135件中 21 - 30件表示
  • 黒柳紀明

    黒柳紀明から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    桐朋女子高等学校音楽科卒、桐朋学園芸術短期大学中退。1962年、読売日本交響楽団に入団。1964年、ベルリン芸術大学留学。ケルン、ロッテルダムを経て、1971年にNHK交響楽団入団。2000年に退団した後、宇宿允人率いるフロイデフィルハーモニーで第二ヴァイオリンのトップを務めている。2006年10月に東京芸術劇場で開催される第165回「宇宿允人の世界」ではヴィオラで出演した。黒柳紀明 フレッシュアイペディアより)

  • 皇紀2600年奉祝曲

    皇紀2600年奉祝曲から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1945年の日本の敗戦とその後の情勢の変化により、奉祝曲(ブリテン作品も含む)の運命も変化することになった。奉祝曲そのものは奉祝会の後身団体である「光華会」から東京芸術大学図書館(総譜)とNHK(パート譜)に寄贈された。また、シュトラウスの曲は判明しているだけでも20世紀中には少なくとも日本では5回演奏されたようである(1955年、1958年:N響、1988年:読売日本交響楽団、1999年?2000年:仙台フィルハーモニー管弦楽団。仙台フィルは同年の海外公演でも取り上げている)。また、ウラディーミル・アシュケナージ指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団によって同曲のデジタルによる初レコーディングが1998年に行われ、2007年1月26日にSACDとしてエクストンレーベルからリリースされた。皇紀2600年奉祝曲 フレッシュアイペディアより)

  • サイバーバード協奏曲

    サイバーバード協奏曲から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    サイバーバード協奏曲は、吉松隆によって1994年に作曲されたアルト・サクソフォーンとオーケストラのための協奏曲である。サクソフォーン奏者である須川展也による委嘱第2作として、1991年の「ファジィバード・ソナタ」に続いて作曲された。1994年3月21日、円光寺雅彦指揮読売日本交響楽団により初演され、その後、読売日響、新日本フィル、日本フィル、新星日響、大阪フィル、名古屋フィル、関西フィル、さらには日本オーケストラ連盟主催「第8回現代日本オーケストラ名曲の調べ(オールジャパン・シンフォニーオーケストラ)」などで再演された。須川は1996年にデイヴィッド・パリー指揮のフィルハーモニア管弦楽団と(東芝EMI)、1999年には藤岡幸夫指揮のBBCフィルハーモニックと(シャンドス)、2度CDを出している。サイバーバード協奏曲 フレッシュアイペディアより)

  • 石岡久乃

    石岡久乃から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    以後、NHK交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、パイヤール室内管弦楽団など多数のオーケストラと2台のピアノのための協奏曲を共演する。また、NHK-FMに出演したり、各地でのデュオリサイタル、親子コンサートなどの活動を行ったりしている。ビクター・エンターテインメントより4枚のCDをリリース。桐朋学園大学非常勤講師、及び同大学附属「子供のための音楽教室」別科講師。石岡久乃 フレッシュアイペディアより)

  • ハンスイェルク・シェレンベルガー

    ハンスイェルク・シェレンベルガーから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1985年にはシェレンベルガーの音色とオーボエの持つ可能性に惚れこんだソニー社長(当時)の大賀典雄の呼びかけで「国際オーボエコンクール・東京」が開催された。現在は「国際オーボエコンクール・軽井沢」に名称と開催地を変更して3年に1度開催されている。シェレンベルガーは1985年の第1回より審査委員を務めており、1993年に創立時の審査委員長で大賀と親交の深かった鈴木清三が病気引退した後には、一環して審査委員長を務めている。このコンクールの過去の入賞者には読売日本交響楽団首席オーボエ奏者の辻功やベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団首席奏者の渡辺克也、元シカゴ交響楽団首席奏者のアレックス・クライン、パリ管弦楽団首席奏者のアレクサンドル・ガテなどがおり、毎回のように優れた人材を発掘して世界各国のオーケストラに送り出している。2008年には草津国際音楽アカデミー&フェスティバルにも出演しマスタークラスを開講した。ハンスイェルク・シェレンベルガー フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第4番 (團伊玖磨)

    交響曲第4番 (團伊玖磨)から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1965年10月13日。團伊玖磨指揮、読売日本交響楽団。神奈川県立音楽堂に於いて。交響曲第4番 (團伊玖磨) フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第5番 (團伊玖磨)

    交響曲第5番 (團伊玖磨)から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1965年10月19日。團伊玖磨指揮、読売日本交響楽団。沼津市公会堂に於いて。交響曲第5番 (團伊玖磨) フレッシュアイペディアより)

  • ユーリ・アーロノヴィチ

    ユーリ・アーロノヴィチから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1964年に第2のモスクワ放送交響楽団の首席指揮者に任命され、1972年にイスラエルに亡命するまでその地位にとどまった。ソ連脱出後は直ちに指揮者として各地に客演し、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団やロンドン交響楽団、ウィーン交響楽団、読売日本交響楽団、ミラノ・スカラ座管弦楽団などと共演した。ユーリ・アーロノヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • ラドヴァン・ヴラトコヴィチ

    ラドヴァン・ヴラトコヴィチから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1982年から西ベルリンのベルリン放送交響楽団(のちのベルリン・ドイツ交響楽団)の首席ホルン奏者を務めたが、1990年にソリストとしての活動に専念するため退任し、ドイツ内外の主要なオーケストラ(バイエルン放送交響楽団、BBC交響楽団、アカデミー室内管弦楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、NHK交響楽団など)に客演するとともに、ホルンのための主要な作品の数々を録音してきた。ソリストとしては欧米のほかにカナダやメキシコ、イスラエル、中近東、アフリカ、オーストラリアなども訪れている。マルボロ音楽祭への参加や、フィラデルフィア室内楽協会におけるリサイタルなども行ってきた。レパートリーはバロック音楽から現代音楽までと幅広く、世界で最も異彩を放つ、経験豊富なホルン奏者の一人と看做されている。ラドヴァン・ヴラトコヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • 地平線のドーリア

    地平線のドーリアから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    アメリカ国会図書館のセルゲイ・クーセヴィツキー財団からの委嘱として1966年に作曲され、同年に完成された。初演は同年の8月に、若杉弘の指揮と読売日本交響楽団によって行なわれた。作品はクーセヴィツキー(故人)と妻に捧げられている。地平線のドーリア フレッシュアイペディアより)

135件中 21 - 30件表示

「読売日本交響楽団」のニューストピックワード