4796件中 71 - 80件表示
  • 尾形佳紀

    尾形佳紀から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    、7月27日の読売ジャイアンツ戦で初出場。翌7月28日に2番二塁手で初めて先発出場し、上原浩治からプロ初安打を放つ。この試合以降、8月までは3割を超える打率をキープ。8月にはほぼ全試合で1番・二塁手に定着し、遊撃手や中堅手でも起用され、1年目からユーティリティーぶりを発揮した。9月には不振に陥ったが、打率.250、4本塁打、4盗塁と1年目としては結果を残した。尾形佳紀 フレッシュアイペディアより)

  • 芳川庸

    芳川庸から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    芳川 庸(よしかわ ちから、1993年8月18日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(捕手、育成選手)。芳川庸 フレッシュアイペディアより)

  • 猪狩守

    猪狩守から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    パワプロシリーズで主人公のライバルとなる存在。ただしシリーズによっては、猪狩と同じあかつき大附属、または巨人/カイザースを選択でき、切磋琢磨の末最大の親友となる。猪狩コンツェルンの御曹司に生まれ、幼い頃から巨人、特に桑田真澄に憧れて背番号18を奪うことに燃える。猪狩守 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1972年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    前年、連続7回目の日本一に輝いた読売ジャイアンツ(巨人)の川上哲治監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、その巨人の前に日本シリーズ4連敗を喫したパ・リーグ王者阪急ブレーブスの西本幸雄監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率いた。1972年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 川井雄太

    川井雄太から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    のオフにウインターリーグへ参加したのをきっかけに成長を見せ、4月16日の対読売ジャイアンツ戦(ナゴヤドーム)でプロ初勝利を挙げた。ヒーローインタビューではプロ入り直前に死去した父親へウィニングボールを捧げると涙ながらに語った。しかしこれ以降は調子を落とし、この年はプロ初勝利となった1勝に終わった。川井雄太 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉パイレーツ

    千葉パイレーツから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    法経大学(法政大学と包茎のもじり)野球部のエースで、大学球界を沸かせた大物新人。本当は読売ジャイアンツに入団したかったがクラウン(今の埼玉西武ライオンズ)ドラフト指名された後、吾作と国家の陰謀によりパイレーツに入団する羽目になる。意外なところで度胸が無く、ここぞと言う場面で「なんでこんな球団に僕がいるの?」病がでることがあり、アマチュア時代のすごみは示せないでいる。酒癖が悪い。風貌はクラウンにドラフト指名された頃の江川卓、名前は江川と原辰徳を掛け合わせたもの。身長186cm・体重85kg。昭和30年8月10日生まれ。千葉パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1974年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    前年、貫禄の日本シリーズ9連覇を達成した読売ジャイアンツの川上哲治監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、選手兼任監督としてパ・リーグを制覇した南海ホークスの野村克也監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率いた。1974年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤江均

    藤江均から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    5月5日、救援失敗が続いていた守護神石井裕也と入れ替わりで初の一軍昇格。7日の読売ジャイアンツ戦でプロ初登板初先発。6回2/3を被安打6、奪三振4、自責点1と先発の役目を果たし、勝利投手の権利を持ったまま降板。しかし後続した山口俊が8回に逆転を許し、初登板初勝利はならなかった。奇しくも山口本人は「巨人戦初登板初先発初勝利」を達成している。なお、この試合では細山田武史との新人バッテリーで先発したが、これは横浜では10月16日に谷繁元信と石井忠徳が組んで以来であった。藤江均 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球トップ&リレー中継

    プロ野球トップ&リレー中継から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    この企画は日本テレビが、1970年代後半か80年代の初めごろからスタートしたもので、日テレの全国中継(1970年代は19:30?20:54、80年代に入り19:00スタートに)の前後に、関東地方の独立UHF放送のテレビ神奈川、千葉テレビ放送、群馬テレビに向けて読売ジャイアンツの後楽園球場での主催ホームゲームを放送した(なお、同じ首都圏の独立U局であるテレビ埼玉は開局初年度の1979年のみネットされたのみだった。これは同局が前述3局よりも後発であることや、同局が西武ライオンズと親密であるが故、開局直前に起こった江川事件における西武・読売(巨人)両球団の親会社間における確執も関係したと思われる)。また、これとは別に静岡第一テレビと広島テレビで日テレからの裏送りとして「プレイボールナイター」が巨人戦主催試合18時開始になった1980年代初めごろ行われていた(広島テレビは対広島東洋カープ戦のみネット。他に広島主催試合を巨人戦以外も含めて自社制作。広島主催の対巨人戦をHTVからSDTにネットした年度もあり)。プロ野球トップ&リレー中継 フレッシュアイペディアより)

  • 杉下茂

    杉下茂から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1957年10月23日に後楽園での対巨人戦で通算200勝を達成。敗戦投手は馬場正平(ジャイアント馬場)であった。杉下茂 フレッシュアイペディアより)

4796件中 71 - 80件表示

「読売ジャイアンツ」のニューストピックワード