223件中 101 - 110件表示
  • 大中湖

    大中湖から見た諏訪湖諏訪湖

    大中湖は琵琶湖中央部の東岸に位置し、沖合約2kmには琵琶湖最大の島である沖島が浮かんでいる。大中湖と琵琶湖は砂州で区切られており、湖面標高84mの琵琶湖に対して大中湖の湖面標高は81mだった。直径4kmのほぼ円形であり、隣接して小中湖(伊庭内湖、安土内湖、西ノ湖の総称)があった。湖底は平坦で浅く、水深は最大でも2.7mしかなかった。面積は15.4km2であり、諏訪湖(長野県)よりもやや大きく、大中湖同様に干拓された巨椋池(京都府南部)の約2倍だった。周囲一帯は内陸性気候であり、冬期には他の湖東地域よりも積雪が多い。大中湖 フレッシュアイペディアより)

  • 湖畔の宿 (曲)

    湖畔の宿 (曲)から見た諏訪湖諏訪湖

    歌詞の中では、「湖」がどこであるのかは具体的な言及はない。当時から曲の舞台についてはさまざまな憶測がなされ、諏訪湖(長野県)、浜名湖(静岡県)、山中湖(山梨県)などが候補とされてきた。歌い手の高峰は芦ノ湖(神奈川県)をイメージしていた。湖畔の宿 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 湖沼

    湖沼から見た諏訪湖諏訪湖

    地殻の一部が分断されて上下にずれると高低差が生じて窪地が形成される。単一の断層によって形成される場合(例:アルバート湖)と、多数の断層によって形成される場合(例:バイカル湖、タンガニーカ湖、死海、琵琶湖)とがある。地殻が左右にずれる断層においても断層線が曲線状になっている場合には食い違いによって窪地が形成されることがある(例:ネス湖、諏訪湖)。断層湖(だんそうこ)と呼ばれる。湖沼 フレッシュアイペディアより)

  • 桜ヶ池 (御前崎市)

    桜ヶ池 (御前崎市)から見た諏訪湖諏訪湖

    桜ヶ池に沈めたお櫃が、同じく竜神伝説の残る長野県の諏訪湖に浮いたことがあるとされ、諏訪湖と地底でつながっているという言い伝えがある。これに関連して、静岡県浜松市の池の平では7年周期で池(幻の池)が湧くという不可思議な現象が起こるが、これは桜ヶ池の竜神が諏訪湖に赴く際に休息するためであるという言い伝えがある。桜ヶ池 (御前崎市) フレッシュアイペディアより)

  • フィギュアスケートの歴史

    フィギュアスケートの歴史から見た諏訪湖諏訪湖

    1914年(大正3年)に河久保子朗がアメリカ人のジョージ・ブラウンの著書(A handbook of Figure Skating)を翻訳出版し、2年後の1916年(大正5年)にはさらに内容を充実させた「氷滑」を出版したことでフィギュアスケートが広く知れ渡るようになり、愛好家が急増した。1920年(大正9年)、河久保は仙台・東京・諏訪・関西の有志とともに、日本初のスケート統括団体である「日本スケート会」を設立した。1922年(大正11年)には長野県で第1回全日本競技会を開催し、1925年には国際スケート連盟に加盟した。フィギュアスケートの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ノロ (ミジンコ)

    ノロ (ミジンコ)から見た諏訪湖諏訪湖

    日本の場合、本州では赤谷湖、霞ヶ浦、相模湖、富士五湖、諏訪湖、余呉湖、水月湖、天ヶ瀬ダムなど規模の大きい湖に多いが、北海道ではサロベツ原野、雨竜沼湿原、トムラウシ山湖沼群など、浅い湿原にも出現する。ノロ (ミジンコ) フレッシュアイペディアより)

  • 宮川

    宮川から見た諏訪湖諏訪湖

    宮川 (天竜川水系) - 長野県諏訪市・茅野市・諏訪郡富士見町を流れる天竜川(諏訪湖)水系の一級河川。宮川 フレッシュアイペディアより)

  • 結氷

    結氷から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖 - 条件のよい年には厚い氷が全体を覆い、膨張した湖氷が圧縮されて盛り上がる「御神渡り」が有名である。結氷 フレッシュアイペディアより)

  • 下諏訪青塚古墳

    下諏訪青塚古墳から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖北方の下諏訪地域において、西に突き出す丘陵の突端部に位置する。諏訪大社下社秋宮の近くに所在し、古墳域は諏訪大社の社有地に含まれる。下諏訪青塚古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田の火祭

    吉田の火祭から見た諏訪湖諏訪湖

    また、富士道場とも呼ばれ、今日の火祭祭礼にも深く関わる上吉田の時宗西念寺にも、次のような火祭の起源伝承が残されている。昔、西念寺の僧が諏訪へ修行に行き帰る際、木の枝を折って作った竜神を諏訪神社に祀り、その竜神を杖の頭に入れて燃やしたのが火祭であったという。また、『古事記』上巻によれば、諏訪大社の祭神、建御名方神が国譲りの力比べで負け、信濃の諏訪湖へ追い込まれた際の夜戦で松明を燃やしたところ、相手側の軍は無数の炎を援兵と見て退散したと伝わっており、これが7月21日の夜であったという。このように上吉田では、諏訪明神 - 蛇 - 西念寺 - 火祭という関連で考えられてきた。吉田の火祭 フレッシュアイペディアより)

223件中 101 - 110件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード