184件中 61 - 70件表示
  • 地溝

    地溝から見た諏訪湖諏訪湖

    断層運動によって窪地にできる湖は断層湖と呼ばれるが、地溝にできたことを明確にしたいときは地溝湖(rift lake)と呼ぶこともある。諏訪湖、タンガニーカ湖、バイカル湖などがその例である。地溝 フレッシュアイペディアより)

  • 秩父帯

    秩父帯から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖付近から中央構造線に平行に南下し、飯田市上村ではしらびそ高原などで見られる。秩父帯 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪盆地

    諏訪盆地から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪盆地の標高は750mから900m。日本の盆地の中でも、高所の一つにあたる。岡谷市、諏訪市、茅野市および諏訪郡の地域に相当し、盆地の中央に諏訪湖がある。周辺には八ヶ岳など、数多くの山々に囲まれている。諏訪盆地 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖スタジアム

    諏訪湖スタジアムから見た諏訪湖諏訪湖

    1995年完成と県内の野球場としては比較的に新しく大変きれいであるが収容人員が少ないのが難。諏訪湖畔に位置し、諏訪湖流域下水道の終末処理場に隣接する諏訪中央公園内にある。外見としては、1,3塁側の大きなガラス張りの側壁(室内ブルペン部分)や、球場正面のデザインなどを見ると美術館を思わせるようなモダンな雰囲気のつくりである。また、照明灯が丸い形をしていたり、スコアボードも少し変った形である。そして、ファウルゾーンのみが人工芝と珍しい仕様になっている。鴨池川、宮川と二つの川に挟まれ、さらに諏訪湖も近いために地盤が弱く工事は困難を極めた。1995年の新設時にはプロ野球、イースタン・リーグが行われた。おもに高校野球やアマチュア野球に使用されているが、2007年よりベースボールチャレンジリーグの信濃グランセローズが公式戦を開催している。諏訪湖スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • スケート靴

    スケート靴から見た諏訪湖諏訪湖

    幕末期には下駄に竹や鉄を取り付けたソリ状の滑り下駄があったが、これに対して海外から新たにもたらされたスケートに影響を受け、下駄に金属製のブレードを組み合わせた下駄スケートが作られた。1908年には諏訪湖で下駄スケートによるスピードスケートの大会が開催されている。 北海道では昭和30年代頃まで、金属製のブレードを長靴に革バンドで固定した雪スケートが子どもたちの冬の玩具として人気があった。機械スケート、ガチャスケートなどとも呼ばれた。スケート靴 フレッシュアイペディアより)

  • 沖浦ダム

    沖浦ダムから見た諏訪湖諏訪湖

    日本の土木技術理論において大正末期から昭和初期に掛けての第一人者であった物部長穂(内務省土木試験所長・東京帝国大学教授)は河川を一貫して開発し、従来別個に行っていた治水事業と利水事業を統合して開発する構想を打ち立てた。この「河水統制計画案」は内務省技官・青山士によって採用され、1935年(昭和10年)より「河水統制事業」として全国七河川一湖沼(諏訪湖)で推進する事とした。後の河川総合開発事業のはしりである。沖浦ダム フレッシュアイペディアより)

  • 釜房ダム

    釜房ダムから見た諏訪湖諏訪湖

    1983年、カビ臭の原因となる藻類を除去するため建設省は「釜房湖水質保全パイロット試験」を実施、全国に先駆けて人造湖の水質浄化対策を開始した。翌1984年(昭和59年)には湖中に「循環式空気揚水筒」を設置した。これは水流が滞ることで水質悪化を招くことから、湖水を空気揚水筒で強制的に循環させることで澱みを無くし、藻類の異常発生によるカビ臭発生防止を図った。さらに、1987年(昭和62年)には湖沼水質保全特別措置法(湖沼法)の指定を、人造湖としては唯一受けた。湖沼法は水質汚濁防止法を湖沼に特化し、強化した法律で、国民生活上重要な湖沼における水質汚濁防止を最大の目的としており、琵琶湖・霞ヶ浦・諏訪湖など10湖沼が指定されている。湖沼法指定に伴い宮城県は「釜房湖湖沼水質保全計画」を策定し、特に化学的酸素要求量(COD)と総リン(T-P)を対象に環境基準値以下に抑制する目標を打ち出した。この後空気揚水筒の増設や全層ばっ気循環設備の設置などを行い、釜房湖の表層から深層にわたる全層の湖水を循環させた。釜房ダム フレッシュアイペディアより)

  • 構造湖

    構造湖から見た諏訪湖諏訪湖

    構造湖(こうぞうこ、英語:tectonic lake)は、湖の成立原因による分類の一つで、地殻の断層運動によって発生した湖のこと。発生原因ゆえ、水深が深く発生した時代も古いものが多く、古代湖と呼ばれるものにほぼ一致する。比較的大規模なものが多く、ネス湖、チチカカ湖、タンガニーカ湖、バイカル湖(ロシア)が代表的。日本では、琵琶湖(滋賀県)、諏訪湖(長野県)、青木湖(長野県)などがこれにあたる。構造湖 フレッシュアイペディアより)

  • サンリツ服部美術館

    サンリツ服部美術館から見た諏訪湖諏訪湖

    国宝の本阿弥光悦作「楽焼白片身変茶碗 銘不二山」(らくやき しろかたみがわりちゃわん めい ふじさん)を収蔵することで名高いサンリツ服部美術館は、服部時計店3代目社長の服部正次(はっとりしょうじ、1900?1974)と、その長男でセイコーエプソン社長であった服部一郎(1932?1987)のコレクションを展示するため、1995年(平成7年)開館した。コレクションは古美術のほか、服部一郎収集のルノワールなど西洋絵画も含まれる。諏訪湖を望む建物は内井昭蔵の設計である。サンリツ服部美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 三波川変成帯

    三波川変成帯から見た諏訪湖諏訪湖

    分布は関東山地から一旦フォッサマグナにより寸断され、諏訪湖南方の上伊那で再び現れ、天竜川中流域、渋川を経て紀伊半島、四国、九州の佐賀関に及び、全長約1000kmに達する。さらに広義の三波川変成帯は同様の変成作用を受けている南側の御荷鉾緑色岩帯・秩父変成帯をも含む。さらにその南側に四万十帯が接する。三波川変成帯 フレッシュアイペディアより)

184件中 61 - 70件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード