186件中 61 - 70件表示
  • 皇紀2600年奉祝曲

    皇紀2600年奉祝曲から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1945年の日本の敗戦とその後の情勢の変化により、奉祝曲(ブリテン作品も含む)の運命も変化することになった。奉祝曲そのものは奉祝会の後身団体である「光華会」から東京芸術大学図書館(総譜)とNHK(パート譜)に寄贈された。また、シュトラウスの曲は判明しているだけでも20世紀中には少なくとも日本では5回演奏されたようである(1955年、1958年:N響、1988年:読売日本交響楽団、1999年?2000年:仙台フィルハーモニー管弦楽団。仙台フィルは同年の海外公演でも取り上げている)。また、ウラディーミル・アシュケナージ指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団によって同曲のデジタルによる初レコーディングが1998年に行われ、2007年1月26日にSACDとしてエクストンレーベルからリリースされた。皇紀2600年奉祝曲 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・ヴァイル

    ブルーノ・ヴァイルから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    これまでにベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、バイエルン国立管弦楽団、ドレスデン・シュターツカペレ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団、ロサンジェルス・フィルハーモニック、モントリオール交響楽団、エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団、フランス国立管弦楽団、イギリス室内管弦楽団、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、ボストン交響楽団、サンフランシスコ交響楽団、シドニー交響楽団、セントポール室内管弦楽団など、世界の数多くのオーケストラを指揮している。ブルーノ・ヴァイル フレッシュアイペディアより)

  • 吉田恭子 (ヴァイオリニスト)

    吉田恭子 (ヴァイオリニスト)から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    ソリストとして、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団などと共演。吉田恭子 (ヴァイオリニスト) フレッシュアイペディアより)

  • 第2日本テレビ

    第2日本テレビから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    「読響Symphonic Live〜深夜の音楽会」読売日本交響楽団の演奏をノーカット配信。第2日本テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 芳志戸幹雄

    芳志戸幹雄から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    私の音楽会(1980年5月24日 日本テレビ) 第186回 - フォルカー・レニッケ指揮読売日本交響楽団との共演で、ピッツィーニの『三姉妹のためのギター協奏曲』とロドリーゴの『アランフェス協奏曲』を演奏。(1980年4月16日、東京郵便貯金会館大ホールで収録)芳志戸幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • 放送管弦楽団

    放送管弦楽団から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    日本では、NHKの放送管弦楽団(NHK交響楽団、東京放送管弦楽団他)が有名であるほか、日本テレビ放送網・讀賣テレビ放送が読売日本交響楽団に出資している。この他、かつては東京放送(TBS・現:東京放送ホールディングス)が東京交響楽団、フジテレビジョン(現:フジ・メディア・ホールディングス)・文化放送が日本フィルハーモニー交響楽団とそれぞれ専属契約を交わしていたが、TBSは1964年に、フジテレビ・文化放送は1972年に契約を打ち切っている。放送管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 石川星太郎

    石川星太郎から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    2014年 読響シンフォニックライブの公開収録にて 読売日本交響楽団を指揮。大学在学中に助手に就任。石川星太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 原田英代

    原田英代から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    NHK交響楽団、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、ケルンWDR交響楽団、南西ドイツ・フィルハーモニー交響楽団、トリノ・イタリア放送交響楽団、ジョルジェ・エネスク交響楽団、チェコ・ナショナル交響楽団等、国内外のオーケストラと協演を重ねた、世界各地の音楽祭にも出演した。原田英代 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の皇紀二千六百年に寄せる祝典曲

    日本の皇紀二千六百年に寄せる祝典曲から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    戦後の日本で(20世紀中)、この曲は演奏会において、少なくとも5回演奏されたようである。列挙すると、1955年(昭和30年)、1958年(昭和33年):N響、1988年(昭和63年):読売日本交響楽団・指揮:モーシェ・アツモン、1999年(平成11年)?2000年(平成12年):仙台フィルハーモニー管弦楽団となる。仙台フィルは同年の海外公演でも取り上げている。また、ウラディーミル・アシュケナージ指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団によって同曲のデジタルによる初レコーディングが1998年(平成10年)に行われ、2007年(平成19年)1月26日にSACDとしてエクストンレーベルからリリースされた。日本の皇紀二千六百年に寄せる祝典曲 フレッシュアイペディアより)

  • 読響Symphonic Live〜深夜の音楽会

    読響Symphonic Live〜深夜の音楽会から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    読売日本交響楽団の主催公演にカメラを入れて収録するほか、日本テレビ主催による「公開録画」が1年度に3回行われた。「公開録画」の観客は、事前応募による招待制である。読響Symphonic Live〜深夜の音楽会 フレッシュアイペディアより)

186件中 61 - 70件表示

「読売日本交響楽団」のニューストピックワード