223件中 91 - 100件表示
  • 下諏訪温泉

    下諏訪温泉から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪大社の下社(春宮、秋宮)の周りや諏訪湖湖畔に約20軒の旅館が存在する。宿場町だった事から、かつての本陣などの建物や古い外観の旅館などが町並みを形成している。下諏訪温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖スタジアム

    諏訪湖スタジアムから見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖畔に位置し、諏訪湖流域下水道の終末処理場に隣接する諏訪中央公園内にある。諏訪湖スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • トロと旅する

    トロと旅するから見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖畔(6月27日〜7月1日)トロと旅する フレッシュアイペディアより)

  • 河川信仰

    河川信仰から見た御神渡り諏訪湖

    日本人の場合、川自体を信仰する気持ちももちろんあるのだが、諏訪湖などでは冬季に氷結した水面にできるひび割れを御神渡りとしありがたがる信仰や、北海道の摩周湖では「霧」を神秘としている。洪水を大蛇や龍に見立てて畏怖する信仰している事も多い。出雲大社に伝わる八岐大蛇の伝承は、河川の洪水を八岐大蛇に見立てたとする説もある。河川信仰 フレッシュアイペディアより)

  • 池の平 (浜松市)

    池の平 (浜松市)から見た諏訪湖諏訪湖

    桜ヶ池に住む竜神が諏訪湖に赴く際、池の平で休息するという。池の平 (浜松市) フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪郵便局

    諏訪郵便局から見た諏訪湖諏訪湖

    図案は『諏訪湖間欠泉センター』・『ヨット』・『ニッコウキスゲ』・『霧ヶ峰高原』諏訪郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 徳山ダム

    徳山ダムから見た諏訪湖諏訪湖

    ダムの型式は中央土質遮水壁型ロックフィルダムで、堤高は161mである。ダムの高さとしては黒部ダム(黒部川)の186m、高瀬ダム(高瀬川)の176mに次いで日本第3位でありロックフィルダムとしては高瀬ダムに次いで第2位、多目的ダムとしては日本一の高さである。堤体積では滋賀県に建設中である丹生ダム(高時川)に次ぎ日本第2位。ダム建設によって出現する人造湖は総貯水容量が6億6,000万m3と、これまで日本一だった奥只見ダム(只見川)の6億100万m3をも上回った。これは浜名湖(静岡県)の容量の約2倍、東京ドーム単位で約532個分であり、湛水面積1,300haも諏訪湖(長野県)に匹敵し雨竜第一ダム(朱鞠内湖。2,373.0ha)・夕張シューパロダム(シューパロ湖。1,510.0ha)に次いで日本第3位となる。多目的ダムとしては日本一の規模であり、大ダム建設の可能地点が稀少化し巨大ダム建設に対する世論が厳しい現状では事実上日本最後の巨大ダム建設となるものと見られる。総費3,500億円も日本最大である。徳山ダム フレッシュアイペディアより)

  • 横田元綱

    横田元綱から見た諏訪湖諏訪湖

    元治元年(1864年)、天狗党の幹部藤田小四郎の呼びかけにより、父と共に筑波山挙兵に参加。天狗党の西行に同行し、元治元年11月20日(1864年12月18日)に信州諏訪湖近くの和田峠において高島藩・松本藩兵と交戦。元綱は戦闘で敵の首級2つを取ったものの、敵弾を受けて重傷を負う。これ以上同行出来ぬと悟り、敵に首級を渡すまいと父に介錯を頼んだが、父は己が手を下すに忍びず、同門の松井四郎に介錯を依頼し切腹した。横田元綱 フレッシュアイペディアより)

  • 塩尻峠の戦い

    塩尻峠の戦いから見た諏訪湖諏訪湖

    塩尻峠は現在の長野県塩尻市・岡谷市の境に所在し、甲斐・信濃国境に近い。諏訪湖の北西にあたる。塩尻峠の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 峠の国盗り綱引き合戦

    峠の国盗り綱引き合戦から見た諏訪湖諏訪湖

    海のない信州軍は「信州に海を!」を目標に掲げている。しかし会場から太平洋までの距離は約67キロあるため、「国境」を海まで移動させるには、計算上信州軍は約6万7000連勝しなければならない。また、信州軍が仮に9万連敗した際には諏訪湖を遠州軍に盗られてしまう。峠の国盗り綱引き合戦 フレッシュアイペディアより)

223件中 91 - 100件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード