前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示
  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た葛飾北斎

    File:Lake Suwa in the Shinano province.jpg|葛飾北斎 富嶽三十六景 信州諏訪湖諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た日本テレビ放送網

    武田信玄が死に際して「自分の死を三年間秘密にせよ。遺骸は甲冑を着せて諏訪湖に沈めよ」と遺言したという説が広く流布されており、『甲陽軍鑑』にも同様の記述がある。このため諏訪湖には古くから信玄の水中墓伝説があった。1986年(昭和61年)、国土地理院のソナーによる湖底地形調査では、湖底に一辺が25mとされる菱形の”物体”が発見された。これが信玄の水中墓ではないかとされ、信州大学、読売新聞、日本テレビなど複数の団体が10数年にわたって調査を行った。電磁波探知機により墓標のような立体が確認されたとも報道されたが、最終的には謎の菱形は湖底の窪地の影であるとの結論が出された。しかし、問題の菱形が自然にできたとは思えない程はっきりとした形をしており、湖底は泥が深く目視による実地調査が困難であることから、水中墓説を支持する声は現在でも多い。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た諏訪大社

    正確には諏訪大社上社から下社の方向へ向かうものを御神渡という。一説によれば、上社の男神の「建御名方命」(たけみなかたのみこと)が、下社の女神である「八坂刀売命」(やさかとめのみこと)に会いに行った足跡ともミシャグチ神が通った跡ともされており、神が諏訪湖へ降り立ったといわれる諏訪市側を下座(くだりまし)、下諏訪町側の、神が岸へ上がったとされる部分を「上座」(あがりまし)という。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た琵琶湖

    諏訪湖はかつて非常に水質のよい湖であり、江戸期には琵琶湖や河口湖から蜆が放流され漁業も行われていた。しかし、戦後の高度経済成長期にかけて生活排水などにより湖の富栄養化が進み、水質が悪化した。特に70年代から80年代にかけては、アオコが大発生し湖面が緑色になり、悪臭が漂い発泡するなどといった環境悪化が見られた。1979年(昭和54年)から一部供用開始し1993年(平成5年)全市町村共用となった流域下水道の整備事業などや市民による水質改善活動の結果、大幅に水質が改善されているが、昭和初期の姿を取り戻すまでには至っていない。ワカサギが多く獲れるが、これは水質が悪い事を表している。水質悪化の要因は沢山あるが、流入河川が30を超え多いにも関わらず、流出河川が一つであり、かつ集水域が広くて各流入河川の汚染物質が溜まり易い構造になっているからである。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た国土地理院

    武田信玄が死に際して「自分の死を三年間秘密にせよ。遺骸は甲冑を着せて諏訪湖に沈めよ」と遺言したという説が広く流布されており、『甲陽軍鑑』にも同様の記述がある。このため諏訪湖には古くから信玄の水中墓伝説があった。1986年(昭和61年)、国土地理院のソナーによる湖底地形調査では、湖底に一辺が25mとされる菱形の”物体”が発見された。これが信玄の水中墓ではないかとされ、信州大学、読売新聞、日本テレビなど複数の団体が10数年にわたって調査を行った。電磁波探知機により墓標のような立体が確認されたとも報道されたが、最終的には謎の菱形は湖底の窪地の影であるとの結論が出された。しかし、問題の菱形が自然にできたとは思えない程はっきりとした形をしており、湖底は泥が深く目視による実地調査が困難であることから、水中墓説を支持する声は現在でも多い。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たウナギ

    モツゴ( Pseudorasbora parva )、カマツカ( Pseudogobio esocinus )、ニゴイ( Hemibarbus barbus )、コイ( Cyprinus carpio )、キンブナ( Carassius auratus ssp.2 )、ドジョウ( Misgurnus anguillicaudatus )、シマドジョウ( Cobitis biwae )、ハゲギギ( Pseudobagrus nudiceps )、アカザ( Liobagrus reini )、ナマズ( Silurus asotus )、スナヤツメ( Lethenteron reissneri )、ウナギ( Anguilla japonica )、アマゴ( Oncorhynchus masou ishikawae )、イワナ( Salvelinus leucomaenis )、ヤマメ( Oncorhynchus masou masou )、アユ( Plecoglossus altivelis altivelis )、カワムツ( Nipponocypris temminckii )、オイカワ( Zacco platypus )、ウグイ( Tribolodon hakonensis )、アブラハヤ( Phoxinus logowskii steindachneri )、タモロコ( Gnathopogon elongatus )諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た武田信玄

    武田信玄が死に際して「自分の死を三年間秘密にせよ。遺骸は甲冑を着せて諏訪湖に沈めよ」と遺言したという説が広く流布されており、『甲陽軍鑑』にも同様の記述がある。このため諏訪湖には古くから信玄の水中墓伝説があった。1986年(昭和61年)、国土地理院のソナーによる湖底地形調査では、湖底に一辺が25mとされる菱形の”物体”が発見された。これが信玄の水中墓ではないかとされ、信州大学、読売新聞、日本テレビなど複数の団体が10数年にわたって調査を行った。電磁波探知機により墓標のような立体が確認されたとも報道されたが、最終的には謎の菱形は湖底の窪地の影であるとの結論が出された。しかし、問題の菱形が自然にできたとは思えない程はっきりとした形をしており、湖底は泥が深く目視による実地調査が困難であることから、水中墓説を支持する声は現在でも多い。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た

    諏訪湖はかつて非常に水質のよい湖であり、江戸期には琵琶湖や河口湖からが放流され漁業も行われていた。しかし、戦後の高度経済成長期にかけて生活排水などにより湖の富栄養化が進み、水質が悪化した。特に70年代から80年代にかけては、アオコが大発生し湖面が緑色になり、悪臭が漂い発泡するなどといった環境悪化が見られた。1979年(昭和54年)から一部供用開始し1993年(平成5年)全市町村共用となった流域下水道の整備事業などや市民による水質改善活動の結果、大幅に水質が改善されているが、昭和初期の姿を取り戻すまでには至っていない。ワカサギが多く獲れるが、これは水質が悪い事を表している。水質悪化の要因は沢山あるが、流入河川が30を超え多いにも関わらず、流出河川が一つであり、かつ集水域が広くて各流入河川の汚染物質が溜まり易い構造になっているからである。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たブルーギル

    1990年代後半からブルーギル(Lepomis macrochirus)、オオクチバス( Micropterus salmoides )の生息が報告されている。なお、オオクチバスは1970年代に生息が報告されていたが、その後約20年間は報告が途絶えていた。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たイルミネーション

    湖の東側には1954年に花火の打ち上げ場として作られた人工島・初島があり、近年では冬期にイルミネーションの設置・ライトアップも行われている。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード