223件中 11 - 20件表示
  • ワカサギ

    ワカサギから見た諏訪湖諏訪湖

    水質が悪い状況や低水温や塩分に対して広い適応力があり、食用魚としての需要も高いことから、日本各地の湖やダムなどでも放流された個体が定着している。1910年代に水産動物学者の雨宮育作が、霞ヶ浦のワカサギを山中湖、諏訪湖へ移植し、各地の湖沼に普及した経緯がある。今や、南西諸島と伊豆・小笠原諸島を除く全国に分布域を広げている。鹿児島が南限とされている。ワカサギ フレッシュアイペディアより)

  • 河川信仰

    河川信仰から見た諏訪湖諏訪湖

    日本の有史、縄文時代より続くアミニズム?古神道においては、八百万の神の考えにより山岳信仰に限らず、野原、森林、あらゆる自然が信仰対象になるが、水源・狩猟・漁撈の場である河川・湖沼・泉・森林・水田などから得られる恵み、雄大な容姿や洪水などに対する畏怖・畏敬の念から、河川や滝、泉、湖沼、井戸、溜池等は、神奈備(かんなび)とされ神や御霊が宿る、あるいは降臨する(神降ろし)場所と信じられ、時として磐座(いわくら)・磐境(いわさか)という常世(とこよ・神の国や神域)と現世(うつしよ)の端境として、祭祀が行われてきた。また、死者の魂(祖霊)が湖沼に帰るという考えもある、戦国武将武田信玄は遺言で諏訪湖に自らの亡骸を沈める事を希望したと伝わる(この他は海上他界、地中他界など)。これらの伝統は神社神道にも残り、洪水の多い暴れ川で知られる利根川(別称坂東太郎)や諏訪民俗の信仰した諏訪湖、アイヌの信仰した釧路川のように、河川や湖沼そのものを信仰している事例もみられる。農村部では水源であることと関連して、大切な水源に対する感謝と畏怖の念から川の神、水神に対する祀りを執り行う事もある。河川信仰 フレッシュアイペディアより)

  • 八剣神社 (諏訪市)

    八剣神社 (諏訪市)から見た諏訪湖諏訪湖

    当社は元々、諏訪湖中にある高島の里(当時の高島村のこと。社があったのは現在の高島城がある場所)に鎮座していたが、豊臣秀吉の高島城築城に際し、現在地に遷座した。江戸時代には高島藩諏訪家が居城鎮護の神として崇敬し、明治以降は小和田村の産土神として庶民からの信仰を集め現在に至る。八剣神社 (諏訪市) フレッシュアイペディアより)

  • 塩尻峠

    塩尻峠から見た諏訪湖諏訪湖

    浮世絵師の歌川広重は、没後の安政6年(1859年)6月に刊行された連作『冨士山十六景』の一枚「信濃塩尻峠」において峠越しに見える諏訪湖と、その彼方に見える富士山を描いている。『冨士三十六景』には同様の構図の「甲斐御坂峠」があり、こちらは御坂峠から見える河口湖と冨士を描いている。塩尻峠 フレッシュアイペディアより)

  • 糸魚川静岡構造線

    糸魚川静岡構造線から見た諏訪湖諏訪湖

    糸魚川静岡構造線(いといがわしずおかこうぞうせん、)とは、親不知(新潟県糸魚川市)から諏訪湖を通って、安倍川(静岡市駿河区)付近に至る大断層線で地質境界でもある。略称は糸静線(いとしずせん)。糸魚川静岡構造線 フレッシュアイペディアより)

  • 下諏訪駅

    下諏訪駅から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖の北に位置する当駅は諏訪大社下社、下諏訪温泉といった観光地の拠点である。標高は767.5メートルで、諏訪湖を取り巻く上諏訪駅、下諏訪駅、岡谷駅の中では最も高い位置にある。駅前には、2本の御柱が建ち、諏訪大社下社の最寄り駅にふさわしい構えである。この御柱は、1998年(平成10年)の長野オリンピック開会式の際、「長野オリンピックスタジアム」の選手入場口に建てられたものである。下諏訪駅 フレッシュアイペディアより)

  • 中央構造線

    中央構造線から見た諏訪湖諏訪湖

    中央構造線は、九州東部から諏訪湖(長野県)付近まではほとんど途切れずに地表トレースが認められる。しかし糸魚川静岡構造線(糸静線)より東のフォッサマグナ地域では、フォッサマグナの海を埋めた新第三紀の堆積岩に覆われている。第四紀に大きく隆起している関東山地では古第三紀以前の基盤岩が露出し、その北縁の群馬県下仁田町に中央構造線が露出している。阿蘇山をはじめとする現在の火山におおわれている。近畿南部から四国にかけては、中央構造線に沿って約360kmにわたり活動度の高い活断層(を参照)が見られ、要注意断層のひとつとされている。中央構造線 フレッシュアイペディアより)

  • いま、会いにゆきます

    いま、会いにゆきますから見た諏訪湖諏訪湖

    おそらく諏訪湖。病気のために別れた巧と澪は、湖の花火大会の日に再会する。いま、会いにゆきます フレッシュアイペディアより)

  • エルシーブイ

    エルシーブイから見た諏訪湖諏訪湖

    アナログ14ch、デジタル702chで放送されており、赤岳の2700m地点の赤岳展望荘からのカメラ映像が放送され、横岳、硫黄岳、阿弥陀岳、中岳、天狗岳、などをはじめとした山並みを見ることができる。また、八ヶ岳全体や、岡谷市やまびこ公園からは、諏訪湖の映像なども放送されている。また、杖突峠にもカメラが追加で設置されて、諏訪市、茅野市、原村の各方向、さらに諏訪湖の様子を見ることができる。また諏訪市の立石公園から諏訪湖の周辺を一望できる。夜間はライブ映像ではなく、以前に撮影された映像を放送している。エルシーブイ フレッシュアイペディアより)

  • 南信地方

    南信地方から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖から伊那谷までの天竜川流域一帯を総めた範囲。一般的分類としての南信地方。中央自動車道沿線にあたる。県庁が地域区分をする時や、学校間のスポーツ大会にも用いられる。南信地方 フレッシュアイペディアより)

223件中 11 - 20件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード