223件中 121 - 130件表示
  • 2013年の気象・地象・天象

    2013年の気象・地象・天象から見た御神渡り諏訪湖

    1月22日 ? 長野県の諏訪湖で御神渡りを確認。2013年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 相模ダム

    相模ダムから見た諏訪湖諏訪湖

    相模川は古来より度々水害に見舞われ、治水が急務であった。その一方で横浜市や湘南地域は人口が急増し新規の上水道補給が必要になった。こうした経緯から神奈川県は1933年(昭和8年)より相模川の総合利水計画を進めるための調査を開始していたが、折から物部長穂が提案した「河水統制計画案」が内務省によって採用され、1935年(昭和10年)に鬼怒川・奥入瀬川・浅瀬石川・小丸川・諏訪湖等7河川1湖沼を対象に「河水統制事業」を立案した。これは現在の「河川総合開発事業」の原点であるが、この事業で相模川も対象となった。相模ダム フレッシュアイペディアより)

  • 秩父帯

    秩父帯から見た諏訪湖諏訪湖

    長野県佐久穂町?南相木村、長野県南牧村から諏訪湖付近を経て中央構造線に平行に南下し、飯田市上村のしらびそ高原、そして水窪付近で中央構造線と交わり、豊橋市、渥美半島などで見られる。秩父帯 フレッシュアイペディアより)

  • 特産品

    特産品から見た諏訪湖諏訪湖

    こういった特産品が発達する背景には、現地の気候や風土といったものから、特定の産業として発達する歴史的な経緯、あるいは流通の都合など近隣地域との地理条件など様々な要因が挙げられ、更にはそれらが密接に関係しあっている例も珍しくはない。例えば日本において精密機械工業では諏訪湖周辺(長野県参照)のそれがよく知られ、「東洋のスイス」の異名があり、そのスイスも機械式時計や光学機器など精密機械の産業が盛んである。特産品 フレッシュアイペディアより)

  • 渓斎英泉

    渓斎英泉から見た諏訪湖諏訪湖

    画像-8 :『木曾道中 塩尻峠 諏訪ノ湖水眺望』  塩尻宿、諏訪湖渓斎英泉 フレッシュアイペディアより)

  • 富士見町

    富士見町から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪地域の東端、八ヶ岳と赤石山脈(南アルプス)北端の入笠山に挟まれた、標高900?1400メートルの高原地帯に位置し、山梨県と県境を接する。富士川水系と天竜川水系の分水界があり、富士川の上流の釜無川や立場川が南東方向に、諏訪湖に注ぐ宮川が北西方向に流れる。標高が高いため、夏は冷涼で、冬の寒さは厳しい。ケッペンの気候区分では亜寒帯湿潤気候に属する。富士見町 フレッシュアイペディアより)

  • 神社

    神社から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖の南北に上下社があり、上社は建御名方神と妻の八坂刀売命、下社は二神に加え兄神事代主神を配祀するが、民間では上社に男神、下社に女神とされる。さらに上社は本宮・前宮、下社は春宮・秋宮に分かれる。神社 フレッシュアイペディアより)

  • 榛名湖

    榛名湖から見た諏訪湖諏訪湖

    歌詞の中では、曲の舞台が具体的にどこの湖であるかは言及されていない。一般には諏訪湖(長野県)、浜名湖(静岡県)、山中湖(山梨県)などが舞台だと解釈されていたし、歌い手の高峰三枝子自身は芦ノ湖(神奈川県)をイメージしていた。榛名湖 フレッシュアイペディアより)

  • 沖浦ダム

    沖浦ダムから見た諏訪湖諏訪湖

    日本の土木技術理論において大正末期から昭和初期に掛けての第一人者であった物部長穂(内務省土木試験所長・東京帝国大学教授)は河川を一貫して開発し、従来別個に行っていた治水事業と利水事業を統合して開発する構想を打ち立てた。この「河水統制計画案」は内務省技官・青山士によって採用され、1935年(昭和10年)より「河水統制事業」として全国七河川一湖沼(諏訪湖)で推進する事とした。後の河川総合開発事業のはしりである。沖浦ダム フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪警察署

    諏訪警察署から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪警察署(すわけいさつしょ)は、長野県警察が管轄する警察署の一つである。本署は諏訪湖畔の地盤沈下や庁舎の老朽化による耐震性不足などを理由に、2009年(平成21年)12月1日より諏訪市四賀の旧庁舎より同市湖畔通り一丁目の新庁舎に移転、業務を開始した。諏訪警察署 フレッシュアイペディアより)

223件中 121 - 130件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード