139件中 31 - 40件表示
  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たワカサギ

    浄化施設の顕著な効果はすぐには現れなかったが水質浄化の効果は徐々に現れ、1997年頃からは夏にアオコの発生が見られない年があったり、それまで大発生をしていたユスリカの発生が大きく減少したりするなど、水質浄化の影響を感じられる様になってきた。しかし、水質浄化に伴い生息生物相も変化し生態ピラミッドの底辺を構成する植物性プランクトン減少の影響は食物連鎖上位へも変化が及び、水草の増加、大型ミジンコの増加が報告されている。なお、ワカサギの減少と水質浄化の因果関係を示唆する報告もある。たとえば、水質浄化により透明度が上昇した沿岸では水草のヒシが繁茂し、ヒシの下部では水流が阻害され貧酸素水帯を形成する為、ヒシの除去も行われている。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た片倉館

    諏訪湖のほとり、片倉館に近い温泉街の一角に、上諏訪温泉の間欠泉が噴出している。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た岡谷市

    諏訪湖(すわこ)は、長野県岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町にまたがる湖。河川法では、天竜川(一級河川)水系の一部として扱われる。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た諏訪盆地

    長野県中部の諏訪盆地に位置する。面積は長野県内最大の湖沼。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たフィギュアスケート

    1922年(大正11年)2月11日、日本初のフィギュアスケート公式試合が下諏訪リンクで行われた。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た水陸両用車

    諏訪湖の周囲は、上述の上諏訪温泉のほか下諏訪温泉、諏訪大社などの名所が点在する観光地となっている。諏訪湖では、毎年8月に打ち上げ数4万発を誇る諏訪湖祭湖上花火大会が開催され日本有数の規模をもつ花火大会として多数の観客を集めているほか、9月には全国新作花火競技大会も開催される。湖畔が公園として整備されている個所も多く、諏訪湖観光汽船からカメの形をした竜宮丸、白鳥型のすわん、諏訪湖園からは白鳥型の遊覧船が発着する。遊覧船の竜宮丸は日本で二隻しかない珍しい船である。他に、日本水陸観光が水陸両用バスを使用する湖上クルージングや、湖周辺の陸上観光を組み合わせたダックツアーを実施している。また公園の中には岡谷湖畔公園1のように湖上に噴水が設置されている場所もある。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た航空機

    かつては毎年のように厚い氷が湖面をおおい、戦前には氷上での戦車の走行や航空機の離着陸の訓練まで行われていた。また、ワカサギの穴釣りをはじめ、アイススケートなども行われていたが、近年は全面氷結の頻度が減少している。また、氷も薄くなっており、スケートなどを行うのは危険を伴う。ワカサギの穴釣り以外に陸釣りをする釣り客、船釣り客が訪れる。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たアイススケート

    かつては毎年のように厚い氷が湖面をおおい、戦前には氷上での戦車の走行や航空機の離着陸の訓練まで行われていた。また、ワカサギの穴釣りをはじめ、アイススケートなども行われていたが、近年は全面氷結の頻度が減少している。また、氷も薄くなっており、スケートなどを行うのは危険を伴う。ワカサギの穴釣り以外に陸釣りをする釣り客、船釣り客が訪れる。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た富栄養化

    諏訪湖はかつて非常に水質のよい湖であり、江戸期には琵琶湖や河口湖からの蜆が放流され漁業も行われていた。しかし、戦後の高度経済成長期にかけて農地からの化学肥料由来の栄養塩類や生活排水などにより湖の富栄養化が進み、過栄養湖へと変化した。特に1970年代から80年代にかけては、ユスリカやアオコのミクロキスティス(Microcystis )が大発生し湖面が緑色になり、悪臭が漂い発泡するなどといった環境悪化が見られた。水質悪化の要因は沢山あるが、流入河川が30を超え多いにも関わらず、流出河川が一つであり、かつ集水域が広く各流入河川の汚染物質が溜まり易い構造になっているからである。しかし、1979年(昭和54年)から一部供用開始し1993年(平成5年)全市町村共用となった流域下水道の整備事業などや市民による水質改善活動の結果、大幅に水質が改善されているが、昭和初期の姿を取り戻すまでには至っていない。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たスジエビ

    漁業権は諏訪湖漁業協同組合が有し漁獲だけで無くコイ、フナ、エビなどの放流事業も行っている。1960年代頃にはスジエビ、テナガエビ、貝類(主に琵琶湖由来のセタシジミ)、エビ、フナ、コイ、ワカサギを中心とした漁業が行われてたが、1970年頃までに行われたヒシ除去のための沿岸域の浚渫と護岸工事により貝類は激減しフナの漁獲も大きく減少し、コイの漁獲が増加した。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

139件中 31 - 40件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード