184件中 101 - 110件表示
  • 美しい日本の歩きたくなるみち500選

    美しい日本の歩きたくなるみち500選から見た諏訪湖諏訪湖

    ファイル:Lake Suwa04bs3200.jpg|諏訪湖一周のみち美しい日本の歩きたくなるみち500選 フレッシュアイペディアより)

  • 相模ダム

    相模ダムから見た諏訪湖諏訪湖

    相模川は古来より度々水害に見舞われ、治水が急務であった。その一方で横浜市や湘南地域は人口が急増し新規の上水道補給が必要になった。こうした経緯から神奈川県は1933年(昭和8年)より相模川の総合利水計画を進めるための調査を開始していたが、折から物部長穂が提案した「河水統制計画案」が内務省によって採用され、1935年(昭和10年)に鬼怒川・奥入瀬川・浅瀬石川・小丸川・諏訪湖等7河川1湖沼を対象に「河水統制事業」を立案した。これは現在の「河川総合開発事業」の原点であるが、この事業で相模川も対象となった。相模ダム フレッシュアイペディアより)

  • 長野県岡谷南高等学校

    長野県岡谷南高等学校から見た諏訪湖諏訪湖

    校舎は諏訪湖の近くにあり、八ヶ岳も見える。長野県岡谷南高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中日本

    中日本から見た諏訪湖諏訪湖

    日本を「東日本」と「西日本」で二分する場合、各種文化面、方言学上の親不知?浜名湖線並びに東京駅?大阪(梅田)駅間の直線距離及び東京大手町(東経139度46分)?大阪梅田(東経135度30分)間の経度の中間線(中津川がほぼ東京駅と大阪(梅田)駅のほぼ中間に位置、浜名湖今切口では東経137度36分)に基づき、新潟・長野・静岡の各県以東を東日本とし、富山・岐阜・愛知の各県以西を西日本と分けることや糸魚川静岡構造線(親不知?諏訪湖?安倍川)で分けることが多い。中日本 フレッシュアイペディアより)

  • 小野峠

    小野峠から見た諏訪湖諏訪湖

    江戸時代には木曽谷と諏訪湖とを結ぶ重要な峠であった。初期中山道開設時の本道は、木曽の贄川宿から牛首峠を越え、この峠から下諏訪宿に至る道だったが、難所続きの道であったため塩尻宿経由の迂回路に変更された歴史をもつ。急勾配であるため中央本線もこの峠を迂回して敷設された。小野峠 フレッシュアイペディアより)

  • 湖池屋

    湖池屋から見た諏訪湖諏訪湖

    創業者である小池和夫の出身地長野県諏訪市において、諏訪湖があった。その諏訪湖のように会社も大きくさせたいという理由で、創業者の「小池」の小を湖に変え、湖池屋とした。湖池屋 フレッシュアイペディアより)

  • 奈川渡ダム

    奈川渡ダムから見た諏訪湖諏訪湖

    1969年(昭和44年)11月、3ダム完成を祝ってしゅん工式が催された。完成した奈川渡ダムは高さが155メートル、同じアーチ式コンクリートダムとして富山県・黒部川上流の黒部渓谷にある黒部ダム(関西電力)の186メートルに次ぐ日本第2位の高さを誇った。その後、奈川渡ダムよりもわずか1メートル高い温井ダムが完成し、現在では日本で3番目に高いアーチ式コンクリートダムである。水殿ダム・稲核ダムもまた奈川渡ダムと同様にアーチダムであり、同じ河川にアーチダムが3箇所も存在するのは犀川のみ。ダム湖である梓湖(あずさこ)は総貯水容量が1億2,300万立方メートルであり、長野県最大の湖である諏訪湖の2杯分の水が貯えられる。これは信濃川水系のダムの中で最大である。この水は膨大な量の電気を発生させるだけにとどまらず、下流に広がる農地4,000ヘクタールを潤す農業用水としても利用されている。奈川渡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 強歩大会

    強歩大会から見た諏訪湖諏訪湖

    その他にも長坂駅から諏訪湖まで45,8km(女子は青柳駅までの30km)を走る県立韮崎高校や、身延山頂上まで山道を駆け登っていた県立身延高校など、厳しい距離やコースを取り入れる学校が多い。強歩大会 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田の火祭

    吉田の火祭から見た諏訪湖諏訪湖

    また、富士道場とも呼ばれ、今日の火祭祭礼にも深く関わる上吉田の時宗西念寺にも、次のような火祭の起源伝承が残されている。昔、西念寺の僧が諏訪へ修行に行き帰る際、木の枝を折って作った竜神を諏訪神社に祀り、その竜神を杖の頭に入れて燃やしたのが火祭であったという。また、『古事記』上巻によれば、諏訪大社の祭神、建御名方神が国譲りの力比べで負け、信濃の諏訪湖へ追い込まれた際の夜戦で松明を燃やしたところ、相手側の軍は無数の炎を援兵と見て退散したと伝わっており、これが7月21日の夜であったという。このように上吉田では、諏訪明神 - 蛇 - 西念寺 - 火祭という関連で考えられてきた。吉田の火祭 フレッシュアイペディアより)

  • 徳山ダム

    徳山ダムから見た諏訪湖諏訪湖

    ダムの型式は中央土質遮水壁型ロックフィルダムで、堤高は161メートルである。ダムの高さとしては黒部ダム(黒部川)の186メートル、高瀬ダム(高瀬川)の176メートルに次いで日本第3位でありロックフィルダムとしては高瀬ダムに次いで第2位、多目的ダムとしては日本一の高さを誇る。堤体積では滋賀県に建設中である丹生ダム(高時川)に次ぎ日本第2位。ダム建設によって出現する人造湖は総貯水容量が6億6,000万立方メートルと、これまで日本一だった奥只見ダム(只見川)の6億100万立方メートルをも上回った。これは浜名湖(静岡県)の容量の約2倍、東京ドームの約532個分であり、湛水面積1,300ヘクタールも諏訪湖(長野県)に匹敵し雨竜第一ダム(朱鞠内湖。2,373.0ヘクタール)・夕張シューパロダム(シューパロ湖。1,510.0ヘクタール)に次いで日本第3位となる。多目的ダムとしては日本一の規模を誇り、大ダム建設の可能地点が稀少化し巨大ダム建設に対する世論が厳しい現状では事実上日本最後の巨大ダム建設となるものと見られる。総費3,500億円も日本最大である。徳山ダム フレッシュアイペディアより)

184件中 101 - 110件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード