223件中 131 - 140件表示
  • 河川総合開発事業

    河川総合開発事業から見た諏訪湖諏訪湖

    調査の結果、奥入瀬川・浅瀬石川・鬼怒川・江戸川・相模川・錦川・小丸川の7河川と諏訪湖が第一次の河水統制事業対象河川となった。これに伴って多目的ダムの建設が日本においても本格的に行われ出し、沖浦ダム(浅瀬石川)・向道ダム(錦川)・相模ダム(相模川)等のダムが計画・建設されるようになり1940年(昭和15年)には向道ダムが国内で初めて完成・運用された。これらの事業は何れも都道府県が事業主体で、国庫補助を受けながら行われており後の補助多目的ダム事業へと繋がっていく。湖沼に関しても日本最大の琵琶湖を始め猪苗代湖・青木湖等で治水と水力発電、灌漑を目的に電力会社等との共同事業として事業が進められた。河川総合開発事業 フレッシュアイペディアより)

  • 下諏訪岡谷バイパス

    下諏訪岡谷バイパスから見た諏訪湖諏訪湖

    下諏訪町・岡谷市周辺は、諏訪湖など県内有数の観光地・精密機械など工業地域であり、様々な交流が盛んな地域である。しかし、同地域国道沿道は道路標準幅員8.0mと狭隘区間が続いて家屋も密集し、西大路口交差点を中心に慢性的な交通渋滞が発生しており、こうした定時制・安全性における諸問題に対処すべくこの道路は計画された。下諏訪岡谷バイパス フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪バイパス

    諏訪バイパスから見た諏訪湖諏訪湖

    将来的には、起点側(甲府・東京方面)で接続する坂室バイパスや、終点側(岡谷方面)で接続する下諏訪岡谷バイパスと一体的に諏訪地域における広域ネットワークを形成し、諏訪湖を挟んで南側を通る中央道と北側を通る国道20号とでダブルネットワークが構築される予定である。諏訪バイパス フレッシュアイペディアより)

  • フィギュアスケート

    フィギュアスケートから見た諏訪湖諏訪湖

    日本のフィギュアスケート発祥地は仙台市の五色沼(仙台城の堀)とされるが、その始まりは1897年(明治30年)頃とする説と1905年(明治38年)頃とする説とがある。1922年(大正11年)2月11日、日本初のフィギュアスケート公式試合が下諏訪リンクで行われた(全日本フィギュアスケート選手権参照)。フィギュアスケート フレッシュアイペディアより)

  • 湖池屋

    湖池屋から見た諏訪湖諏訪湖

    創業者である小池和夫の出身地である長野県諏訪市にある諏訪湖のように会社も大きくさせたいという理由で、「小池」の小を湖に変え、湖池屋とした。湖池屋 フレッシュアイペディアより)

  • オンパク

    オンパクから見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖周辺(長野県)(信州諏訪温泉泊覧会ズーラ)オンパク フレッシュアイペディアより)

  • 波の塔

    波の塔から見た諏訪湖諏訪湖

    女子大を卒業し、一人旅の最中、諏訪湖近くの古代遺跡で小野木に会い、以後小野木のことが気になってゆく。波の塔 フレッシュアイペディアより)

  • 登録有形民俗文化財

    登録有形民俗文化財から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖の漁撈用具及び船大工用具 904点(長野県 下諏訪町立諏訪湖博物館) 2009年3月11日登録 - 生産、生業関係登録有形民俗文化財 フレッシュアイペディアより)

  • 高島城

    高島城から見た諏訪湖諏訪湖

    城郭の形式は連郭式平城である。かつては諏訪湖に突き出した水城で「諏訪の浮城(すわのうきしろ)」と呼ばれていたが、江戸時代初めに諏訪湖の干拓が行われ、水城の面影は失われた。しかし、浮城の異名を持っていたことから日本三大湖城の一つに数えられている。高島城 フレッシュアイペディアより)

  • 三波川変成帯

    三波川変成帯から見た諏訪湖諏訪湖

    分布は関東山地から一旦フォッサマグナにより寸断され、長野県諏訪湖南方の上伊那地域で再び現れ、天竜川中流域・小渋川を経て紀伊半島、四国、九州の佐賀関に及び、全長約1000kmに達する。さらに広義の三波川変成帯は同様の変成作用を受けている南側の御荷鉾緑色岩帯・秩父変成帯をも含む。さらにその南側に四万十帯が接する。三波川変成帯 フレッシュアイペディアより)

223件中 131 - 140件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード