184件中 71 - 80件表示
  • 湖沼型

    湖沼型から見た諏訪湖諏訪湖

    リンや窒素といった栄養塩類濃度が高く、生物生産活動が極めて活発。その一方、植物プランクトンの大発生などが発生して、水質汚濁が起きやすく水利用に対して支障をきたすこともある。OECDによる栄養レベルによる調和型湖沼の分類基準では、リン濃度が35?100mg/m³、クロロフィルa濃度が平均8?25mg/m³、最高値が25?75mg/m³、透明度が平均1.5?3m、最低値が0.7?1.5m程度の湖を指す。日本では、サロマ湖や諏訪湖、中海などが該当する。湖沼型 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖祭湖上花火大会

    諏訪湖祭湖上花火大会から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖祭湖上花火大会(すわこまつりこじょうはなびたいかい)とは長野県諏訪市の諏訪湖で毎年8月15日に行われる花火大会である。諏訪市では9月上旬に行われる全国新作花火競技大会とともに、諏訪二大花火大会となっている。見物に約50万人(2010年(平成22年))が集まる。総打ち上げ数は約4万発(2010年(平成22年)、プログラムによる)であり、打ち上げ数で国内最大とされる。諏訪湖祭湖上花火大会 フレッシュアイペディアより)

  • 河川総合開発事業

    河川総合開発事業から見た諏訪湖諏訪湖

    調査の結果、奥入瀬川・浅瀬石川・鬼怒川・江戸川・相模川・錦川・小丸川の7河川と諏訪湖が第一次の河水統制事業対象河川となった。これに伴って多目的ダムの建設が日本においても本格的に行われ出し、沖浦ダム(浅瀬石川)・向道ダム(錦川)・相模ダム(相模川)等のダムが計画・建設されるようになり1940年(昭和15年)には向道ダムが国内で初めて完成・運用された。これらの事業は何れも都道府県が事業主体で、国庫補助を受けながら行われており後の補助多目的ダム事業へと繋がっていく。湖沼に関しても日本最大の琵琶湖を始め猪苗代湖・青木湖等で治水と水力発電、灌漑を目的に電力会社等との共同事業として事業が進められた。河川総合開発事業 フレッシュアイペディアより)

  • プレッシャー・リッジ

    プレッシャー・リッジから見た御神渡り諏訪湖

    御神渡り - 日本の長野県の諏訪湖で観察される。プレッシャー・リッジ フレッシュアイペディアより)

  • プレッシャー・リッジ

    プレッシャー・リッジから見た諏訪湖諏訪湖

    御神渡り - 日本の長野県の諏訪湖で観察される。プレッシャー・リッジ フレッシュアイペディアより)

  • 長野県道50号諏訪辰野線

    長野県道50号諏訪辰野線から見た諏訪湖諏訪湖

    周辺には、諏訪湖などがある。長野県道50号諏訪辰野線 フレッシュアイペディアより)

  • 火山の冬

    火山の冬から見た諏訪湖諏訪湖

    1600年、ペルーのワイナプチナ火山が噴火した。年輪による研究によると1601年は寒冷だった。ロシアでは1601年から1603年にかけて最悪の飢饉が訪れ、スイス、ラトビア、エストニアでは異常な寒冬であった。1601年フランスではワインの収穫が遅れ、ペルーとドイツのワインの生産は壊滅的だった。中国では桃の木の開花が遅れ、日本では諏訪湖の氷結時期が早かった。火山の冬 フレッシュアイペディアより)

  • 和田峠 (長野県)

    和田峠 (長野県)から見た諏訪湖諏訪湖

    筑摩山地を越える峠の一つ。中央分水界にあり、峠の北側は千曲川を経る信濃川水系で水は日本海に注ぎ、峠の南側は諏訪湖を経る天竜川水系で水は太平洋に注ぐ。和田峠 (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • 池の平 (浜松市)

    池の平 (浜松市)から見た諏訪湖諏訪湖

    桜ヶ池に住む竜神が諏訪湖に赴く際、池の平で休息するという。池の平 (浜松市) フレッシュアイペディアより)

  • 新説!?日本ミステリー

    新説!?日本ミステリーから見た諏訪湖諏訪湖

    事 - 諏訪湖で発見!? 信玄の棺新説!?日本ミステリー フレッシュアイペディアより)

184件中 71 - 80件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード