184件中 21 - 30件表示
  • 御神渡

    御神渡から見た諏訪湖諏訪湖

    御神渡 フレッシュアイペディアより)

  • ズームイン信州

    ズームイン信州から見た諏訪湖諏訪湖

    そして1970年にニュースフィルムの自社製作分がカラー化され、初めてカラーテレビ中継車が導入されると2.のスタイルの企画も放送されるようになった。2.スタイルで代表的なのは諏訪湖の汚染の深刻化を訴える連続企画。放送されていた当時諏訪湖では工場からの排水で富栄養化して魚が住めない死の湖と化していた。そういう現状を訴える企画を毎週放送していったがこれがきっかけとなり諏訪湖周辺の市町(岡谷市・諏訪市・諏訪郡下諏訪町)では下水道整備が進み今では長野県一の普及率を誇るようになった。(※ちなみに下水道普及以降の諏訪湖環境浄化キャンペーンは放送当時唯一のライバル局長野放送が行い現在も継続中。)ズームイン信州 フレッシュアイペディアより)

  • 小口太郎

    小口太郎から見た諏訪湖諏訪湖

    科学者以外の彼を有名にしたのは、「琵琶湖周航の歌」の作詞者としてである。1918年、三高ボート部員として琵琶湖周航中、故郷諏訪湖に思いを馳せながら詩情豊かに作詞した「琵琶湖周航の歌」は、吉田千秋(新潟出身、歴史地理学者吉田東伍の次男)の「ひつじぐさ」の原曲により現在まで広く歌われ続けている。この二人はお互いを知らず、26歳と24歳の若さでこの世を去っている。小口太郎 フレッシュアイペディアより)

  • もなむす

    もなむすから見た諏訪湖諏訪湖

    2009年12月 中央自動車道下り諏訪湖SA内で販売もなむす フレッシュアイペディアより)

  • ナガブナ

    ナガブナから見た諏訪湖諏訪湖

    北陸、山陰、長野県諏訪湖、福井県三方五湖に生息しているとされるが詳しいことはわかっていない。ナガブナ フレッシュアイペディアより)

  • サマーナイトファイヤーフェスティバル

    サマーナイトファイヤーフェスティバルから見た諏訪湖諏訪湖

    サマーナイトファイヤーフェスティバル(サマーナイトファイヤーフェスティバル)は、長野県諏訪市の諏訪湖で毎年概ね7月下旬?9月第1金曜日まで毎晩音楽に合わせて打ち上げられる花火大会。ただし8月15日は諏訪湖祭湖上花火大会が行われるため実施されない。サマーナイトファイヤーフェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪市原田泰治美術館

    諏訪市原田泰治美術館から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖の東南岸の湖畔に建っており、原田の描く日本の素朴な風景画や原田の友人の作品などを展示している。諏訪市原田泰治美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥居平やまびこ公園

    鳥居平やまびこ公園から見た諏訪湖諏訪湖

    鳥居平やまびこ公園(とりいだいらやまびここうえん)は、長野県岡谷市の市街地から約2キロメートルのところに位置し、標高950m?1,020mの山間部にある。公園からは諏訪湖とそれを取り巻く岡谷市街地と下諏訪町、諏訪市を眼下に見下ろすことができる優れた景観を有している。また、遠くには八ヶ岳連邦と蓼科山、甲斐駒ケ岳なども見ることができる。鳥居平やまびこ公園 フレッシュアイペディアより)

  • 下諏訪岡谷バイパス

    下諏訪岡谷バイパスから見た諏訪湖諏訪湖

    下諏訪町・岡谷市周辺は、諏訪湖など県内有数の観光地・精密機械など工業地域であり、様々な交流が盛んな地域である。しかし、同地域国道沿道は家屋が密集し幅員が狭く、西大路口交差点を中心に慢性的な交通渋滞が発生しており、こうした状況に対処すべくこの道路は計画された。下諏訪岡谷バイパス フレッシュアイペディアより)

  • 塩嶺

    塩嶺から見た諏訪湖諏訪湖

    塩嶺峠からは東に諏訪湖・八ヶ岳・富士山が、南に南アルプスが、西に中央アルプス・御嶽山が、北に北アルプスという具合に四季折々の信州の360度のパノラマが望める。塩嶺 フレッシュアイペディアより)

184件中 21 - 30件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード