4796件中 81 - 90件表示
  • 江藤智

    江藤智から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    江藤 智(えとう あきら、1970年4月15日 - )は、東京都東大和市出身の元プロ野球選手(内野手)。現・読売ジャイアンツ一軍打撃コーチ。江藤智 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤真市

    近藤真市から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    プロ1年目の8月9日の対読売ジャイアンツ戦(ナゴヤ球場)で先発登板し、無安打無失点(四球2、失策1)に抑え、プロ野球史上初の快挙となる初登板ノーヒットノーランを達成した。続く2試合にも勝利し、8月の月間MVPを受賞。18歳11か月での月間MVPは史上最年少記録。同年は4勝(3完封)5敗。強烈なインパクトを残したデビュー戦はもとより、力のある直球とカーブを巧みにコントロールするマウンドさばきはファンの人気を博し、同年の第38回NHK紅白歌合戦の審査員にも選ばれた。近藤真市 フレッシュアイペディアより)

  • ペナントレース やまだたいちの奇蹟

    ペナントレース やまだたいちの奇蹟から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    たいちの双子の弟(外見は全く似ていないので二卵性の双子だと思われる)。兄とは似ても似つかない実力の持ち主で甲子園を制した実力派投手。本人は読売ジャイアンツを希望するがドラフトの抽選でアストロズ入り。太一を「バカ兄貴」とけなしているが、認めるべき所は素直に認めている。ペナントレース やまだたいちの奇蹟 フレッシュアイペディアより)

  • 池谷公二郎

    池谷公二郎から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    静岡商業高校時代、1年時は同学年の新浦壽夫(池谷より1歳年上だが、同校の定時制から全日制へ編入)の存在もあり控え投手。新浦が1年で中途退学し読売ジャイアンツに入団したため、2年時にはエースとして期待されたが伸び悩み、1年先輩である松島英雄(のち大洋ホエールズ)の控え。3年生でエースとなり県内ではほぼ負け知らずであったが、夏の県大会では2回戦で番狂わせの敗退。高校卒業後、社会人野球へ進み、金指造船所に入社するも1年も経たず野球部が解散、特別措置で近鉄バファローズに7位指名されたがそれを拒んで日本楽器に移籍。1972年の第43回都市対抗野球大会では主にリリーフとして活躍し優勝に貢献。同年のドラフト1位で広島東洋カープに指名されたが、入団は翌年1973年シーズン終了後にずれ込んだ。これは、同じく日本楽器のエース新美敏が東映フライヤーズ(翌年2月より、日拓ホームフライヤーズ)に入団するため、主力投手が二人抜ける事態になる会社側から待ったがかかったため。1973年のドラフト会議前に広島入りした。池谷公二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    、プロ3年目で初のシーズン開幕一軍入りを果たすと、シーズン3戦目の4月1日の巨人戦、シーズン初打席で高橋尚成からプロ初安打(投手強襲の内野安打)を放つ。しかし、4月20日の練習中に打球を顔面に当て唇を20針縫う大怪我を負い、長期離脱をした。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    これを受け、当時の選手会長古田敦也はオーナー達との対話を求めようとするが、当時の読売ジャイアンツオーナー・渡邉恒雄が古田に対し「無礼なことをいうな。たかが選手が」と発言、対話すら拒否の態度を示された事で、選手会とファンはますます合併推進派に対する感情的な猛反発を強める。プロ野球再編問題は野球界のみならず政界・経済界・労働界までも巻き込むこととなる。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • キャピー原田

    キャピー原田から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    退役後は読売ジャイアンツの国際担当として与那嶺要などの日系アメリカ人選手を獲得したほか、サンフランシスコ・ジャイアンツの極東スカウト担当として日本人初のMLBプレーヤーとなった村上雅則を獲得するなど、日米双方の野球界で活躍した。2009年11月に旭日小綬章を授与される。キャピー原田 フレッシュアイペディアより)

  • 八木裕

    八木裕から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    玉野市立胸上小学校、東児中学校から岡山県立岡山東商業高等学校へ入学。2年生の頃から4番を打ち、1982年、2年生の夏の全国高等学校野球選手権岡山大会では準決勝で川相昌弘(元巨人?中日)や後にチームメイト(同年齢同学年だがプロ野球では先輩)となる横谷総一(現阪神球団フロント)のいた岡山南を破ったが、決勝で関西に敗れ、翌年の3年生の夏は初戦で倉敷商に敗れて甲子園出場はできなかった。3年生の頃はアンダースローの控え投手としてマウンドに立つこともあった。八木裕 フレッシュアイペディアより)

  • 岩本 勉

    岩本勉から見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    2005年5月21日の交流戦・対読売ジャイアンツ2回戦(東京ドーム)で、5回表に野間口貴彦から本塁打を放った(プロ入り初本塁打・初打点)。これはパ・リーグが指名打者制を導入した1975年以降、パ・リーグの日本人投手として初の本塁打である(外国人投手を含めても3本目)。しかし、投球では6回裏にタフィ・ローズ・小久保裕紀に本塁打を許し、敗戦投手となった。岩本勉 フレッシュアイペディアより)

  • フレズノ・グリズリーズ

    フレズノ・グリズリーズから見た読売ジャイアンツ読売ジャイアンツ

    2009年には、日本人選手の高津臣吾、藪恵壹の他、マット・キニー (元埼玉西武ライオンズ)、ラモン・オルティズ(元オリックス・バファローズ)、ジョン・ボウカー(読売ジャイアンツ)らが在籍した。2011年からはマーク・クルーン(元横浜ベイスターズ、読売ジャイアンツ)、エドガー・ゴンザレス(元読売ジャイアンツ)が所属している。フレズノ・グリズリーズ フレッシュアイペディアより)

4796件中 81 - 90件表示

「読売ジャイアンツ」のニューストピックワード