4796件中 51 - 60件表示
  • 星野仙一

    星野仙一から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    高校卒業後は明治大学政治経済学部経済学科に進学。大学は東京なら早稲田、大阪なら村山実の母校の関西大学と決めていたが、当時の倉敷商の矢吹監督から「おれの母校の明大に行け」と命じられて明治大学に進学したという。1年生から一軍メンバーとして活躍し、東京六大学リーグで通算63試合登板23勝25敗、防御率1.91、199奪三振。2年生秋には立教大戦でノーヒットノーランを記録した。しかし、田淵幸一・山本浩司・富田勝の「法大三羽ガラス」率いる法政大学に阻まれ、一度もリーグ優勝には届かなかった。なお、大学の一年先輩には読売ジャイアンツで活躍した高田繁がいた。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 村田修一

    村田修一から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    村田 修一(むらた しゅういち、1980年12月28日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(内野手)。村田修一 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    阪神急行電鉄(現阪急電鉄。以下、阪急と記す)は1920年に日本最初のプロ野球球団とされる「日本運動協会」の経営を引き取り「宝塚運動協会」として運営した事があるが1929年7月に解散しており、後の阪急ブレーブスとの球団としての繋がりはない。しかし小林一三はいずれプロ野球時代が来ると予見していた。1935年に読売新聞社が大日本東京野球倶楽部などが結成したのを受けて、小林は当時アメリカに出張中だったが、出先のワシントンから電報で球団設立を指示し、設立が進められ1936年1月23日に「大阪阪急野球協会」が設立される。発足当時の球団で球場を自前で所有する事を計画したのは阪急だけである。小林一三が慶應義塾大学出身だった事もあり、宮武三郎、山下実、山下好一ら慶應のスター選手を入団させ、初代監督にも同OBの三宅大輔を招いた。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    阪神タイガース(はんしんタイガース、Hanshin Tigers)は、日本のプロ野球球団でセントラル・リーグの球団の一つ。日本に現存する12球団の中で読売ジャイアンツに次いで2番目に歴史が長いプロ野球球団である。運営法人は株式会社阪神タイガース。運営母体(親会社)は阪神電気鉄道(阪急阪神ホールディングス傘下)。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    プロ野球では、ヤクルトスワローズの黄金時代。またFA制度の発生による西武ライオンズの主力選手の離脱で西武の黄金時代に終止符が打たれ、読売ジャイアンツによるプロ野球主力選手の引き抜きが続く。平成 フレッシュアイペディアより)

  • それ行けカープ 〜若き鯉たち〜

    それ行けカープ 〜若き鯉たち〜から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    先述の『広島カープの歌』を改題し、歌詞の一部を改変。ちなみに原作詞者の池田は読売ジャイアンツ球団歌『巨人軍の歌 〜闘魂こめて〜』作詞者の椿三平と同一人物である。それ行けカープ 〜若き鯉たち〜 フレッシュアイペディアより)

  • 滝鼻卓雄

    滝鼻卓雄から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    滝鼻 卓雄(たきはな たくお、1939年8月14日 - )は、日本の新聞記者、実業家。株式会社読売新聞グループ本社相談役、株式会社読売巨人軍最高顧問、学校法人慶應義塾評議員。滝鼻卓雄 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    前年、2シーズンぶりの日本一達成した西武ライオンズの森祇晶監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、2年連続してセ・リーグを制した読売ジャイアンツの藤田元司監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率いた1991年のオールスターゲーム。1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    前年、日本一を達成した広島東洋カープの古葉竹識監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、パ・リーグを制した阪急ブレーブスの上田利治監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)の指揮を執ったオールスターゲーム。第1戦は投手戦になり、スコアボードに0が並んだ中、全セ2番高木豊(大洋)の放った長打が唯一の得点となり全セがまず1勝。続く第2戦は取っては取り返される展開となる中で先制点を挙げたウォーレン・クロマティ(巨人)が決勝打も打ちMVPに輝いた。最終第3戦は近鉄球団念願の藤井寺球場開催。前年、球宴本塁打記録に並んだ全セの山本浩二(広島)が新記録の14号本塁打を放った。1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1977年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    前年、連続日本一を達成した阪急ブレーブスの上田利治監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、セ・リーグ優勝を飾った読売ジャイアンツの長嶋茂雄監督が全セ(オールセントラル・リーグ)の監督として初登場。1977年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

4796件中 51 - 60件表示

「読売ジャイアンツ」のニューストピックワード