184件中 11 - 20件表示
  • 南信地方

    南信地方から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖から伊那谷までの天竜川流域一帯を総めた範囲。一般的分類としての南信地方。中央自動車道沿線にあたる。県庁が地域区分をする時や、学校間のスポーツ大会にも用いられる。南信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 八剣神社 (諏訪市)

    八剣神社 (諏訪市)から見た諏訪湖諏訪湖

    当社は元々、諏訪湖中高島の里に鎮座していたが、豊臣秀吉の高島城築城に際し、現在地に遷座した。江戸時代には高島藩諏訪家が居城鎮護の神として崇敬し、明治以降は小和田村の産土神として庶民からの信仰を集め現在に至る。八剣神社 (諏訪市) フレッシュアイペディアより)

  • 天竜川

    天竜川から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖の唯一の出口である長野県岡谷市の釜口水門を源流とする。長野県上伊那郡辰野町から始まる伊那谷を形成し、一部愛知県をかすめ、静岡県へ抜ける。浜松市天竜区二俣町鹿島で平野部に出、浜松市と磐田市との境を成しつつ遠州灘に注ぐ。天竜川 フレッシュアイペディアより)

  • 岡谷駅

    岡谷駅から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖の西のほとりに位置し、古くは製糸業、現在では精密機械工業が盛んで「東洋のスイス」とも呼ばれる岡谷市の中心駅である。標高は766.2m。南東には諏訪湖から唯一流れ出る川、天竜川の起点である釜口水門がある。岡谷駅 フレッシュアイペディアより)

  • 下諏訪町

    下諏訪町から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖や八島ヶ原湿原、下諏訪温泉、諏訪大社などがある観光地かつ門前町。かつては中山道、甲州街道が分岐する宿場として栄えていた。下諏訪町 フレッシュアイペディアより)

  • いま、会いにゆきます

    いま、会いにゆきますから見た諏訪湖諏訪湖

    おそらく諏訪湖。病気のために別れた巧と澪は、湖の花火大会の日に再会する。いま、会いにゆきます フレッシュアイペディアより)

  • 下諏訪温泉

    下諏訪温泉から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪大社の下社(春宮、秋宮)の周りや諏訪湖湖畔に約20件の旅館が存在する。下諏訪温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 観音院 (岡谷市)

    観音院 (岡谷市)から見た諏訪湖諏訪湖

    かつては諏訪大社の社坊であった。中世に諏訪氏の祈願所となった。諏訪湖を見渡せる眺望の良い高台にある。観音院 (岡谷市) フレッシュアイペディアより)

  • あさま (列車)

    あさま (列車)から見た諏訪湖諏訪湖

    「すわ」 - 長野県中部の諏訪盆地にある「諏訪湖」にちなむ。あさま (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 御神渡り

    御神渡りから見た諏訪湖諏訪湖

    御神渡り フレッシュアイペディアより)

184件中 11 - 20件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード