135件中 41 - 50件表示
  • アリーナ・ポゴストキーナ

    アリーナ・ポゴストキーナから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    日本では2008年7月に読売日本交響楽団(小林研一郎指揮)と、2011年2月にNHK交響楽団(ジョナサン・ノット指揮)と共演している。アリーナ・ポゴストキーナ フレッシュアイペディアより)

  • 長崎 (シュニトケ)

    長崎 (シュニトケ)から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1958年、モスクワ音楽院卒業制作として作曲され、スヴィリドフに絶賛されるが、作曲家同盟からは評価を得られなかった。翌年、アリギス・ジュライティス指揮、モスクワ放送交響楽団とプチーツァ合唱団により放送初演されたものの、演奏会での実演は2006年まで行われなかった。その後、のセルゲイ・ブルドゥコフが、ロンドンにある手稿スコアのコピーと、ロシアのモスクワ音楽院、モスクワ放送にあった管弦楽のパート譜をもとにして復元し、2006年11月23日、ケープタウンにおいて指揮の同楽団により演奏会での世界初演が行われた。2009年8月24日にはロンドンにてワレリー・ゲルギエフ指揮ロンドン交響楽団の演奏でイギリス初演が実施され、2009年11月28日、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮読売日本交響楽団、新国立劇場合唱団、坂本朱のメゾソプラノにより日本初演が行われた。長崎 (シュニトケ) フレッシュアイペディアより)

  • 夢見るゲールゲ

    夢見るゲールゲから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    ツェムリンスキーは結局、この作品は改訂が必要であると見なして、その普及にほとんど力を尽くさず、しかも別の作曲の構想に心変わりしてしまう。こうしてツェムリンスキーの生前は顧みられることのなかった本作であるが、ツェムリンスキーの再評価の始まった1970年代に、ウィーン国立歌劇場の書庫で上演用の楽譜が発見され、本作にも新たに関心が集まるようになった。この結果、遅ればせながらも1980年10月11日に、ニュルンベルクで初演を迎えたのである。日本初演は2005年10月18日、ゲルト・アルブレヒト指揮、読売日本交響楽団、トーマス・ピフカ(ゲルゲ)、林正子(ゲルトラウト)による(演奏会形式)。夢見るゲールゲ フレッシュアイペディアより)

  • 務臺光雄

    務臺光雄から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    葬儀は1991年6月4日に読売新聞社・日本テレビ放送網など読売グループの合同葬として東京都港区の青山葬儀所で行われた。葬儀では、読売日本交響楽団による追悼演奏が行われた後、巨人のV9時代の監督であった川上哲治らが弔辞を読み上げ、務臺に最後の別れを告げた。戒名は「豪徳寿院光翁義貫禅清大居士」。務臺光雄 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原浜雄 (ヴァイオリニスト)

    藤原浜雄 (ヴァイオリニスト)から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1992年に帰国し、読売日本交響楽団の首席ソロコンサートマスターに就任、2012年3月の退団まで務める。東京芸術大学講師、東京音楽大学客員教授。1999年、桐朋学園大学・大学院教授。藤原浜雄 (ヴァイオリニスト) フレッシュアイペディアより)

  • 北原幸男

    北原幸男から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    国内では、1986年、札幌交響楽団定期演奏会に出演。以来、NHK交響楽団の定期演奏会を始め、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京都交響楽団等、全国各地のオーケストラに客演。北原幸男 フレッシュアイペディアより)

  • ヱヴァンゲリヲン新吹奏楽版

    ヱヴァンゲリヲン新吹奏楽版から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    Trombone - 東條あづさ、桑田晃(読売日本交響楽団)、黒金寛行(読売日本交響楽団)ヱヴァンゲリヲン新吹奏楽版 フレッシュアイペディアより)

  • サンパルオーケストラ

    サンパルオーケストラから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    齊藤賀雄 (フルート;東京音楽大学教授・元読売日本交響楽団サンパルオーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • グレの歌

    グレの歌から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    世界初演はフランツ・シュレーカーの指揮により、1913年2月23日にウィーンにおいて行われた。リハーサルでホルン奏者が席を蹴って演奏を拒否したとも伝えられたが、シェーンベルクの作品には珍しく、聴衆からも評論家からも支持され、非常な成功を収めた。しかし、すでに新しい音楽語法を探究していたシェーンベルクは、後に「この作品が聴衆に受けることは分かっていた」と回想しただけで、知られている限りでは特にその成功を喜んでいた節は見受けられない。最初の録音はレオポルド・ストコフスキーによって1932年によって行われた。日本初演は、1967年6月15日、若杉弘指揮、読売日本交響楽団他による。グレの歌 フレッシュアイペディアより)

  • 近衛秀麿

    近衛秀麿から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    ABC響の消滅以後は再びフリーの指揮者になり、読売日本交響楽団や大阪フィルハーモニー交響楽団、さらに京都大学交響楽団などプロ・アマ問わず多くのオーケストラを指揮した。1967年にはN響の第484回、第485回定期演奏会に出演。翌1968年にはN響とともに「明治100年記念式典」に出席した。この年の7月には民社党から参議院議員選挙に立候補(京都地方区)したが落選(次点)している。また、この前後には音楽学校設立に関する詐欺事件に巻き込まれ、裁判で敗訴するなど苦難の連続でもあった。1969年には創設されたばかりの日本フルトヴェングラー協会から会長就任を懇願され、引き受け講演も行っている。この講演は、協会盤CDとして聞くことができる。1973年6月2日、前日から自宅で就寝中に脳内出血を起こし急死した。近衛秀麿 フレッシュアイペディアより)

135件中 41 - 50件表示

「読売日本交響楽団」のニューストピックワード