186件中 41 - 50件表示
  • 夢見るゲールゲ

    夢見るゲールゲから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    ツェムリンスキーは結局、この作品は改訂が必要であると見なして、その普及にほとんど力を尽くさず、しかも別の作曲の構想に心変わりしてしまう。こうしてツェムリンスキーの生前は顧みられることのなかった本作であるが、ツェムリンスキーの再評価の始まった1970年代に、ウィーン国立歌劇場の書庫で上演用の楽譜が発見され、本作にも新たに関心が集まるようになった。この結果、遅ればせながらも1980年10月11日に、ニュルンベルクで初演を迎えたのである。日本初演は2005年10月18日、ゲルト・アルブレヒト指揮、読売日本交響楽団、トーマス・ピフカ(ゲルゲ)、林正子(ゲルトラウト)による(演奏会形式)。夢見るゲールゲ フレッシュアイペディアより)

  • 尾花輝代充

    尾花輝代充から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    埼玉県浦和市出身。幼少からヴァイオリンをブローダス・アール、ルイ・グレーラーに師事。東京芸術大学卒業。京都市交響楽団、読売日本交響楽団、札幌交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを歴任。指揮法を山田一雄に師事。指揮・編曲・舞台芸術監督としても活躍。尾花輝代充 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤俊幸

    工藤俊幸から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1992年オーディションで選ばれ仙台フィル副指揮者に就任。外山雄三音楽監督のもと、1996年までその任を務める。その後1年間ベルリン・ドイツ・オペラで研修。帰国後は、全国各地のオ−ケストラを指揮する傍ら、合唱指揮者としてもNHK交響楽団定期演奏会(H.シュタイン指揮)や読売日本交響楽団定期演奏会(ゲルト・アルブレヒト指揮)で二期会合唱団の合唱指揮を務め、高い評価を得た。工藤俊幸 フレッシュアイペディアより)

  • 清水信貴

    清水信貴から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    桐朋女子高校音楽科(共学)、桐朋学園大学音楽学部でフルートを専攻。同大学在学中に読売日本交響楽団に入団している。その後、1981年にアメリカのジュリアード音楽院に留学してフルートをジュリアス・ベイカーに師事。1986年に京都市交響楽団のフルート奏者に招かれて入団、1995年に京都市交響楽団の首席フルート奏者に就任している。京都市交響楽団での活動の他、ソロや同志社女子大学音楽科、相愛大学音楽学部の講師としても活躍している。清水信貴 フレッシュアイペディアより)

  • ペーター・シュヴァルツ

    ペーター・シュヴァルツから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    日本では、札幌交響楽団常任指揮者(1970年 - 1975年)として活躍。読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、九州交響楽団などに客演した。ペーター・シュヴァルツ フレッシュアイペディアより)

  • ストイカ・ミラノヴァ

    ストイカ・ミラノヴァから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    プロヴディフの生まれ。3歳よりヴァイオリン教師だった父トレンダフィル・ミラノフの指導を受け、ソフィアのブルガリア国立音楽院で学んだ。その後モスクワ音楽院に留学してダヴィッド・オイストラフの薫陶を受け、1967年のエリザベート王妃国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で2位入賞を果たした。1970年にはカール・フレッシュ国際ヴァイオリン・コンクールで優勝し、ロンドンでデビューを果たした。1972年にはバルカントン・レーベルにプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲2曲を録音し、フランス・ディスク・アカデミー大賞を受賞。1975年には初来日を果たし、読売日本交響楽団と共演している。ストイカ・ミラノヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィリー・シュタイナー

    ヴィリー・シュタイナーから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1960年代前半には日本で読売日本交響楽団の常任指揮者として創設期の育成に貢献した。ヴィリー・シュタイナー フレッシュアイペディアより)

  • サイバーバード協奏曲

    サイバーバード協奏曲から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    サイバーバード協奏曲は、吉松隆によって1994年に作曲されたアルト・サクソフォーンとオーケストラのための協奏曲である。サクソフォーン奏者である須川展也による委嘱第2作として、1991年の「ファジィバード・ソナタ」に続いて作曲された。1994年3月21日、円光寺雅彦指揮読売日本交響楽団により初演され、その後、読売日響、新日本フィル、日本フィル、新星日響、大阪フィル、名古屋フィル、関西フィル、さらには日本オーケストラ連盟主催「第8回現代日本オーケストラ名曲の調べ(オールジャパン・シンフォニーオーケストラ)」などで再演された。須川は1996年にデイヴィッド・パリー指揮のフィルハーモニア管弦楽団と(東芝EMI)、1999年には藤岡幸夫指揮のBBCフィルハーモニックと(シャンドス)、2度CDを出している。その後2013年には「吉松隆 還暦コンサート『鳥の響展』」(2013年3月20日開催)の模様を収録した『《鳥の響展》ライブ』(DENON)が発売され、この中にも須川と藤岡幸夫指揮の東京フィルハーモニー交響楽団の演奏で収められている。サイバーバード協奏曲 フレッシュアイペディアより)

  • オッコ・カム

    オッコ・カムから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    現在までの30年間にたびたび来日し、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団などを指揮している。オッコ・カム フレッシュアイペディアより)

  • エルンスト・メルツェンドルファー

    エルンスト・メルツェンドルファーから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1964年には初来日を果たし、読売日本交響楽団を振ってアルバン・ベルクの『ルル組曲』の日本初演を果たしている。エルンスト・メルツェンドルファー フレッシュアイペディアより)

186件中 41 - 50件表示

「読売日本交響楽団」のニューストピックワード