184件中 51 - 60件表示
  • 諏訪湖博物館

    諏訪湖博物館から見た諏訪湖諏訪湖

    2階には「諏訪湖と人々のくらし」をメインテーマとして諏訪湖に関するさまざまな資料を展示した諏訪湖展示室と、諏訪湖博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 精密機械

    精密機械から見た諏訪湖諏訪湖

    日本においては、諏訪湖周辺の都市で盛んである。諏訪地方は東洋のスイスとも呼ばれ、次世代産業を支える『供給基地』と位置付けられている。精密機械 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪忠恕

    諏訪忠恕から見た諏訪湖諏訪湖

    文化13年(1816年)11月21日、父の隠居により後を継ぐ。文化14年(1817年)12月16日に叙任する。藩政においては藩財政再建を目指して検地や諏訪湖の治水工事、養蚕業の奨励における産業発展などを行なっていずれも成功したのだが、治世中における連年の凶作や江戸藩邸の焼失により藩財政は悪化した。しかもこのような不幸が重なったため、文政7年(1824年)には高島藩で唯一といえる百姓一揆を引き起こしたという不名誉な藩主となってしまった。このような失意の中で、天保11年(1840年)5月4日に長男の忠誠に家督を譲って隠居し、嘉永4年(1851年)5月1日に死去した。享年52。諏訪忠恕 フレッシュアイペディアより)

  • 自然詠

    自然詠から見た諏訪湖諏訪湖

    これは、「写生道」、「鍛錬道」を説き、「写生と称するもの外的事象の写生に非ずして内的生命唯一真相の捕捉なり」と言った島木赤彦の歌であるが、単なる自然描写のようではあるが、そうではない。赤彦の住む諏訪湖を望む小高い丘から見ると、湖の沖より氷が解け広がり波打ってくるのが見える。音が聞こえてくるようだ。冬の長かった諏訪にも音を立てて春がそこまできている。春への希望を与える自然の大きな胎動がある。心を揺さぶる歌である。自然詠 フレッシュアイペディアより)

  • 片倉兼太郎 (2代目)

    片倉兼太郎 (2代目)から見た諏訪湖諏訪湖

    1922年(大正11年)、ヨーロッパ諸国、アメリカ合衆国、中南米を長期視察する。1923年(大正12年)、福島紡織が郡山の片倉製糸紡績岩代紡績所を買収して日東紡績と商号変更するかたちで、同社を設立する。1928年(昭和3年)、諏訪湖畔に「片倉館」を開設する。製糸業から発展し、片倉財閥を形成した。片倉兼太郎 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 宮坂醸造

    宮坂醸造から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖畔にたたずむ「み子ちゃん」と「しんちゃん」の描かれた幅約4mもの大きなタイルモザイク画が存在する。1967年(昭和42年)に製作され、「正門の移転によりいずれ取り壊される」と報道されたが、移転したのは本社屋で、それと同時にタイルモザイク画も移転した。宮坂醸造 フレッシュアイペディアより)

  • 女神のハテナ

    女神のハテナから見た諏訪湖諏訪湖

    45投目(2007年9月24日)平田駅→2と2と6の10駅前進→中央本線上諏訪駅(諏訪湖へ)女神のハテナ フレッシュアイペディアより)

  • あざみ号

    あざみ号から見た諏訪湖諏訪湖

    通年運行。運賃は大人150円・小学生80円の均一制(後払い)、小学校就学前の乳幼児は無料。障害者手帳の提示による割引制度がある。諏訪湖畔の2市1町(諏訪市・岡谷市・下諏訪町)が共同運行するコミュニティバス・スワンバスにも乗り継ぎで利用できる一日乗車券(大人300円・小学生150円)が発売されている。あざみ号 フレッシュアイペディアより)

  • 砥川 (長野県)

    砥川 (長野県)から見た諏訪湖諏訪湖

    砥川(とがわ)は、長野県下諏訪町西部を流れる一級河川である。車山に源を発し、諏訪湖へ流入している。砥川 (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • 寒の土用の丑の日

    寒の土用の丑の日から見た諏訪湖諏訪湖

    近年、諏訪湖のほとりにあり、鰻の漁獲量・消費量が多い長野県岡谷市を発祥として、夏の土用の丑の日と同様に冬の土用の丑の日にも鰻を食べる習慣を広めようとする活動が行われている。寒の土用の丑の日 フレッシュアイペディアより)

184件中 51 - 60件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード