435件中 11 - 20件表示
  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た篠塚和典

    1981年、藤田元司が監督に就任、また、前年に現役引退した王貞治が助監督に就任。藤田元司監督、王貞治助監督、牧野茂ヘッドコーチによる「トロイカ体制」が誕生。江川卓、西本聖、定岡正二、加藤初ら先発4本柱を形成し(江川20勝・西本18勝・定岡11勝・加藤12勝)、4年ぶりのリーグ制覇。日本シリーズでは、巨人と同じく後楽園をフランチャイズにする日本ハムファイターズと対戦。、4勝2敗で8年ぶりの日本一を達成する。江川が史上5人目の投手5冠王(最優秀防御率、最多勝、最多勝率、最多奪三振、最多完封)、西本は沢村賞、角三男が最優秀救援投手を獲得するなど、投手タイトル独占を達成、藤田監督の投手中心の守りの野球の成果が十分に発揮された。打者ではルーキーの原辰徳が新人王を獲得、篠塚利夫が3割5分7厘の高打率をマークして阪神・藤田平と首位打者争いをするなど若手の台頭が目立った。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た槙原寛己

    1989年から1992年で投手陣の中心となったのは斎藤雅樹、桑田真澄、槙原寛己。斎藤は安定感、桑田は投球術、槙原は球威と、それぞれ違った持ち味を発揮して白星を積み上げていった。藤田の監督在任時の成績は、斎藤68勝(20-20-11-17)、桑田57勝(17-14-16-10)、槙原40勝(12-9-9-12)の成績を残している。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見たタフィ・ローズ

    2004年からはV9時代のエース堀内恒夫が監督に就任。生え抜きの高橋由伸らに加え、前年までで近鉄との契約が終わったタフィ・ローズ、ダイエーから膝の靭帯を断裂した後出場のなかった小久保裕紀を獲得した。かねてより所属する清原和博、ペタジーニ、江藤智などのさまざまな球団で活躍した4番打者が1チームに顔をそろえるという超重量打線となった。長嶋終身名誉監督に「史上最強打線」と名付けられた打線は、事実この年に年間259本塁打のプロ野球新記録を樹立。しかし、防御率の低下により成績は前年と同じ3位だった。近鉄・オリックスの合併問題に端を発したプロ野球再編問題では、球団スカウトが行った明治大学・一場靖弘投手への不正な金銭授受の責任を取り渡邉恒雄がオーナー職を辞任した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た松井秀喜

    1992年は序盤の不調が響き、5月には最下位に転落するが、大久保博元とロイド・モスビーの加入、石毛博史がリリーフエースとして頭角を現したこと等により、前半戦が終了する頃には首位に立った。しかし、8月に入ると失速し、終盤のヤクルト・巨人・阪神・広島の4球団との優勝争いの結果、最終的には阪神と同率2位になるも2年連続のV逸が決定。この年限りで藤田監督は勇退。後任には長嶋茂雄が13年ぶりに復帰。同年のドラフト会議で注目されていた松井秀喜の交渉権を阪神・中日・ダイエーとの競合の末獲得。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た金田正一

    1963年には王と長嶋で打撃三部門だけでなく打点と本塁打の2位までをも占め、1964年は王がシーズン記録となる55本塁打を記録するものの、3位に終わる。この頃から巨人の3・4番に固定された(両名の打順は流動的だった)王と長嶋はON砲と呼ばれ、実力・人気ともに特別な存在となっていた。また牧野茂、荒川博ら他球団出身のコーチが招かれ、1965年には金田正一が国鉄から10年選手制度を利用して移籍した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た西本聖

    1979年は5月まで首位に立ったものの、6月以降は成績が次第に降下していき、Bクラス5位に終わる。一方で中畑清が3塁のレギュラーを獲得するなど若手の台頭も若干見られるようになる。同年オフに、青田昇がヘッドコーチに就任し、伊東での秋季キャンプでは松本匡史、中畑清、江川、西本聖、角三男らを猛練習で特訓した。後に「地獄の伊東キャンプ」として語られていく。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た小笠原道大

    2006年はチーム方針として2005年のワールドシリーズを制したシカゴ・ホワイトソックスに習い「スモール・ベースボール」を掲げた。開幕当初は首位を独走していたが、5月に始まったセ・パ交流戦の途中で主力選手に負傷者が続出したことで失速することとなった。これに対して西武を自由契約となり米国挑戦したものの契約を結べず帰国していた小関竜也を入団テストで、広島の木村拓也を交換トレードで、前年阪神を解雇されたもののメキシカンリーグで好成績を収めていたジョージ・アリアスを来日させそれぞれ獲得するなど建て直しを図ったが、6~7月には8連敗、10連敗、9連敗と立て続けに大型連敗を喫し、一時は最下位にまで転落した。最終的にチーム防御率は1点以上の改善があったものの野手陣の不調で4位に終わり、いずれも球団史上初の4年連続完全V逸と2年連続Bクラスとなった。この結果を重く見た球団はさらなる改革に着手した。首脳陣ではまず走塁面の強化に西武黄金期に三塁ベースコーチとして活躍した伊原春樹を野手総合コーチとして招聘。篠塚守備走塁コーチを打撃コーチへ配置転換、伊勢孝夫スコアラーを打撃コーチ補佐として現場復帰させた。なお近藤ヘッドコーチが退任し、総括ディレクターに就任、それに伴って開幕直前に伊原がヘッドコーチを兼任することとなった。選手では仁志敏久を交換トレードで横浜に放出、小久保がFAでソフトバンクに移籍したが、ソフトバンクを戦力外となったベテランの大道典嘉を無償トレードで、オリックスの谷佳知を交換トレードで、日本ハムの小笠原道大をFAでそれぞれ獲得したほか、残留を前提としたFA交渉を打ち切られた横浜の門倉健も加入する。一方門倉の加入に伴って補償選手として工藤を放出することとなり、逆にソフトバンクから小久保の補償選手として吉武真太郎を獲得した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た清原和博

    1997年に西武から清原和博がFA権を行使して入団。松井とともに、ON(王・長嶋)以来の強打者コンビ「MK砲」として期待された。この際、清原に押し出されるように落合が「長嶋監督を悩ませることはできない」と異例の会見を開いて日本ハムに移籍。ロッテを自由契約となったエリック・ヒルマンを獲得したが、ヒルマンを含め主力選手に故障者が続出し夏場まで最下位に沈むなど大苦戦。最終的には4位でシーズンを終了。同年オフにはドラフト1順目で高橋由伸が入団。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見たジェレミー・ゴンザレス

    2007年5月2日に行われたナゴヤドームの中日5回戦でプロ野球史上初となる球団通算5000勝を達成した。これまで主にクリーンナップを打っていた高橋由伸を1番に、怪我で出遅れていた上原浩治を先発からクローザーとして起用するなどの大胆な配置転換を行った。これが成功し、前年のような大型連敗もなく安定した戦いを続けた。鬼門だった交流戦も2位でクリア。そして9月23日の横浜戦に勝利し、この年から導入されたクライマックスシリーズの出場権をセ・リーグ一番乗りで獲得。中日・阪神との三つ巴のデッドヒートの末、優勝マジックナンバーが1となってむかえた10月2日のヤクルト戦、9回裏二死満塁から、清水隆行の遊撃内野安打と、宮本慎也の一塁悪送球の間に二塁走者が生還し、サヨナラ勝ちで5年ぶりのリーグ優勝を達成した。しかし、同年より導入されたクライマックスシリーズ第2ステージで、第1ステージで阪神を2連勝で破った中日に0勝3敗でストレート負け。日本シリーズ出場権を逃し、史上初の「リーグ優勝しながら日本シリーズに出場できないチーム」となっている。このため恒例の銀座での優勝パレードも中止となった(巨人はこれまでリーグ優勝しても日本一になれなかった場合は優勝パレードを行ってこなかったが、日本シリーズ不出場による優勝パレード中止はこれが初である)。球団は、期待不足に終わったGGとジェレミー・パウエル、デーモン・ホリンズの外国人3選手を自由契約とすると、ロッテを自由契約になった藤田宗一、横浜を自由契約となったマーク・クルーン、ヤクルトから自由契約となったセス・グライシンガーとアレックス・ラミレスを獲得した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た中畑清

    1979年は5月まで首位に立ったものの、6月以降は成績が次第に降下していき、Bクラス5位に終わる。一方で中畑清が3塁のレギュラーを獲得するなど若手の台頭も若干見られるようになる。同年オフに、青田昇がヘッドコーチに就任し、伊東での秋季キャンプでは松本匡史、中畑清、江川、西本聖、角三男らを猛練習で特訓した。後に「地獄の伊東キャンプ」として語られていく。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

435件中 11 - 20件表示

「読売ジャイアンツ」のニューストピックワード