5953件中 31 - 40件表示
  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    、手薄な先発左腕を担うことを期待され、2年ぶりの一軍キャンプスタートとなった。キャンプでは前年のプレ日本代表時に目をかけていた星野仙一からも「後は精神面」だけ、と激励を受けている。期待に応えて先発ローテーション入りし、初の開幕一軍を勝ち取った。4月4日の中日戦で7回1失点8奪三振の好投でプロ初勝利を挙げた。5月3日巨人戦で9回1死まで無安打に抑える好投をしたが、亀井義行に二塁打を打たれ、快挙達成はならなかった。8月末に検査を受け左ひじ内側側副靱帯損傷と診断、しばらく投球を禁止し静養、患部の回復経過を見て手術は回避となった。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 槙原寛己

    槙原寛己から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    斎藤雅樹、桑田真澄とともに1990年代の読売ジャイアンツを支えた先発3本柱の一人。愛称は「マッキー」「マキさん」「ミスター・パーフェクト」など。所属事務所はノースプロダクション→オールラウンド。槙原寛己 フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬仁紀

    岩瀬仁紀から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1月20日の契約更改交渉で7500万円増の推定年俸3億500万円で更改。中日に在籍した日本人選手としては、の落合博満を抜く球団史上最高年俸となった。4月4日の対横浜ベイスターズ戦で、9回裏に多村仁に同点2点本塁打を打たれ救援に失敗した。2004年9月25日に村田修一に打たれて以来許していなかった本塁打を打たれ、被本塁打0の記録は対戦打者265人目にして途絶えた。7月30日、プロ入り通算100セーブを達成。10月8日、NPB史上初の2年連続40セーブを達成。2年ぶりのリーグ優勝を決めた10月10日の対読売ジャイアンツ戦の11回裏、3対3の場面で登板し、2回を無失点に抑えて胴上げ投手となった。岩瀬仁紀 フレッシュアイペディアより)

  • アストロ球団

    アストロ球団から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    本作品は、沢村栄治の遺志を受け継いだ1954年(昭和29年)9月9日生まれの九人の超人たちが、打倒読売巨人軍、打倒アメリカ大リーグの目標を掲げ、一試合完全燃焼を信条に世界最強の野球チームの結成を目指して戦う物語である。『南総里見八犬伝』を下敷きにしており、結集するアストロ超人たちには八犬士の牡丹のアザと同じようにボール型のアザがある。アストロ球団 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村禎章

    吉村禎章から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    現在は読売ジャイアンツ一軍打撃総合コーチ。吉村禎章 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野誠

    吉野誠から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    翌2003年4月13日の読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)でプロ初勝利を挙げた。これ以降安藤優也、ジェフ・ウィリアムスとともに中継ぎでフル回転し、チーム最多の56試合に登板し、チームを18年ぶりのリーグ優勝に貢献した。この年の福岡ダイエーホークスとの日本シリーズでは7試合中6試合に登板。全ての試合で無失点に抑える活躍を見せ、第3戦では勝利投手になった。日本シリーズでの好投を見て、監督の星野仙一はインタビューで「何より吉野が素晴らしい!」と絶賛。吉野誠 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立野球場

    秋田県立野球場から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    また2006年7月8日・9日には東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガース2連戦が行われ、タイガースが実に53年ぶりに秋田で公式戦を行った他、同年9月12日には読売ジャイアンツ(巨人)対中日ドラゴンズ21回戦が行われた。巨人が秋田県内で公式戦を行ったのは1951年8月3日に秋田県営手形野球場(現在の秋田大学野球場)で大洋ホエールズを相手に試合を行って以来、55年ぶりであった。しかし試合は10?2で中日が圧勝し、巨人は55年ぶりの秋田でのホームゲームは黒星に終わった。秋田県立野球場 フレッシュアイペディアより)

  • サヨナラゲーム

    サヨナラゲームから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    巨人に移籍しての5月29日、読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ戦において12対11で巨人リードの9回裏、無死一塁の場面で巨人はリリーフに川崎徳次を送るが、その初球を中日の杉山悟が2ラン本塁打を放ち、サヨナラ勝ち。川崎はこの試合の敗戦投手となり、日本プロ野球史上初となる「1球で敗戦」を記録している。サヨナラゲーム フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    他には、元南海の広瀬叔功(遊撃手→中堅手)、元阪神の真弓明信(遊撃手→二塁手→外野手)、元ロッテの西村徳文(二塁手→三塁手→外野手)、サブロー(遊撃手→外野手)、元横浜の波留敏夫(遊撃手→外野手)、金城龍彦、(三塁手→外野手)、元巨人の鈴木尚広(遊撃手→二塁手→外野手)、元ヤクルトの福地寿樹(二塁手→外野手)、元日本ハムの赤田将吾(二塁手→外野手)、元楽天の森山周(遊撃手・二塁手→外野手)、元オリックスの鉄平(遊撃手→外野手)など。現役選手では、DeNAの梶谷隆幸(遊撃手→外野手)、桑原将志(二塁手→外野手)、日本ハムの西川遥輝(二塁手→外野手)、大田泰示(三塁手・一塁手→外野手)、ソフトバンクの吉村裕基(三塁手→一塁手→外野手)、福田秀平(遊撃手→外野手)、巨人の堂上剛裕(一塁手→外野手)、立岡宗一郎(三塁手→外野手)、陽岱鋼(遊撃手・三塁手→外野手)、広島の鈴木誠也(遊撃手→外野手)などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 則本昂大

    則本昂大から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    ''、新人選手で唯一、一軍キャンプのメンバーに参加。オープン戦で防御率1.44と好投を続けたことや、開幕直前の第3回WBCに出場した田中将大の疲労を首脳陣が考慮したことなどから、3月29日の福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦でプロ入り初登板・初先発。新人の開幕投手は、の高野光(ヤクルトスワローズ)以来29年振り、パシフィック・リーグではの杉浦忠(南海ホークス)以来55年振りであった。試合では6回1/3を投げて、4失点で敗戦投手になっている。新人の開幕投手で敗戦を喫したのは、の成田啓二(国鉄スワローズ)、の城之内邦雄(読売ジャイアンツ)以来51年ぶり史上3人目で、パ・リーグでは初。2度目の先発となった4月5日の千葉ロッテマリーンズ戦(Kスタ宮城)では6回2失点に抑え、パ・リーグの新人では1番乗りとなるプロ初勝利を挙げた。4月27日の埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)では7回1失点で2勝目、この試合は球団通算500勝目となった。7月5日のソフトバンク戦(福岡ヤフオク!ドーム)では1回4失点で降板し敗戦投手となるが、翌6日の同戦で1点ビハインドの3回から中継ぎ登板で3回1/3を無失点で抑えて救援勝利を挙げた。8月29日のオリックス・バファローズ戦(ほっともっとフィールド神戸)では新人勝利の球団新記録の12勝目を挙げ、シーズン最終登板となった同年10月12日のオリックス戦(Kスタ宮城)では、パ・リーグの新人では1999年の松坂大輔以来となる15勝目を挙げた。ロッテとのクライマックスシリーズファイナルステージ(Kスタ宮城)では第2戦で先発し、9回を1失点11奪三振に抑えるものの、試合は延長戦で敗れている。則本昂大 フレッシュアイペディアより)

5953件中 31 - 40件表示

「読売ジャイアンツ」のニューストピックワード