117件中 31 - 40件表示
  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たフィギュアスケート

    1922年(大正11年)2月11日、日本初のフィギュアスケート公式試合が下諏訪リンクで行われた。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た水陸両用車

    諏訪湖の周囲は、上述の上諏訪温泉のほか下諏訪温泉、諏訪大社などの名所が点在する観光地となっている。諏訪湖では、毎年8月に打ち上げ数4万発を誇る諏訪湖祭湖上花火大会が開催され日本有数の規模をもつ花火大会として多数の観客を集めているほか、9月には全国新作花火競技大会も開催される。湖畔が公園として整備されている個所も多く、諏訪湖観光汽船からカメの形をした竜宮丸、白鳥型のすわん、諏訪湖園からは白鳥型の遊覧船が発着する。遊覧船の竜宮丸は日本で二隻しかない珍しい船である。他に、日本水陸観光が水陸両用バスを使用する湖上クルージングや、湖周辺の陸上観光を組み合わせたダックツアーを実施している。また公園の中には岡谷湖畔公園1のように湖上に噴水が設置されている場所もある。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たアイススケート

    かつては毎年のように厚い氷が湖面をおおい、湖面ではワカサギの穴釣りをはじめ、アイススケートなども行われていたが、近年は全面氷結の頻度が減少している。また、氷も薄くなっており、スケートなどを行うのは危険を伴う。ワカサギの穴釣り以外に陸釣りをする釣り客、船釣り客が訪れる。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た富栄養化

    諏訪湖はかつて非常に水質のよい湖であり、江戸期には琵琶湖や河口湖から蜆が放流され漁業も行われていた。しかし、戦後の高度経済成長期にかけて生活排水などにより湖の富栄養化が進み、水質が悪化した。特に70年代から80年代にかけては、アオコが大発生し湖面が緑色になり、悪臭が漂い発泡するなどといった環境悪化が見られた。1979年(昭和54年)から一部供用開始し1993年(平成5年)全市町村共用となった流域下水道の整備事業などや市民による水質改善活動の結果、大幅に水質が改善されているが、昭和初期の姿を取り戻すまでには至っていない。ワカサギが多く獲れるが、これは水質が悪い事を表している。水質悪化の要因は沢山あるが、流入河川が30を超え多いにも関わらず、流出河川が一つであり、かつ集水域が広くて各流入河川の汚染物質が溜まり易い構造になっているからである。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たソウギョ

    ニジマス( Oncorhynchus mykiss )、ワカサギ( Hypomesus nipponensis )、ソウギョ(Ctenopharyngodon idellus )、ハクレン( Hypophthalmichthys molitrix )、ホンモロコ( Gnathopogon caerulescens )、ヒガイ( Sarcocheilichthys variegatus variegatus )、タイリクバラタナゴ( Rhodeus ocellatus ocellatus )、ゼニタナゴ( Acheilognathus typus )、カムルチー( Channa argus )、ビリンゴ( Gymnogobius breunigii )、ジュズカケハゼ( Gymnogobius laevis )、ツシマハゼ( Acanthogobius lactipes )、チチブ( Tridentiger obscurus )、カマキリ( Cottus kazika )、ドンコ( Odontobutis obscura )、ウキゴリ( Gymnogobius urotaenia )、ウツセミカジカ( Cottus reinii )諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た人工島

    湖の東側には1954年に花火の打ち上げ場として作られた人工島・初島があり、近年では冬期にイルミネーションの設置・ライトアップも行われている。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たスジエビ

    ワカサギ以前の諏訪湖の漁業はスジエビやテナガエビというエビ類であった。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た河川法

    諏訪湖(すわこ)は、長野県岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町にまたがる湖。河川法では、天竜川(一級河川)水系の一部として扱われる。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た片倉館

    諏訪湖のほとり、片倉館に近い温泉街の一角に、上諏訪温泉の間欠泉が噴出している。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た河川

    新生代第三紀の終わり頃からの中央高地の隆起活動と糸魚川静岡構造線の断層運動によって、地殻が引き裂かれて生じた構造湖(断層湖)である。また糸魚川静岡構造線と中央構造線が交差する地である。「かつて、諏訪湖からの水は東の釜無川方面に流れていたが、八ヶ岳からの噴出物によって堰き止められ、南下するようになった」との説がある。また、時代と共に流入河川からの土砂の堆積や、護岸工事などにより面積は徐々に縮小している。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

117件中 31 - 40件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード