223件中 21 - 30件表示
  • 天竜川

    天竜川から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖の唯一の出口である長野県岡谷市の釜口水門を源流とする。長野県上伊那郡辰野町から始まる伊那谷を形成し、一部愛知県をかすめ、静岡県へ抜ける。浜松市天竜区二俣町鹿島で平野部に出、浜松市と磐田市との境を成しつつ遠州灘に注ぐ。流域は急峻な地形のため古くから「暴れ川」「暴れ天竜」として知られ、多数のダムが存在する。天竜川 フレッシュアイペディアより)

  • あさま (列車)

    あさま (列車)から見た諏訪湖諏訪湖

    「すわ」 - 長野県中部の諏訪盆地にある「諏訪湖」にちなむ。あさま (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 御神渡り

    御神渡りから見た諏訪湖諏訪湖

    御神渡り フレッシュアイペディアより)

  • 御神渡

    御神渡から見た諏訪湖諏訪湖

    御神渡 フレッシュアイペディアより)

  • 東北日本

    東北日本から見た諏訪湖諏訪湖

    関東甲信地方の真ん中を中央構造線が横切っており、糸静線との交点である諏訪湖から霞ヶ浦付近まで屈曲しながら続いているが、群馬県や埼玉県の一部で露頭がみられるほかはほとんどが地下に埋没している。東北日本 フレッシュアイペディアより)

  • 自然詠

    自然詠から見た諏訪湖諏訪湖

    これは、「写生道」、「鍛錬道」を説き、「写生と称するもの外的事象の写生に非ずして内的生命唯一真相の捕捉なり」と言った島木赤彦の歌であるが、単なる自然描写のようではあるが、そうではない。赤彦の住む諏訪湖を望む小高い丘から見ると、湖の沖より氷が解け広がり波打ってくるのが見える。音が聞こえてくるようだ。冬の長かった諏訪にも音を立てて春がそこまできている。春への希望を与える自然の大きな胎動がある。心を揺さぶる歌である。自然詠 フレッシュアイペディアより)

  • 日本陸水学会

    日本陸水学会から見た諏訪湖諏訪湖

    1999年(平成11年)から、学会誌に秀でた論文を発表した者にたいし、日本の陸水学の発展に大いに寄与したが、戦時中の疎開先である真冬の諏訪湖で若くして事故死した吉村信吉の名を冠した「吉村賞」が贈られる。日本陸水学会 フレッシュアイペディアより)

  • 小野峠

    小野峠から見た諏訪湖諏訪湖

    江戸時代には木曽谷と諏訪湖とを結ぶ重要な峠であった。初期中山道開設時の本道は、木曽の贄川宿から牛首峠を越え、この峠から下諏訪宿に至る道だったが、難所続きの道であったため塩尻宿経由の迂回路に変更された歴史をもつ。急勾配であるため中央本線もこの峠を迂回して敷設された。小野峠 フレッシュアイペディアより)

  • あざみ号

    あざみ号から見た諏訪湖諏訪湖

    通年運行。運賃は大人150円・小学生80円の均一制(後払い)、小学校就学前の乳幼児は無料。障害者手帳の提示による割引制度がある。諏訪湖畔の2市1町(諏訪市・岡谷市・下諏訪町)が共同運行するコミュニティバス・スワンバスにも乗り継ぎで利用できる一日乗車券(大人300円・小学生150円)が発売されている。あざみ号 フレッシュアイペディアより)

  • クッシー

    クッシーから見た諏訪湖諏訪湖

    また、湖が凍ると湖面が割れる現象があり、クッシーの仕業ではないかと地元では言われている。これは、「御神渡り」(おみわたり)現象と言われる。同様の現象は諏訪湖でも観察されており、神が通った跡と説明されている。湖面にできた氷が収縮と膨張を繰り返すと、湖面に氷の山ができあがり、一見するとヘビのような形になって湖面を縦断する。屈斜路湖でも、砂湯から10kmに及ぶ長い「御神渡り」が観測されたこともある。アイヌの湖のヘビの伝説もこれから連想されたのではという見方もある。クッシー フレッシュアイペディアより)

223件中 21 - 30件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード