186件中 91 - 100件表示
  • 松尾葉子

    松尾葉子から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1983年『若い芽のコンサート』でNHK交響楽団を指揮。以後、東京交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団などを指揮、エイボン女性芸術賞受賞。1999年セントラル愛知交響楽団常任指揮者。2000年名古屋能楽堂で『ドン・ジョヴァンニ』を茂山千之丞演出により指揮、都市文化奨励賞を受賞。2017年愛知県芸術文化選奨を受賞松尾葉子 フレッシュアイペディアより)

  • ミクローシュ・エルデーイ

    ミクローシュ・エルデーイから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    ブダペストの生まれ。リスト・フェレンツ音楽専門学校でヤーノシュ・フェレンチクに指揮法を学び、レジェー・コーカイの薫陶も受けた。1947年から指揮者として活動するようになり、1949年にはハンガリー放送合唱団の創設に参加。1951年にはハンガリー国立歌劇場のコレペティートルになり、1957年からは歌劇場での指揮を任されるようになった。1974年にカルロ・マリア・ジュリーニの代役としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮して成功をおさめ、ハンガリー国外への客演活動に弾みをつけた。1986年および1988年から1990年まで読売日本交響楽団に客演している。ミクローシュ・エルデーイ フレッシュアイペディアより)

  • 高野二郎

    高野二郎から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    東京藝術大学卒業、同大学院修了。モーツァルテウム音楽大学マスタークラス・ディプロマ取得。東京フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団などの主要オーケストラとソリストとしての共演をはじめ、新国立劇場、二期会、東京室内歌劇場等の主催公演に度々出演。高野二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大平まゆみ

    大平まゆみから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    読売日本交響楽団(ゲスト・コンサートマスター)大平まゆみ フレッシュアイペディアより)

  • ギュンター・ヴァント

    ギュンター・ヴァントから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    初来日は1968年。このときは読売日本交響楽団を指揮し、チャイコフスキーの交響曲やブルックナー交響曲第8番を演奏した。その後、何度かNHK交響楽団にも客演した。手兵の北ドイツ放送交響楽団との初来日は1990年である。1990年代以降、彼は急速に名声を高め、多くの人が彼の再来日を期待していた。しかし、彼自身の体調は衰えを見せてきた上、高齢のため、もはや来日はないと思われていた。ギュンター・ヴァント フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・シュミット=イッセルシュテット

    ハンス・シュミット=イッセルシュテットから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1964年と1970年に2度来日して読売日本交響楽団及び大阪フィルハーモニー交響楽団を指揮した。ハンス・シュミット=イッセルシュテット フレッシュアイペディアより)

  • 次田心平

    次田心平から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    次田 心平(つぎた しんぺい、1979年12月17日 - )は日本のチューバ奏者。読売日本交響楽団メンバー。次田心平 フレッシュアイペディアより)

  • 中川英二郎

    中川英二郎から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校入学後から学業と平行してスタジオ・ミュージシャンとしての活動を行い、1992年には16歳にして初のリーダーアルバム「EIJIRO NAKAGAWA & FUNK '55」を発表する。スタジオ・ミュージシャンとしての活動は幅広く、数多くのアーティストのレコーディングに参加している。クラシック分野でも東京佼成ウインドオーケストラのゲストプレーヤーとしての参加や、読売日本交響楽団との競演を果たしている。中川英二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩の休日

    鳩の休日から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    原曲とは打って変わり、金管のリードのもとストリングスを豊かに織り交ぜた哀調を交えつつ華やかなオーケストラ。1970年代の曲調を色濃く湛えている。後奏のアレンジが大きく変更された。演奏は読売日本交響楽団で、演奏時間は60秒。鳩の休日 フレッシュアイペディアより)

  • エリアフ・インバル

    エリアフ・インバルから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    日本では、1970年代から、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、NHK交響楽団に客演したほか、特に東京都交響楽団と強い結びつきを保ち、1991年の初登壇後、特別客演指揮者(1995年?2000年)、プリンシパル・コンダクター(2008年?2014年)を務めたのち、2014年4月から桂冠指揮者に就任した。特別客演指揮者時、プリンシパル・コンダクター時にそれぞれ一度ずつマーラーの全交響曲演奏を達成しており、特に後者の演奏はオクタヴィア・レコードよりライヴCDとして発売されている。また、同団との演奏によるショスタコーヴィチの交響曲第4番の演奏は、第50回レコード・アカデミー大賞および第25回ミュージック・ペンクラブ音楽賞を相次いで受賞した。エリアフ・インバル フレッシュアイペディアより)

186件中 91 - 100件表示

「読売日本交響楽団」のニューストピックワード

  • JZ Brat SOUND OF TOKYO

  • フューチャーリスティック・ピアノ・プロジェクト

  • 三代目J Soul Brothers 山下健二郎のオールナイトニッポン