5953件中 51 - 60件表示
  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    5月に最下位になるとそのまま浮上できずにシーズンを終える。チーム39勝は、最多勝の南海の杉浦忠の38勝より1勝多いだけであった。前年と合わせ8人の選手が読売ジャイアンツから移籍するなど、チームの大幅な入れ替えを図る。なおシーズン途中の6月20日に千葉茂が途中休養、代行監督に林義一が就任するが、オフに千葉が監督復帰する。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 大阪ドーム

    大阪ドームから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    大阪市がパシフィック・リーグの大阪近鉄バファローズを誘致し、その本拠地(専用球場)として大阪市主体の第三セクター・大阪シティドーム(現・一般社団法人ドームの会)によって建設された多目的ドームである。後に近鉄を事実上吸収合併したオリックス・バファローズもこちらを本拠地として使用している。他にもセントラル・リーグの阪神タイガースや読売ジャイアンツが主催試合を行っており、2014年には福岡ソフトバンクホークスが初めて主催試合を開催した。大阪ドーム フレッシュアイペディアより)

  • ラジオ日本ジャイアンツナイター

    ラジオ日本ジャイアンツナイターから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    『ラジオ日本ジャイアンツナイター』(ラジオにっぽんジャイアンツナイター、Radio Nippon Giants Nighter)は、アール・エフ・ラジオ日本(RFラジオ日本)が放送しているプロ野球ナイトゲーム中継番組である。文字通り、読売ジャイアンツ(巨人)の試合を専門としている。ラジオ日本ジャイアンツナイター フレッシュアイペディアより)

  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    9月28日、中国新聞紙上に初めて「広島カープ (Hiroshima Carp)」という五文字が一般にお目見得した。「チーム名は"鯉" 広島プロ球団誕生か」という見出しで、「チーム名はカープ(鯉)と決定した」と書かれた。翌9月29日の同紙に「広島市にフランチャイズをおく広島野球クラブ・カープ(鯉)の創設は急速に進み、9月28日午後、谷川昇、築藤鞆一(中国新聞社代表取締役)、伊藤信之(広島電鉄専務)の3氏連名をもって正式に日本野球連盟に届け出が行われた」と書かれた。11月28日に谷川は巨人軍代表と会見し、正式にセ・リーグ参加承認の通知を受けた。河口が早稲田大学出身のため、早大OBの伊達正男に監督を依頼するつもりでいたが、中国新聞の記事を読んだ大陽ロビンスの監督・石本秀一が「郷里の球団で是非とも最後の花を咲かせたい」と河口に売り込みに訪れ、郷土チームにうってつけの監督と、一も二もなく12月3日、初代カープ監督に石本の就任が決定した。この時、石本は「私が大陽の二軍選手をそっくり連れて行く。チーム作りに心配はかけません」と言うので、チーム作りは石本に一任した。石本の監督就任ニュースは大きな反響を呼んだ。設立資金は、広島県と広島市、福山市など県内の各市で出すことにした。本拠地は広島総合球場とした。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市民球場

    北九州市民球場から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    福岡ソフトバンクホークスの準本拠地。横浜DeNAベイスターズや読売ジャイアンツの二軍なども定期的に公式戦を開催している。施設は北九州市が所有し、北九州野球株式会社が指定管理者として運営管理を行っている。北九州市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 虎バン

    虎バンから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    8月2日には、ABCテレビの制作で、『スーパーベースボール』として同球場の阪神タイガース対読売ジャイアンツ戦を全国ネットで生中継(19:00-20:54)。当番組の企画の一環として、堀が始球式に登場した(当日のABCラジオ『ABCフレッシュアップベースボール』内実況中継と、8月9日の当番組友理子の日記内で放送)。虎バン フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    2002年はリーグ2位となる15勝を挙げてリーグ優勝に貢献。3度目のゴールデングラブ賞を受賞した。読売ジャイアンツとの日本シリーズでは第4戦に先発し、5回を2安打2失点に抑えるも6回に松坂が勝ち越され、そのまま敗れ日本一を逃した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 田淵幸一

    田淵幸一から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    法政大学経済学部に進学し、、1年生の春から東京六大学野球リーグに出場。同年にはマニラで開催された第6回アジア野球選手権大会野球日本代表(東京六大学選抜チームが派遣された)に選出され、日本の優勝に貢献した。この時の正捕手は早大の大塚弥寿男だったが、2年後の同大会では中心打者として完全優勝を飾っている。山中正竹らとバッテリーを組み、在学中3度のリーグ優勝を経験。リーグ通算97試合出場、342打数94安打、打率.275、78打点。ベストナイン3回選出(4年の1968年秋季は早大阿野鉱二が選出され自身はベストナイン特別賞)。山本浩二・富田勝と共に「法政三羽烏」と呼ばれ、3年生の春にそれまでの本塁打リーグ通算記録(8本)を早々と更新、通算で22本塁打まで伸ばし、1997年に慶応大学・高橋由伸(現・巨人)に破られるまでリーグ記録だった(なお、高橋に新記録となる23本目の本塁打を打たれた投手が、田淵の母校・法政大学所属で後にプロでも田淵と同じ阪神に入団することになる安藤優也(現・阪神)であり、安藤は法政大学野球部の新年会で田淵に「お前、とんでもないことをしてくれたな」と言われ、以後安藤は田淵への謝罪を込めてお中元やお歳暮を贈っているという。)。田淵幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 尾形佳紀

    尾形佳紀から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    、7月27日の読売ジャイアンツ戦で初出場。翌7月28日に2番二塁手で初めて先発出場し、上原浩治からプロ初安打を放つ。この試合以降、8月までは3割を超える打率をキープ。8月にはほぼ全試合で1番・二塁手に定着し、遊撃手や中堅手でも起用され、1年目からユーティリティーぶりを発揮した。9月には不振に陥ったが、打率.250、4本塁打、4盗塁と1年目としては結果を残した。尾形佳紀 フレッシュアイペディアより)

  • 1936年の野球

    1936年の野球から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1月5日 - 東京巨人軍の二出川延明が名古屋金鯱軍に移籍、日本プロ野球初のトレードとされている。1936年の野球 フレッシュアイペディアより)

5953件中 51 - 60件表示

「読売ジャイアンツ」のニューストピックワード