5953件中 71 - 80件表示
  • 内田順三

    内田順三から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    内田 順三(うちだ じゅんぞう、1947年9月10日 - )は、静岡県三島市生まれ、清水市(現静岡市清水区)出身の元プロ野球選手(外野手、左投左打)、野球指導者。現役引退後は広島東洋カープ・読売ジャイアンツの2球団で打撃コーチを務め、2017年6月まで巨人の巡回打撃コーチ。7月15日から二軍監督。内田順三 フレッシュアイペディアより)

  • 徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー

    徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデーから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    放送開始からは「鉄板の河内」こと河内一秀.が出演、その後ホークス→ジャイアンツで活躍したプロ野球選手で、競馬では驚異の的中率を誇る「代打の切り札」こと大道典嘉(大道はウマニティとは関係ない)→ウマニティの予想家である3連複プリンセス(かつて10万円を超える配当を出したことがある)→スガダイ→河内→プリンセス→(月替わり)と変わっていったが、2013年4月27日分の予想で終了した(石川曰く「ニッポン放送の事業仕分けによる」らしい)。徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部康平

    長谷部康平から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    2月の春季キャンプ中にブルペンで投球できるまで左膝が回復。長谷部自身も「長年の(左膝の)違和感が消えて、スムーズに腕が振れるようになった」と語っていた。5月30日のイースタン・リーグ公式戦で実戦に復帰すると、7月6日のソフトバンク戦に救援で635日振りの一軍公式戦登板を果たした。2シーズン振りの先発登板になった同月15日のオリックス戦で6回無失点と好投したが、左腕の救援要員が不足しているチーム事情などから、以降の登板ではショートリリーフやセットアッパーに起用されている。8月22日に実母が逝去したが、翌日に実家での通夜に参加すると、クリネックススタジアム宮城で2位・ロッテとの首位攻防3連戦を控えていたチームに戻って登板を志願。同月24日の同カードで8表1死から4番手で登板すると、打者2人を無安打に抑えた。翌25日の対ロッテ戦で一軍公式戦2シーズン振りの勝利を挙げると、9月12日の同カード(QVCマリンフィールド)で一軍初セーブを記録するなど、チーム初のパシフィック・リーグ優勝に貢献。ロッテとのクライマックスシリーズのファイナルステージや、巨人との日本シリーズ第4戦(10月30日・東京ドーム)でも救援登板を果たしたが、日本シリーズでは2回1失点で敗戦投手になった。長谷部康平 フレッシュアイペディアより)

  • 現代ユニコーンズ

    現代ユニコーンズから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    その後、2年間はポストシーズンには出場したものの、韓国シリーズ進出は失敗。元巨人(2001年?2002年)の鄭珉台が2003年に復帰、最多勝投手や韓国シリーズMVPのタイトルを獲得する活躍のおかげで3度目の優勝。しかし、鄭珉台は2004年シーズンから不振に陥った。現代ユニコーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤康介

    加藤康介から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    7月2日の対ヤクルトスワローズ戦(イースタン・リーグ)で完全試合を達成。1962年の山崎正之(読売ジャイアンツ)、1987年の増本宏(横浜大洋ホエールズ)以来、18年ぶりの記録となる。同年、ファームで最優秀防御率 (1.78) と特別表彰(完全試合を達成)を受賞した。加藤康介 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井秀悟

    藤井秀悟から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    藤井 秀悟(ふじい しゅうご、1977年5月12日 - )は、愛媛県伊予市出身の元プロ野球選手(投手)。左投左打。現在は読売ジャイアンツで打撃投手を務める。藤井秀悟 フレッシュアイペディアより)

  • 日韓クラブチャンピオンシップ

    日韓クラブチャンピオンシップから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    2009年10月24日、KIAタイガースが韓国シリーズを、11月7日、読売ジャイアンツが日本シリーズをそれぞれ制し、第1回大会の出場権を得た。日韓クラブチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • 平野謙 (野球)

    平野謙 (野球)から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    しかしは左ふくらはぎとアキレス腱を痛めてキャンプの調整から出遅れ、さらに4月16日の対広島戦で北別府学から死球を受けて右手小指の付け根を亀裂骨折し、一軍登録を抹消される。6月に一軍に復帰したがその間に彦野利勝が台頭し、平野の復帰後は右翼手のレギュラーとなった。この年から監督に就任した星野仙一は選手に闘争精神を強く求め、平野の淡白な初球打ちや出塁時のリードが小さく投手を揺さぶらないプレー、そして練習量に文句を言う姿勢などが問題視された。さらに7月21日に3.5ゲーム差で迎えた首位巨人との直接対決で、3対3の4回1死にウォーレン・クロマティが打ち上げた打球を遊撃手の宇野勝と譲り合うような形でヒットにしてしまい、この回に3点を奪われると平野はそのままベンチに下げられた。この試合の敗戦を機に不動のレギュラーの座を失い、同年の出場試合数は90試合にとどまった。平野謙 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 近藤真市

    近藤真市から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    プロ1年目の8月9日の対読売ジャイアンツ戦(ナゴヤ球場)で先発登板し、無安打無失点(四球2、失策1)に抑え、プロ野球史上初の快挙となる初登板ノーヒットノーランを達成した(プロ初勝利での達成としては外木場義郎に次いで2人目)。続く2試合にも勝利し、8月の月間MVPを受賞。18歳11か月での月間MVPは史上最年少記録(当時)。同年は4勝(3完封)5敗。強烈なインパクトを残したデビュー戦はもとより、力のある直球とカーブを巧みにコントロールするマウンドさばきはファンの人気を博し、同年の第38回NHK紅白歌合戦の審査員にも選ばれた。近藤真市 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の野球

    2013年の野球から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    1月6日 - 元読売ジャイアンツ、ハンファ・イーグルスで、前年まで2年間斗山ベアーズで二軍投手コーチの趙成珉がソウル市内で自殺(享年39)2013年の野球 フレッシュアイペディアより)

5953件中 71 - 80件表示

「読売ジャイアンツ」のニューストピックワード