135件中 31 - 40件表示
  • 松尾葉子

    松尾葉子から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1983年『若い芽のコンサート』でNHK交響楽団を指揮。以後、東京交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルなどを指揮、エイボン女性芸術賞受賞。1999年セントラル愛知交響楽団常任指揮者。2000年名古屋能楽堂で『ドン・ジョヴァンニ』を茂山千之丞演出により指揮、都市文化奨励賞を受賞。松尾葉子 フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルク・ティントナー

    ゲオルク・ティントナーから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    70歳代後半を過ぎてからナクソスに見いだされ、指揮者としての成功を得たティントナーだったが、悪性黒色腫の病状は次第に悪化していく。交響曲全11曲の録音は、1998年9月に終了した。彼はイギリスのクラシック音楽雑誌『グラモフォン』誌の1999年1月号表紙に採用されたが、これはクラシック音楽家にとって最高の栄誉とされる。そして日本からも、2000年7月に読売日本交響楽団で2回のブルックナー・コンサートの要請を受けた。しかし病状は悪化の一途をたどり、最後には「見当識障害」(人や場所などを正しく識別できなくなること)の症状が現れたという。1999年10月2日、ティントナーは病状悪化を苦にして、ハリファックスの自宅マンションの11階から飛び降り自殺をした。82歳だった。そのため、交響曲のすべての版を網羅する企画と合唱曲の全曲録音、さらに来日コンサートの夢も消えることになった。ゲオルク・ティントナー フレッシュアイペディアより)

  • 東京ジュニアオーケストラソサエティ

    東京ジュニアオーケストラソサエティから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    一戸敦(フルート/読売日本交響楽団首席奏者)東京ジュニアオーケストラソサエティ フレッシュアイペディアより)

  • エフレム・クルツ

    エフレム・クルツから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    60年代後半には来日し、日本フィルハーモニー交響楽団を、1977年には読売日本交響楽団を指揮した。長身で、指揮台を使わずに指揮をする。エフレム・クルツ フレッシュアイペディアより)

  • ビルギット・ニルソン

    ビルギット・ニルソンから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1967年には大阪国際フェスティバル(バイロイト音楽祭の引越し公演)でピエール・ブーレーズらと初来日、ヴィントガッセンとのコンビで見事なイゾルデを演じている。その後1979年には読売日本交響楽団のソリストとして、1980年にはウィーン国立歌劇場に帯同して来日、この時はエレクトラを演じている。ニルソンは1984年に現役を引退し、2005年のクリスマスに生地ヴァストラ・カルップスで87年の生涯を閉じた。ビルギット・ニルソン フレッシュアイペディアより)

  • オスモ・ヴァンスカ

    オスモ・ヴァンスカから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    そのほか、1993年から1996年までアイスランド交響楽団、1996年から2002年までBBCスコティッシュ交響楽団のそれぞれ首席指揮者を務めた。また、2003年よりミネソタ管弦楽団の音楽監督を務め、同楽団とベートーヴェンの交響曲の全曲録音を行った。北欧音楽以外の分野での活躍も期待されるところである。日本へは、ラハティ響を率いての来日公演(1999年、2003年、2006年)の他、広島交響楽団や読売日本交響楽団に客演するなどたびたび来演している。オスモ・ヴァンスカ フレッシュアイペディアより)

  • 梅田俊明

    梅田俊明から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    現在はNHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団など、さまざまな主要オーケストラに客演している。06年には大ブームとなったドラマ「のだめカンタービレ」に、指揮指導及び演奏で参加し注目を集めた他、レコーディングにも参加。96年1月には南西ドイツ・フィルハーモニーとスロヴァキア・フィルハーモニーの定期演奏会に出演、いずれも好評を博した。梅田俊明 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァーノン・ハンドリー

    ヴァーノン・ハンドリーから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1962年にギルドフォードで指揮者としてのキャリアを開始し、ギルドフォード・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督となった。またこの頃、BBC交響楽団でエイドリアン・ボールトのアシスタントも務めている。1970年以降、ロンドンを本拠にストックホルムやオスロなどのオーケストラにしばしば客演を重ね、スウェーデン南部のマルメ交響楽団の首席指揮者となる。1985年から1990年まで北アイルランドのアルスター管弦楽団首席指揮者を務め、1988年には読売日本交響楽団に招聘されて初来日を果たしている。特にイギリス音楽のスペシャリストとして人気が高い。その録音にはロバート・シンプソン、マルコム・アーノルド、ヴォーン・ウィリアムズの交響曲全集などがある。中でもロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と協演したホルスト「惑星」は高い評価を得ている。ヴァーノン・ハンドリー フレッシュアイペディアより)

  • 第2日本テレビ

    第2日本テレビから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    「読響Symphonic Live〜深夜の音楽会」読売日本交響楽団の演奏をノーカット配信。第2日本テレビ フレッシュアイペディアより)

  • ギュンター・パッシン

    ギュンター・パッシンから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1982年、ミュンヘン国立音楽大学大学院マイスターコースの教授に就任。ドイツ国内外の多くの学生の指導にあたる。門下生にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団オーボエ奏者クリストフ・ハルトマンそしてライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、バンベルク交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団などのドイツ主要オーケストラで活躍するオーボエ奏者がいる。日本人でも、NHK交響楽団首席オーボエ奏者の茂木大輔、読売日本交響楽団首席奏者の蠣崎耕三、新日本フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者の古部賢一、名古屋フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者の寺島陽介、ブレーメン・フィルハーモニーソロイングリッシュホルン奏者の長岡大輔、ミュンヘン・ゲルトナー劇場イングリッシュホルン奏者 島崎智子などがいる。ギュンター・パッシン フレッシュアイペディアより)

135件中 31 - 40件表示

「読売日本交響楽団」のニューストピックワード