186件中 51 - 60件表示
  • ラドヴァン・ヴラトコヴィチ

    ラドヴァン・ヴラトコヴィチから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1982年から西ベルリンのベルリン放送交響楽団(のちのベルリン・ドイツ交響楽団)の首席ホルン奏者を務めたが、1990年にソリストとしての活動に専念するため退任し、ドイツ内外の主要なオーケストラ(バイエルン放送交響楽団、BBC交響楽団、アカデミー室内管弦楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、NHK交響楽団など)に客演するとともに、ホルンのための主要な作品の数々を録音してきた。ソリストとしては欧米のほかにカナダやメキシコ、イスラエル、中近東、アフリカ、オーストラリアなども訪れている。マルボロ音楽祭への参加や、フィラデルフィア室内楽協会におけるリサイタルなども行ってきた。レパートリーはバロック音楽から現代音楽までと幅広く、世界で最も異彩を放つ、経験豊富なホルン奏者の一人と看做されている。ラドヴァン・ヴラトコヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • 生沼晴嗣

    生沼晴嗣から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1992年より、読売日本交響楽団ソロ・ヴィオラ奏者に就任。2012年3月退団。生沼晴嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 瀧村依里

    瀧村依里から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    瀧村 依里(たきむら えり 1986年 - )は、兵庫県神戸市生まれのヴァイオリン奏者。読売日本交響楽団第2ヴァイオリン首席、弦楽四重奏団ステラ・クァルテットメンバー。瀧村依里 フレッシュアイペディアより)

  • ギュンター・パッシン

    ギュンター・パッシンから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1982年、ミュンヘン国立音楽大学大学院マイスターコースの教授に就任。ドイツ国内外の多くの学生の指導にあたる。門下生にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団オーボエ奏者クリストフ・ハルトマンそしてライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、バンベルク交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団などのドイツ主要オーケストラで活躍するオーボエ奏者がいる。日本人でも、NHK交響楽団首席オーボエ奏者の茂木大輔、読売日本交響楽団首席奏者の蠣崎耕三、新日本フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者の古部賢一、名古屋フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者の寺島陽介、ブレーメン・フィルハーモニーソロイングリッシュホルン奏者の長岡大輔、ミュンヘン・ゲルトナー劇場イングリッシュホルン奏者 島崎智子などがいる。ギュンター・パッシン フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・アルブレヒト

    ゲルト・アルブレヒトから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1997年12月に読売日本交響楽団と初共演、翌1998年4月に同団の第7代常任指揮者に就任。在任期間中は現代音楽やオペラに積極的に取り組み、「日本人若手作曲家委嘱シリーズ」を開始したほか、グルリットの歌劇「ヴォツェック」の日本初演、ヘンツェの歌劇「午後の曳航」の世界初演、ヤナーチェクの歌劇「運命」の日本初演、同団創立40周年記念公演としてワーグナーの舞台神聖祝典劇「パルジファル」(舞台上演)及び楽劇「ワルキューレ」第1幕(演奏会形式)等、新機軸の公演を次々と行い、グルリット「ヴォツェック」公演では2000年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞した。また2000年と2003年にヨーロッパ演奏旅行を実施したほか、オクタヴィアレコードへベートーヴェンとブラームスの交響曲全集をセッション録音した。2007年3月に3期9年の任期を満了して読売日本交響楽団の常任指揮者を退任し、同団から桂冠指揮者の称号を授与された。その後も同団とは2008年7月、2011年2月、2012年6月に共演した。ゲルト・アルブレヒト フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・フォンク (指揮者)

    ハンス・フォンク (指揮者)から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    日本では、1993年に読売日本交響楽団に客演し、第九を指揮したほか、2001年5月から6月にかけてはNHK交響楽団に客演し、モーツァルトの「セレナータ・ノットゥルナ」、ボワエルデューのハープ協奏曲、シューベルトの「ザ・グレート」を、東京、宇都宮、山形で演奏した。ハンス・フォンク (指揮者) フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーヌ・ヤンセン

    ジャニーヌ・ヤンセンから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    2000年4月にヴァレリー・ゲルギエフ指揮ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の日本ツアーにソリストとして参加し初来日。以後、ミッコ・フランク指揮ベルギー国立管弦楽団(2004年7月)、ロジャー・ノリントン指揮シュトゥットガルト放送交響楽団(2008年1-2月)、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン(2010年11月)、シャルル・デュトワ指揮ボストン交響楽団(2014年5月)の各日本公演に帯同している。日本のオーケストラではNHK交響楽団と2005年1月(ウラディーミル・アシュケナージ指揮)、2009年4月(エド・デ・ワールト指揮)、2012年11月(エド・デ・ワールト指揮)に共演している。また2007年7月には読売日本交響楽団と共演予定であったが、自身の急病により来日はキャンセルされた。この他、2012年11月には日本での初めてのリサイタルを開催し、11月29日にはタワーレコード渋谷店でミニ・コンサートとサイン会も行った。ジャニーヌ・ヤンセン フレッシュアイペディアより)

  • 飯守泰次郎

    飯守泰次郎から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    日本国内では1972年から1976年まで読売日本交響楽団指揮者、1993年から1998年まで、名古屋フィルハーモニー交響楽団常任指揮者。1997年より東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団常任指揮者(2012年4月から桂冠名誉指揮者)。2001年より関西フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者、2011年より桂冠名誉指揮者。飯守泰次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小林愛実

    小林愛実から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    国内では、九州交響楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団と共演。小林愛実 フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・クレンツ

    ヤン・クレンツから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    ポーランド放送交響楽団時代の1963年に、手兵と初来日を果たし、その後度々来日して読売日本交響楽団、札幌交響楽団を指揮している。ただ1973年に予定されていたドレスデン国立歌劇場管弦楽団との日本公演は急病によりキャンセルされ、代役となったヘルベルト・ブロムシュテットの日本デビューとなった。ヤン・クレンツ フレッシュアイペディアより)

186件中 51 - 60件表示

「読売日本交響楽団」のニューストピックワード

  • JZ Brat SOUND OF TOKYO

  • フューチャーリスティック・ピアノ・プロジェクト

  • 三代目J Soul Brothers 山下健二郎のオールナイトニッポン