139件中 61 - 70件表示
  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た宮内庁

    この自然現象を御神渡り(おみわたり)と呼ぶ。御神渡りが現れた年の冬には、無形民俗文化財に指定されている御渡り神事(みわたりしんじ)が、八剱神社の神官により諏訪湖畔で執り行われる。御渡り神事では、亀裂の入り方などを御渡帳(みわたりちょう)などと照らし、その年の天候、農作物の豊作・凶作を占い、世相を予想する「拝観式」が行われる。古式により「御渡注進状」を神前に捧げる注進式を行い、宮内庁と気象庁に結果の報告を恒例とする。尚、御神渡りはその年の天候によって観測されないこともあるが注進式は行われ、その状態は「明けの海(あけのうみ)」と呼ぶ。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たドジョウ

    モツゴ(Pseudorasbora parva )、カマツカ(Pseudogobio esocinus )、ニゴイ(Hemibarbus barbus )、コイ(Cyprinus carpio )、キンブナ(Carassius auratus ssp.2 )、ドジョウ(Misgurnus anguillicaudatus )、シマドジョウ(Cobitis biwae )、ハゲギギ(Pseudobagrus nudiceps )、アカザ(Liobagrus reini )、ナマズ(Silurus asotus )、スナヤツメ(Lethenteron reissneri )、ウナギ(Anguilla japonica )、アマゴ(Oncorhynchus masou ishikawae )、イワナ(Salvelinus leucomaenis )、ヤマメ(Oncorhynchus masou masou )、アユ(Plecoglossus altivelis altivelis )、カワムツ(Nipponocypris temminckii )、オイカワ(Zacco platypus )、ウグイ(Tribolodon hakonensis )、アブラハヤ(Phoxinus logowskii steindachneri )、タモロコ(Gnathopogon elongatus )諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た円光院

    戦国時代に甲斐国の武田氏と信濃諏訪氏は同盟関係にあったが、天文11年(1542年)に武田晴信(信玄)は諏訪侵攻を行い、諏訪氏は滅亡し諏訪地方は武田領国化される。信玄は元亀4年(1573年)4月12日に信濃国伊那郡駒場(長野県下伊那郡阿智村駒場)で死去する(死没地を浪合・根羽とする説もある)。信玄の遺体は駒場もしくは甲斐の円光院で火葬され、天正4年(1576年)に甲斐の恵林寺で後継の勝頼により正式に葬儀が実施される。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たコイ

    モツゴ(Pseudorasbora parva )、カマツカ(Pseudogobio esocinus )、ニゴイ(Hemibarbus barbus )、コイ(Cyprinus carpio )、キンブナ(Carassius auratus ssp.2 )、ドジョウ(Misgurnus anguillicaudatus )、シマドジョウ(Cobitis biwae )、ハゲギギ(Pseudobagrus nudiceps )、アカザ(Liobagrus reini )、ナマズ(Silurus asotus )、スナヤツメ(Lethenteron reissneri )、ウナギ(Anguilla japonica )、アマゴ(Oncorhynchus masou ishikawae )、イワナ(Salvelinus leucomaenis )、ヤマメ(Oncorhynchus masou masou )、アユ(Plecoglossus altivelis altivelis )、カワムツ(Nipponocypris temminckii )、オイカワ(Zacco platypus )、ウグイ(Tribolodon hakonensis )、アブラハヤ(Phoxinus logowskii steindachneri )、タモロコ(Gnathopogon elongatus )諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たサマーナイトファイヤーフェスティバル

    8月1日〜9月第1日曜日 サマーナイトファイヤーフェスティバル(花火等)諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た湖沼水質保全特別措置法

    諏訪湖(すわこ)は、長野県岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町にまたがる湖。河川法では、天竜川(一級河川)水系の一部として扱われる。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た間欠泉

    諏訪湖のほとり、片倉館に近い温泉街の一角に、上諏訪温泉の間欠泉が噴出している。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た生態ピラミッド

    浄化施設の顕著な効果はすぐには現れなかったが水質浄化の効果は徐々に現れ、1997年頃からは夏にアオコの発生が見られない年があったり、それまで大発生をしていたユスリカの発生が大きく減少したりするなど、水質浄化の影響を感じられる様になってきた。しかし、水質浄化に伴い生息生物相も変化し生態ピラミッドの底辺を構成する植物性プランクトン減少の影響は食物連鎖上位へも変化が及び、水草の増加、大型ミジンコの増加が報告されている。なお、ワカサギの減少と水質浄化の因果関係を示唆する報告もある。たとえば、水質浄化により透明度が上昇した沿岸では水草のヒシが繁茂し、ヒシの下部では水流が阻害され貧酸素水帯を形成する為、ヒシの除去も行われている。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た食物連鎖

    浄化施設の顕著な効果はすぐには現れなかったが水質浄化の効果は徐々に現れ、1997年頃からは夏にアオコの発生が見られない年があったり、それまで大発生をしていたユスリカの発生が大きく減少したりするなど、水質浄化の影響を感じられる様になってきた。しかし、水質浄化に伴い生息生物相も変化し生態ピラミッドの底辺を構成する植物性プランクトン減少の影響は食物連鎖上位へも変化が及び、水草の増加、大型ミジンコの増加が報告されている。なお、ワカサギの減少と水質浄化の因果関係を示唆する報告もある。たとえば、水質浄化により透明度が上昇した沿岸では水草のヒシが繁茂し、ヒシの下部では水流が阻害され貧酸素水帯を形成する為、ヒシの除去も行われている。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たプレッシャー・リッジ

    冬期に諏訪湖の湖面が全面氷結し、氷の厚さが一定に達すると、昼間の気温上昇で氷がゆるみ、気温が下降する夜間に氷が成長するため「膨張」し、湖面の面積では足りなくなるので、大音響とともに湖面上に氷の亀裂が走りせりあがる(プレッシャー・リッジも参照のこと)。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

139件中 61 - 70件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード