223件中 81 - 90件表示
  • 丹生ダム

    丹生ダムから見た諏訪湖諏訪湖

    これに対し下流受益地の京都府・京都市は賛同の趣旨を表明。一方高時川流域住民の間からは「無責任」とする批判が高まった。折から長野県や鹿児島県で豪雨災害(平成18年7月豪雨)が発生し、脱ダムの舞台・諏訪湖周辺で水害が起こった時期でもあり今後の動向が注目されていた。知事は当初ダム計画の見直しについて変更はないと当選直後は表明していたが、間も無く県議会における所信表明で、『自らの治水政策の瑕疵により、一人でも死者が出た場合は知事を辞職する』と表明して治水に対する取り組みを重視した。その後凍結を検討するダム下流域の自治体や住民との話し合いや、平成18年7月豪雨による長野県の被害もあってか、多少柔軟姿勢に転じ、『他に有効な治水対策が無い場合はダム建設もあり得る』として地元との対話を重視する姿勢を見せた。丹生ダム フレッシュアイペディアより)

  • 鹿沢ダム

    鹿沢ダムから見た諏訪湖諏訪湖

    湖ではワカサギが多く生息しており、群馬県吾妻漁業協同組合では田代湖のワカサギを利用した採卵事業を行っている。これは管理者である東京電力の許可を得て行っているもので、毎年定置網でワカサギを収穫し、採卵を行う。ワカサギの採卵事業は諏訪湖や網走での事業が有名だが、田代湖も有名である。この三地点で採取されたワカサギの卵は全国各地のワカサギ釣りのスポットや漁業協同組合に流通され、養殖されている。冬の風物詩であるワカサギ釣りを陰で支える存在でもある。このほか田代湖ではダム完成直後の1935年(昭和10年)に試験的にブラックバスが放流された湖でもある。鹿沢ダム フレッシュアイペディアより)

  • 愛の疾走

    愛の疾走から見た御神渡り諏訪湖

    十之助は2人の順調なランデブーを壊すため、護国神社の前にとめておいた修一の大切な自転車を盗んだり、貧乏な修一が美代に引け目を感じていることを彼女に教え、漁夫の仕事が見たいという美代に付添ったりした。しかし、自転車が盗まれ動転して怒りを見せる真剣な修一の顔や、汚い身なりで活き活きと働く漁夫の姿を見た美代は、立派に生活と戦っている男らしさをそこにみとめ、逆にますます修一を好きになった。御神渡りが見られなかった諏訪湖もやっと1月下旬に氷結した。魚の採卵の仕事に忙しい合間をぬい、修一は美代とのスケートのデートを楽しんだ。愛の疾走 フレッシュアイペディアより)

  • 塩嶺

    塩嶺から見た諏訪湖諏訪湖

    塩嶺峠からは東に諏訪湖・八ヶ岳・富士山が、南に南アルプスが、西に中央アルプス・御嶽山が、北に北アルプスという具合に四季折々の信州の360度のパノラマが望める。塩嶺 フレッシュアイペディアより)

  • 初島 (長野県)

    初島 (長野県)から見た諏訪湖諏訪湖

    初島(はつしま)は、長野県の諏訪湖にある人工島である。行政区分は同県諏訪市に帰属する。初島 (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • 南Q阿伝

    南Q阿伝から見た諏訪湖諏訪湖

    諏訪湖の主たる大きなナマズ。渡来神に憑かれてしまい、御神渡りを成功させんとする建御名方神を邪魔する。南Q阿伝 フレッシュアイペディアより)

  • 新成羽川ダム

    新成羽川ダムから見た諏訪湖諏訪湖

    備中湖はヘラブナ釣りのメッカの一つで、4kgを超える大物も釣れるほどであり多くのヘラブナ釣り師が訪れる。この他ワカサギ釣りも盛んであり、諏訪湖で養殖したものを定期的に放流している。備中湖は岡山県・広島県に跨ることから管轄する漁業協同組合も2つあり、各漁協によって釣りのルールが異なる。例えばボート釣りに関しては広島県側(上流)は禁止、岡山県側(下流)は可能であり、入漁する際には注意が必要である。近年カワウによる漁業被害が全国的に問題になっているが、備中湖においても急激に増殖しており漁協では対策に頭を悩ませている。新成羽川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 多目的ダム

    多目的ダムから見た諏訪湖諏訪湖

    戦前におけるダム技術・制度論の第一人者・物部長穂の提唱による「河水統制事業」案は1937年(昭和12年)に内務省によって予算化され、本格的な施工が開始された。奥入瀬川・浅瀬石川・鬼怒川・江戸川・相模川・錦川・小丸川・諏訪湖の7河川1湖沼が対象水系に指定され、浅瀬石川では日本で初めて計画された多目的ダム・沖浦ダムが1935年(昭和10年)より、錦川では1938年(昭和13年)に向道ダムが着工され、都道府県単位での多目的ダム建設が開始された。1941年(昭和15年)には向道ダムが多目的ダムとしては初めて供用され、その後相模ダム(相模川)や旭川ダム(旭川)、松尾ダム(小丸川)の建設が開始されたが戦争の激化で事業は全て中断を余儀なくされた。多目的ダム フレッシュアイペディアより)

  • 七不思議

    七不思議から見た諏訪湖諏訪湖

    日本では、ある地域において説明の付かない現象や奇異な伝承を7つ一まとめにして七不思議と称することがあった。古くは諏訪大社七不思議や遠州七不思議などが挙げられる。あくまで不思議な現象や言い伝えを指し、妖怪や超常現象といった物は直接は関係せず、一般には名所とされるような物すら含まれている。現代においては非科学的で事実かどうか怪しい伝承も多いが、諏訪大社七不思議の御神渡りのように、(自然現象として科学的に解明されてはいるが)今もなお確認できるものもある。七不思議 フレッシュアイペディアより)

  • ホンモロコ

    ホンモロコから見た諏訪湖諏訪湖

    元々はニゴロブナやハスなどとともに琵琶湖の固有種とされているが、近年では福井県の三方五湖をはじめ、山梨県の山中湖、長野県の諏訪湖、東京都の奥多摩湖などにも移植されている。普段は水深5 m以上の湖沼中層域に生息している。同じタモロコ属のタモロコと比較すると、体長がより細長く(大きな個体では約15cmに達する)、遊泳魚としての特徴を備えている。また口ヒゲはより短く、喉部が角張っており、体側の横帯がより淡いという点でもタモロコと区別される。主に動物プランクトンや水生昆虫、小型甲殻類などを捕食している。ホンモロコ フレッシュアイペディアより)

223件中 81 - 90件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード