223件中 41 - 50件表示
  • 構造湖

    構造湖から見た諏訪湖諏訪湖

    構造湖(こうぞうこ、)は、湖の成立原因による分類の一つで、地殻の断層運動によって発生した湖のこと。発生原因ゆえ、水深が深く発生した時代も古いものが多く、古代湖と呼ばれるものにほぼ一致する。比較的大規模なものが多く、ネス湖、チチカカ湖、タンガニーカ湖、バイカル湖(ロシア)が代表的。日本では、琵琶湖(滋賀県)、諏訪湖(長野県)、青木湖(長野県)などがこれにあたる。構造湖 フレッシュアイペディアより)

  • 砥川 (長野県)

    砥川 (長野県)から見た諏訪湖諏訪湖

    砥川(とがわ)は、長野県下諏訪町西部を流れる一級河川である。車山に源を発し、諏訪湖へ流入している。砥川 (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • 長野県道50号諏訪辰野線

    長野県道50号諏訪辰野線から見た諏訪湖諏訪湖

    周辺には、諏訪湖などがある。長野県道50号諏訪辰野線 フレッシュアイペディアより)

  • 伊那山地

    伊那山地から見た諏訪湖諏訪湖

    伊那山地(いなさんち)は、南アルプスの西側に平行して南北に延びる標高1,600?1,800mの山域の総称である。伊那谷の人は「伊那山脈」と呼んでいる。その範囲は、諏訪湖の南から、天竜川の佐久間ダム付近にまで及んでおり、地形的には更に天竜川の対岸の弓張山地へと連続している。伊那山地 フレッシュアイペディアより)

  • 片倉兼太郎 (2代目)

    片倉兼太郎 (2代目)から見た諏訪湖諏訪湖

    1922年(大正11年)、ヨーロッパ諸国、アメリカ合衆国、中南米を長期視察する。1923年(大正12年)、福島紡織が郡山の片倉製糸紡績岩代紡績所を買収して日東紡績と商号変更するかたちで、同社を設立する。1928年(昭和3年)、諏訪湖畔に「片倉館」を開設する。製糸業から発展し、片倉財閥を形成した。片倉兼太郎 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 湖沼型

    湖沼型から見た諏訪湖諏訪湖

    リンや窒素といった栄養塩類濃度が高く、生物生産活動が極めて活発。その一方、植物プランクトンの大発生などが発生して、水質汚濁が起きやすく水利用に対して支障をきたすこともある。OECDによる栄養レベルによる調和型湖沼の分類基準では、リン濃度が35?100mg/m³、クロロフィルa濃度が平均8?25mg/m³、最高値が25?75mg/m³、透明度が平均1.5?3m、最低値が0.7?1.5m程度の湖を指す。日本では、サロマ湖や諏訪湖、中海などが該当する。湖沼型 フレッシュアイペディアより)

  • タモロコ

    タモロコから見た諏訪湖諏訪湖

    スワモロコ(Gnathopogon elongatus suwae Jordan and Hubbs, 1925) は1960年代に絶滅したとされる、諏訪湖固有種。絶滅の原因としては、生息地に移植されたホンモロコとの種間競争に敗れた事などが挙げられる。タモロコ フレッシュアイペディアより)

  • ゼニタナゴ

    ゼニタナゴから見た諏訪湖諏訪湖

    かつて霞ヶ浦からの二枚貝移植に随伴して一時定着したとされる諏訪湖・天竜川水系のほか、琵琶湖でも確認記録がある。ゼニタナゴ フレッシュアイペディアより)

  • ナガブナ

    ナガブナから見た諏訪湖諏訪湖

    北陸、山陰、長野県諏訪湖、福井県三方五湖に生息しているとされるが詳しいことはわかっていない。ナガブナ フレッシュアイペディアより)

  • 長野県道16号岡谷茅野線

    長野県道16号岡谷茅野線から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖東岸を通過する国道20号に対して、諏訪湖西岸を通過して岡谷市中心部から茅野市街へと至る幹線道路である。通称「西街道」。長野県道16号岡谷茅野線 フレッシュアイペディアより)

223件中 41 - 50件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード