135件中 51 - 60件表示
  • 明星中学校・高等学校 (大阪府)

    明星中学校・高等学校 (大阪府)から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    稲川榮一(元読売日本交響楽団・ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団・チューバ奏者・東京藝術大学教授)明星中学校・高等学校 (大阪府) フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーヌ・ヤンセン

    ジャニーヌ・ヤンセンから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    2000年4月にヴァレリー・ゲルギエフ指揮ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の日本ツアーにソリストとして参加し初来日。以後、ミッコ・フランク指揮ベルギー国立管弦楽団(2004年7月)、ロジャー・ノリントン指揮シュトゥットガルト放送交響楽団(2008年1-2月)、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン(2010年11月)の各日本ツアーに帯同している。日本のオーケストラではNHK交響楽団と2005年1月(ウラディーミル・アシュケナージ指揮)、2009年4月(エド・デ・ワールト指揮)、2012年11月(エド・デ・ワールト指揮)に共演している。また2007年7月には読売日本交響楽団と共演予定であったが、自身の急病により来日はキャンセルされた。この他、2012年11月には日本での初めてのリサイタルを開催し、11月29日にはタワーレコード渋谷店でミニ・コンサートとサイン会も行った。ジャニーヌ・ヤンセン フレッシュアイペディアより)

  • 日本の皇紀二千六百年に寄せる祝典曲

    日本の皇紀二千六百年に寄せる祝典曲から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    戦後、この曲は判明している分で20世紀中には少なくとも日本では5回演奏されたようである(1955年、1958年:N響、1988年:読売日本交響楽団、1999年?2000年:仙台フィルハーモニー管弦楽団。仙台フィルは同年の海外公演でも取り上げている)。また、ウラディーミル・アシュケナージ指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団によって同曲のデジタルによる初レコーディングが1998年に行われ、2007年1月26日にSACDとしてエクストンレーベルからリリースされた。日本の皇紀二千六百年に寄せる祝典曲 フレッシュアイペディアより)

  • 山根明季子

    山根明季子から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    ヒトガタ(2008) 読売日本交響楽団委嘱作品山根明季子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本大学管弦楽団

    日本大学管弦楽団から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    千本博愛 - 桐朋学園大学を卒業、チェロを斎藤秀雄、井上頼豊、アンドレ・ナヴァラらに師事。第26回日本音楽コンクール第2位(第1位は堤剛)。ハンブルク交響楽団、リヨン国立管弦楽団、ロンドン交響楽団(カナダ)、読売日本交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。また、ウェスタンオンタリオ大学、メディスン・ハット・カレッジにて教授を務めた。桐朋学園大学にて後進の指導にあたっている。第27回定期演奏会では千本をソリストとして迎えた。日本大学管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • ハインツ・レーグナー

    ハインツ・レーグナーから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1929年、ライプツィヒに生まれた。ライプツィヒ音楽大学に進み、ピアノとヴァイオリンを学んだ。卒業後、ワイマール国立歌劇場の第二指揮者に就任し、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、シュターツカペレ・ドレスデンなどに客演した。1958年、ライプツィヒ放送交響楽団の首席指揮者、1962年、ベルリン国立歌劇場の常任指揮者、1973年、ベルリン放送交響楽団の首席指揮者にそれぞれ就任した。1983年4月から1992年3月には読売日本交響楽団の第5代常任指揮者を務めた。緻密な音楽作りで知られ、人材不足気味のドイツ期待の星として大きく喧伝された時期もあったが、晩年は、愛妻を亡くし精彩を欠いていた。2001年、ライプツィヒで没した。ハインツ・レーグナー フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・アルブレヒト

    ゲルト・アルブレヒトから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1998年に読売日本交響楽団の第7代常任指揮者に就任し、2007年まで務めた。ゲルト・アルブレヒト フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島県立甲南高等学校

    鹿児島県立甲南高等学校から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    下野竜也(甲南39期) - 読売日本交響楽団正指揮者、2001年ブザンソン国際指揮者コンクール優勝鹿児島県立甲南高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • シャルル・デュトワ

    シャルル・デュトワから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    初来日は1970年、日比谷公会堂での読売日本交響楽団の客演で、ストラヴィンスキー、ラヴェルなどを指揮した。シャルル・デュトワ フレッシュアイペディアより)

  • ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー

    ゲンナジー・ロジェストヴェンスキーから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1957年にボリショイ・バレエに帯同して初来日、以後度々日本を訪れるようになる。1972年には大阪でモスクワ放送交響楽団を指揮してショスタコーヴィチの交響曲第15番のソ連国外初演をしている。1979年、読売日本交響楽団と初共演、以後着実に共演を重ね1990年には同団の名誉指揮者に就任。長年ロシア音楽の普及に務めた功績が認められ、2001年秋に勲三等旭日中綬章を受章した。ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー フレッシュアイペディアより)

135件中 51 - 60件表示

「読売日本交響楽団」のニューストピックワード