行したが規定投球回をクリアした。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

5953件中 21 - 30件表示

「読売ジャイアンツ」のニューストピックワード