223件中 61 - 70件表示
  • SUWAガラスの里の美術館

    SUWAガラスの里の美術館から見た諏訪湖諏訪湖

    SUWAガラスの里の美術館(すわガラスのさとのびじゅつかん)は諏訪湖畔(長野県諏訪市の岡谷より)にあるガラスアミューズメント施設「SUWAガラスの里」に併設された美術館である。「SUWAガラスの里」は日本最大級のガラスショップ、美術館、ガラス製作体験工房、レストランで構成される。SUWAガラスの里の美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 赤岳 (八ヶ岳山系)

    赤岳 (八ヶ岳山系)から見た諏訪湖諏訪湖

    柳川南沢 (上川の支流で諏訪湖を経て天竜川から太平洋へ流れる)赤岳 (八ヶ岳山系) フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪御料人

    諏訪御料人から見た諏訪湖諏訪湖

    武田信玄・勝頼父子を扱った時代小説や時代劇にはしばしば登場するが、実名が不詳であるため、新田次郎の小説『武田信玄』では湖衣姫(こいひめ。諏訪湖とそこに流れ込む衣之渡川に因む)、井上靖の小説『風林火山』では由布姫(ゆぶひめ(大河ドラマ版ではゆうひめ)。井上が執筆のため滞在した由布院に因む)と作中名が付けられている。諏訪御料人 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県道254号楢川岡谷線

    長野県道254号楢川岡谷線から見た諏訪湖諏訪湖

    岡谷市にある勝弦峠からは諏訪盆地を一望することができ、諏訪湖で花火大会が開催される際には見物客で周辺が非常に混み合う。長野県道254号楢川岡谷線 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪市原田泰治美術館

    諏訪市原田泰治美術館から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖の東南岸の湖畔に建っており、原田の描く日本の素朴な風景画や原田の友人の作品などを展示している。諏訪市原田泰治美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 小さな絵本美術館

    小さな絵本美術館から見た諏訪湖諏訪湖

    1990年11月、諏訪湖畔に現在の岡谷本館を創設、1997年には分館として八ヶ岳館を設置。本館、分館ともに冬季は休館する。入会金と年会費を払えば、入館料が無料となる。小さな絵本美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 厚別川

    厚別川から見た諏訪湖諏訪湖

    長野県有賀村(現在の諏訪市)の農民、中沢八太郎は、毎年諏訪湖の水害に見舞われる村に見切りをつけて1893年(明治26年)に新天地の北海道へ移住した。しかし入植先の川下地区は、郷里の諏訪よりもひどい有様だった。中沢八太郎は有賀村の桑畑で用いられていた水路にヒントを得て悪田に2年かけて暗渠排水路を建設し、地下水の排水を行った。その結果水田の排水は劇的に改良され、収穫量は5割増になった。厚別川 フレッシュアイペディアより)

  • 上諏訪温泉

    上諏訪温泉から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖東岸にあり、日本最古の温泉保養施設である片倉館(国の重要文化財)の千人風呂が有名。諏訪湖畔には遊歩道が設けられており、沿道には大型ホテルや無料で利用できる足湯、美術館がある。日帰り入浴施設は温泉街の外れにあるすわっこランドの一か所だが、ホテルの一部は温泉施設を宿泊客以外にも開放している。また、JR上諏訪駅構内には1986年(昭和61年)に温泉が設置され、2001年(平成13年)には足湯に改装された。ホームに入れる切符(入場券)で利用できる。上諏訪温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 観音院 (岡谷市)

    観音院 (岡谷市)から見た諏訪湖諏訪湖

    かつては諏訪大社の社坊であった。中世に諏訪氏の祈願所となった。諏訪湖を見渡せる眺望の良い高台にある。観音院 (岡谷市) フレッシュアイペディアより)

  • 小口太郎

    小口太郎から見た諏訪湖諏訪湖

    科学者以外の彼を有名にしたのは、「琵琶湖周航の歌」の作詞者としてである。1918年、三高ボート部員として琵琶湖周航中、故郷諏訪湖に思いを馳せながら詩情豊かに作詞した「琵琶湖周航の歌」は、吉田千秋(新潟出身、歴史地理学者吉田東伍の次男)の「ひつじぐさ」の原曲により現在まで広く歌われ続けている。この二人はお互いを知らず、26歳と24歳の若さでこの世を去っている。小口太郎 フレッシュアイペディアより)

223件中 61 - 70件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード