186件中 101 - 110件表示
  • 鈴木理恵子 (ヴァイオリニスト)

    鈴木理恵子 (ヴァイオリニスト)から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    桐朋学園大学を卒業。篠崎功子、J.ギンゴールド他に師事した。23歳で新日本フィルハーモニー交響楽団副コンサートマスターに就任する。在籍中の1995年、チェコ・フィルハーモニー室内合奏団と共にアントニオ・ヴィヴァルディの『四季』を収録。1997年、新日本フィルハーモニー交響楽団を退団し、ソリストでの活動を中心としていく。1998年、スウェーデンのマルメ歌劇場の客演コンサートマスターに定期的に招待されるようになる。また、2004年より2014年2月まで、読売日本交響楽団の客員コンサートマスターを務めた。2005年から2009年にかけてタイや中国にてリサイタルを行ったり、インドネシア、カンボジア、インド等、アジア各国の音楽祭に招かれたりしており、一部では無伴奏のリサイタルを行った。また、後進の育成にも力を入れており、ニュージーランド、インドネシア、中国など多くの国の国立音楽院などで度々室内楽のマスタークラスを行っている。2008年には、音楽と様々なアートによる「ビヨンド・ザ・ボーダー音楽祭」をプロデュースし、その後も不定期ながら継続して開催している。近年は夫でもあるピアニスト若林顕とのデュオを中心に活動し、コンサートやCDをリリースしている。2017年、コンサートイマジンからASPENへ移籍。鈴木理恵子 (ヴァイオリニスト) フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第8番 (ブルックナー)

    交響曲第8番 (ブルックナー)から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    第1稿(1887年稿)については、ノヴァークによる校訂版が出版される以前に、第1楽章のみが1954年5月2日にミュンヘンでオイゲン・ヨッフム指揮で初演された。全曲通しての初演は1973年9月2日にロンドンでハンス・フーベルト・シェーンツェラー(Hans-Hubert Schönzeler)の指揮によって行われた。ノヴァーク版第1稿の初演は、1980年2月29日、フランクフルトでエリアフ・インバルの指揮で行われた。インバルは1998年7月8日には読売日本交響楽団を指揮して日本初演も行っている。交響曲第8番 (ブルックナー) フレッシュアイペディアより)

  • ユーリ・アーロノヴィチ

    ユーリ・アーロノヴィチから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1964年に第2のモスクワ放送交響楽団の首席指揮者に任命され、1972年にイスラエルに亡命するまでその地位にとどまった。ソ連脱出後は直ちに指揮者として各地に客演し、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団やロンドン交響楽団、ウィーン交響楽団、読売日本交響楽団、ミラノ・スカラ座管弦楽団などと共演した。ユーリ・アーロノヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳紀明

    黒柳紀明から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    桐朋女子高等学校音楽科卒、桐朋学園芸術短期大学中退。1962年、読売日本交響楽団に入団。1964年、ベルリン芸術大学留学。ケルン、ロッテルダムを経て、1971年にNHK交響楽団入団。2000年に退団した後、宇宿允人率いるフロイデフィルハーモニーで第二ヴァイオリンのトップを務めている。2006年10月に東京芸術劇場で開催される第165回「宇宿允人の世界」ではヴィオラで出演した。黒柳紀明 フレッシュアイペディアより)

  • エフレム・クルツ

    エフレム・クルツから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1960年代後半に来日し、日本フィルハーモニー交響楽団を、1977年には読売日本交響楽団を指揮した。長身で、指揮台を使わずに指揮をする。エフレム・クルツ フレッシュアイペディアより)

  • 名誉指揮者

    名誉指揮者から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    日本でも公設私設を問わず、当該称号を定めており、読売日本交響楽団ではクルト・ザンデルリングを名誉指揮者に迎えているほか、8代常任指揮者を務めたスタニスワフ・スクロヴァチェフスキに対して桂冠名誉指揮者の称号を贈っている。名誉指揮者 フレッシュアイペディアより)

  • 川井郁子

    川井郁子から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    高松市立牟礼小学校-高松市立屋島中学校-高松第一高等学校音楽科-東京芸術大学卒業。同大学院修了。2001年4月より大阪芸術大学芸術学部音楽学科教授。2005年より教授。ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・シンフォニックアンサンブル、サレー・アンタル・ジプシー楽団、ブルガリアン・シンフォニー・オーケストラ、読売日本交響楽団、NHK交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団など、国内外のオーケストラと多数共演・レコーディングを行う。川井郁子 フレッシュアイペディアより)

  • 円光寺雅彦

    円光寺雅彦から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    NHK交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団など日本各地のオーケストラに客演。レパートリーも幅広く、名曲やトークを交えた演奏会も数多く任されている。円光寺雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 北原幸男

    北原幸男から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    国内では、1986年、札幌交響楽団定期演奏会に出演。以来、NHK交響楽団の定期演奏会を始め、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京都交響楽団等、全国各地のオーケストラに客演。北原幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 堀了介

    堀了介から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    東京都出身。8歳より齋藤秀雄にチェロを師事。桐朋女子高等学校音楽科卒業後、1967年の桐朋学園大学オーケストラ研究生の時、第36回日本音楽コンクール第1位入賞。1968年に読売日本交響楽団に入団するも1年で退団し、1969年にに入学。堀了介 フレッシュアイペディアより)

186件中 101 - 110件表示

「読売日本交響楽団」のニューストピックワード