186件中 81 - 90件表示
  • 岡田博美

    岡田博美から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    富山県出身。安藤仁一郎、森安芳樹、マリア・クルチオ等に師事する。桐朋学園大学を首席で卒業。1984年よりイギリス・ロンドン在住。1985年、ロンドンでデビューリサイタルを行う。その後ロンドンを中心に世界各地で演奏活動を続ける。オーケストラとはこれまでフィルハーモニア管弦楽団、BBC交響楽団をはじめ、日本国内ではNHK交響楽団、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団ほかと共演。トッパンホールでは2008年シリーズ〈おとなの直球勝負〉に出演し、ウェーベルン「ピアノのための変奏曲」とバッハ「ゴルトベルク変奏曲」を演奏する。岡田博美 フレッシュアイペディアより)

  • エンリケ・ガルシーア・アセンシオ

    エンリケ・ガルシーア・アセンシオから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1980年には初来日して読売日本交響楽団を指揮したほか、1981年にはイギリス室内管弦楽団を指揮してイギリス・デビューを果たしている。1998年から2001年までスペイン放送交響楽団の首席指揮者のポストに舞い戻り、2001年からはマドリード市吹奏楽団の首席指揮者を務めている。エンリケ・ガルシーア・アセンシオ フレッシュアイペディアより)

  • エイヴィン・グルベルグ=イェンセン

    エイヴィン・グルベルグ=イェンセンから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    日本での活動は、2012年7月にパシフィック・ミュージック・フェスティバル (PMF) に客演指揮者として参加したほか、2015年5月にサントリーホール 読売日本交響楽団第548回定期演奏会、同年11月に新国立劇場オペラパレス プッチーニ歌劇「トスカ」(合唱:新国立劇場合唱団、管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団)、2016年2月にサントリーホール 新日本フィルハーモニー交響楽団第555回定期演奏会などでの指揮が決まっている。エイヴィン・グルベルグ=イェンセン フレッシュアイペディアより)

  • ロヴロ・フォン・マタチッチ

    ロヴロ・フォン・マタチッチから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    NHK放送開始40周年記念事業として、それまで4度招聘していた「イタリア歌劇団」と同様に、指揮者・歌手を招聘し、日本側で合唱団や各種スタッフ、さらにオーケストラをN響が受け持つ「スラブ歌劇団」の指揮者陣の一人としてミラン・ホルヴァート(1919年 - 2014年)、オスカー・ダノン(1912年 - 2009年)とともに初の訪日(その前に、読売日本交響楽団が招聘に動いたこともある)。マタチッチはムソルグスキーの「ボリス・ゴドゥノフ」と慈善演奏会の数曲を指揮した。その初練習の際、数小節指揮したところで「なんていい音を出すんだろう!」とN響を絶賛。以後、N響と強い絆で結ばれることとなる。ロヴロ・フォン・マタチッチ フレッシュアイペディアより)

  • 午後の曳航

    午後の曳航から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    読売日本交響楽団第420回定期演奏会午後の曳航 フレッシュアイペディアより)

  • 三石精一

    三石精一から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1969年 読売日本交響楽団を指揮、第1回リサイタル開催三石精一 フレッシュアイペディアより)

  • ヴラディミール・ヴァーレク

    ヴラディミール・ヴァーレクから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    プラハ音楽アカデミーを卒業後、指揮者として活動。1985年にプラハ放送交響楽団の首席指揮者に就任し、2011年まで25年以上にわたり同職にあった。この間、スプラフォン、ポニーキャニオンなどにドヴォルザークやチャイコフスキーの交響曲全集など多くの録音を行ったほか、日本や欧米でも積極的に公演を行っており、最近では2008年にプラハ放送響とのコンビで来日し、スメタナの「わが祖国」全曲などを演奏している。2004年から2007年にかけてスロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めたが、この時は前任のイルジー・ビエロフラーヴェクが芸術監督、前々任のオンドレイ・レナールトも音楽監督として留任しているという奇妙な体制であった。日本では、2004年から2008年にかけて大阪シンフォニカー交響楽団の首席客演指揮者を務めたほか、日本フィルハーモニー交響楽団や読売日本交響楽団にも客演している。ヴラディミール・ヴァーレク フレッシュアイペディアより)

  • アラム・ハチャトゥリアン

    アラム・ハチャトゥリアンから見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    1963年 - 来日。京都市交響楽団、結成直後の読売日本交響楽団と共演する。アラム・ハチャトゥリアン フレッシュアイペディアより)

  • 大和田雅洋

    大和田雅洋から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    これまで、東京佼成ウインドオーケストラ、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団等のオーケストラのサクソフォーン奏者として活動歴がある。大和田雅洋 フレッシュアイペディアより)

  • グレの歌

    グレの歌から見た読売日本交響楽団読売日本交響楽団

    世界初演はフランツ・シュレーカーの指揮により、1913年2月23日にウィーンにおいて行われた。リハーサルでホルン奏者が席を蹴って演奏を拒否したとも伝えられたが、シェーンベルクの作品には珍しく、聴衆からも評論家からも支持され、非常な成功を収めた。しかし、すでに新しい音楽語法を探究していたシェーンベルクは、後に「この作品が聴衆に受けることは分かっていた」と回想しただけで、知られている限りでは特にその成功を喜んでいた節は見受けられない。最初の録音はレオポルド・ストコフスキーによって1932年によって行われた。日本初演は、1967年6月15日、若杉弘指揮、読売日本交響楽団他による。グレの歌 フレッシュアイペディアより)

186件中 81 - 90件表示

「読売日本交響楽団」のニューストピックワード