5953件中 41 - 50件表示
  • 平成

    平成から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    プロ野球では、ヤクルトスワローズの黄金時代であった。またFA制度の発生による西武ライオンズの主力選手の離脱で西武の黄金時代に終止符が打たれ、読売ジャイアンツによるプロ野球主力選手の引き抜きが続いた。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤公康

    工藤公康から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    現役時代は14度の優勝、11度の日本一を経験。西武、ダイエー、巨人の3球団で日本シリーズを制覇し、優勝請負人と呼ばれた。日本シリーズ通算最多奪三振記録を保持する。工藤公康 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球トップ&リレー中継

    プロ野球トップ&リレー中継から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    この企画は日本テレビが、1970年代後半ごろからスタートしたもので、日テレの夜のナイター(ナイトゲーム)全国中継(1970年代は19:30?20:54、80年代に入り19:00スタートに)の前後に、関東地方の独立UHF放送のテレビ神奈川、千葉テレビ放送、群馬テレビに向けて読売ジャイアンツ(巨人)の後楽園球場での主催ホームゲームを放送した(なお、同じ首都圏の独立U局であるテレビ埼玉は開局初年度の1979年に西武戦がない際にネットされたのみだった。これは同局が前述3局よりも後発であることや、同局が西武ライオンズと親密であるが故、開局直前に起こった江川事件における西武・巨人両球団の親会社間における確執も関係したと思われる)。また、これとは別に静岡第一テレビ(SDT)と広島テレビ(HTV)で日テレからの裏送りとして「プレイボールナイター」が巨人戦主催試合18時開始になった1980年代初めごろ行われていた(広島テレビは対広島東洋カープ戦のみネット。他に広島主催試合を巨人戦以外も含めて自社制作。広島主催の対巨人戦をHTVからSDTと関東圏独立局にネットした年度もあり)。プロ野球トップ&リレー中継 フレッシュアイペディアより)

  • 江尻慎太郎

    江尻慎太郎から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    オープン戦から好調で、3月30日に一軍に昇格し、同日の西武との開幕第5戦から先発ローテーション入りを果たした。4月6日のいわきグリーンスタジアムでの東北楽天ゴールデンイーグルス戦での先発では、7回1失点の好投でシーズン初勝利を上げた。4月25日の対福岡ソフトバンクホークス戦で自己最多の3本塁打を被弾し3回途中でKOされた。5月14日に本拠地・札幌ドームで行われた対横浜ベイスターズ戦で打者29人を無失点に抑え、交流戦初勝利をプロ初完封勝利で挙げた。この試合を境に調子を崩し、5月21日の対読売ジャイアンツ戦で先発したが制球が定まらず、特に小久保裕紀には初回に二塁打、3回に二塁打、4回には左中間看板を直撃する145メートルソロ本塁打を打たれ、4回途中7失点でKOされた。打った瞬間に本塁打と判り、怒りのあまり打球の行方を見ることなくその場にグラブを叩きつけ話題となった。この頃、中継ぎへの転向をトレイ・ヒルマンに訴えたこともあった。6月1日の対巨人戦では6回1点リードというプロ初のホールド機会で登板し、6回を無失点に抑えたが、7回に連続安打から斉藤宜之の犠打を自身がエラーして無死満塁とし、仁志敏久の併殺打で同点に追いつかれて救援失敗した。その後は再び先発に戻り6試合に先発し2勝1敗と勝ち越したが1試合も6回まで持つことがなく、7月15日の試合で5回途中7失点KOにより防御率も5.79と悪化したため7月16日に二軍へ降格し、そのままシーズンを終えた。江尻慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本選手権シリーズ

    日本選手権シリーズから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    は両リーグの出場チームが、本拠地がともに後楽園球場である読売ジャイアンツと日本ハムファイターズだったため、全6戦が同球場で開催された(後楽園シリーズ)。日本選手権シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 野球

    野球から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    戦前から1950年代前半まではプロ野球よりも東京六大学野球などに代表される学生野球の人気の方が高かった。1950年代後半に読売ジャイアンツの長嶋茂雄や王貞治といったプロ野球選手が国民的な人気を得ると、プロ野球が六大学野球に代わり、1990年代前半までの野球人気を担った。1995年に近鉄バファローズ(当時)のエース投手だった野茂英雄がロサンゼルス・ドジャースへ移籍してある一定の成功を収めると、これに端を発して次々と日本国内の人気プロ野球選手達がMLBへと移籍し、本格的な日本人選手のメジャーリーグ挑戦が始まった。それに伴い、主にNHKの衛星放送などで盛んに日本人選手の出場するMLBの試合が放送され始めた。またワールドベースボールクラシックにおいて日本が第一回大会から2連覇し、各試合で高視聴率を記録した。野球 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    同年オフ、FA権を獲得した。読売ジャイアンツ・福岡ダイエーホークスを筆頭に、多くの球団が「宣言すれば獲得に乗り出す」意思を表明した。長嶋茂雄も「一番欲しい選手」と熱烈なラブコールを送り、巨人入りが既定路線のように報道されたが、1996年に結婚した中條かな子が広島出身で、彼女の希望もあって残留した。残留に際し、「広島という土地柄にもファンにも愛着があるし、熱いものを感じる」と語った。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1950年シーズン開幕後に「大洋ホエールズ(たいようホエールズ)」に球団名を改称(3月に会社名を株式会社大洋球団に変更)し、読売ジャイアンツからベテランの中島治康と平山菊二、大陽ロビンスから藤井勇と林直明を譲り受け、宇高勲のスカウト活動により、東急フライヤーズから大沢清や長持栄吉、片山博らを、阪急ブレーブスからは宮崎剛や今西錬太郎らを補強してスタートしたものの、投手力の弱さはいかんともしがたく、リーグ参戦1年目は5位に終わり、1951年は6位、1952年は4位と伸び悩んだ。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • ハンファ・イーグルス

    ハンファ・イーグルスから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1999年の韓国シリーズ制覇は、李煕洙監督の能力によるものというよりはすべてがよい方向に進んだ結果というのが大方の見方だった。結局、優勝の動力だった先発3本柱の方は、鄭珉哲は1999年シーズンオフに日本の読売ジャイアンツへ移籍、李相睦は故障でリタイアして、宋津宇一人だけ先発ローテーションを守るなか、外国人のデービスとローマイヤーも怠慢な態度を見せ始め、前年優勝した勢いは完全に消滅。チームは7位に逆戻り、結局、もともと多くを期待されなかった李煕洙監督は2000年限りで退団した。ハンファ・イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    阪神タイガース(はんしんタイガース、)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。日本に現存する12球団の中で読売ジャイアンツに次いで2番目に歴史が長いプロ野球球団である。運営法人は株式会社阪神タイガース。親会社は阪神電気鉄道(阪急阪神ホールディングス傘下)。兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場が本拠地。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

5953件中 41 - 50件表示

「読売ジャイアンツ」のニューストピックワード