139件中 81 - 90件表示
  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たビリンゴ

    ニジマス(Oncorhynchus mykiss )、ワカサギ(Hypomesus nipponensis )、ソウギョ(Ctenopharyngodon idellus )、ハクレン(Hypophthalmichthys molitrix )、ホンモロコ(Gnathopogon caerulescens )、ヒガイ(Sarcocheilichthys variegatus variegatus )、タイリクバラタナゴ(Rhodeus ocellatus ocellatus )、ゼニタナゴ(Acheilognathus typus )、カムルチー(Channa argus )、ビリンゴ(Gymnogobius breunigii )、ジュズカケハゼ(Gymnogobius laevis )、ツシマハゼ(Acanthogobius lactipes )、チチブ(Tridentiger obscurus )、カマキリ(Cottus kazika )、ドンコ(Odontobutis obscura )、ウキゴリ(Gymnogobius urotaenia )、ウツセミカジカ(Cottus reinii )諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見たウグイ

    モツゴ(Pseudorasbora parva )、カマツカ(Pseudogobio esocinus )、ニゴイ(Hemibarbus barbus )、コイ(Cyprinus carpio )、キンブナ(Carassius auratus ssp.2 )、ドジョウ(Misgurnus anguillicaudatus )、シマドジョウ(Cobitis biwae )、ハゲギギ(Pseudobagrus nudiceps )、アカザ(Liobagrus reini )、ナマズ(Silurus asotus )、スナヤツメ(Lethenteron reissneri )、ウナギ(Anguilla japonica )、アマゴ(Oncorhynchus masou ishikawae )、イワナ(Salvelinus leucomaenis )、ヤマメ(Oncorhynchus masou masou )、アユ(Plecoglossus altivelis altivelis )、カワムツ(Nipponocypris temminckii )、オイカワ(Zacco platypus )、ウグイ(Tribolodon hakonensis )、アブラハヤ(Phoxinus logowskii steindachneri )、タモロコ(Gnathopogon elongatus )諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た無形民俗文化財

    この自然現象を御神渡り(おみわたり)と呼ぶ。御神渡りが現れた年の冬には、無形民俗文化財に指定されている御渡り神事(みわたりしんじ)が、八剱神社の神官により諏訪湖畔で執り行われる。御渡り神事では、亀裂の入り方などを御渡帳(みわたりちょう)などと照らし、その年の天候、農作物の豊作・凶作を占い、世相を予想する「拝観式」が行われる。古式により「御渡注進状」を神前に捧げる注進式を行い、宮内庁と気象庁に結果の報告を恒例とする。尚、御神渡りはその年の天候によって観測されないこともあるが注進式は行われ、その状態は「明けの海(あけのうみ)」と呼ぶ。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た下伊那郡

    戦国時代に甲斐国の武田氏と信濃諏訪氏は同盟関係にあったが、天文11年(1542年)に武田晴信(信玄)は諏訪侵攻を行い、諏訪氏は滅亡し諏訪地方は武田領国化される。信玄は元亀4年(1573年)4月12日に信濃国伊那郡駒場(長野県下伊那郡阿智村駒場)で死去する(死没地を浪合・根羽とする説もある)。信玄の遺体は駒場もしくは甲斐の円光院で火葬され、天正4年(1576年)に甲斐の恵林寺で後継の勝頼により正式に葬儀が実施される。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た高度経済成長

    諏訪湖はかつて非常に水質のよい湖であり、江戸期には琵琶湖や河口湖からの蜆が放流され漁業も行われていた。しかし、戦後の高度経済成長期にかけて農地からの化学肥料由来の栄養塩類や生活排水などにより湖の富栄養化が進み、過栄養湖へと変化した。特に1970年代から80年代にかけては、ユスリカやアオコのミクロキスティス(Microcystis )が大発生し湖面が緑色になり、悪臭が漂い発泡するなどといった環境悪化が見られた。水質悪化の要因は沢山あるが、流入河川が30を超え多いにも関わらず、流出河川が一つであり、かつ集水域が広く各流入河川の汚染物質が溜まり易い構造になっているからである。しかし、1979年(昭和54年)から一部供用開始し1993年(平成5年)全市町村共用となった流域下水道の整備事業などや市民による水質改善活動の結果、大幅に水質が改善されているが、昭和初期の姿を取り戻すまでには至っていない。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た甲陽軍鑑

    一方、『甲陽軍鑑』に拠れば信玄は死去に際して「自分の死を三年間秘密にせよ。その後、遺骸は甲冑を着せて諏訪湖に沈めよ」と遺言したという。このため諏訪湖には古くから信玄の水中墓伝説があった。『甲陽軍鑑』では他に勝頼がその子・信勝の陣代となることも遺命したとされ、諏訪湖に遺体を沈めた以外の点に関しては、文書上の所見がある。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た隆起

    新生代第三紀の終わり頃からの中央高地の隆起活動と糸魚川静岡構造線の断層運動によって、地殻が引き裂かれて生じた構造湖(断層湖)である。また糸魚川静岡構造線と中央構造線が交差する地で、諏訪湖を取り囲むように諏訪湖南西側を諏訪湖南岸断層群、諏訪湖北東側には諏訪断層群がある。「かつて、諏訪湖からの水は東の釜無川方面に流れていたが、八ヶ岳からの噴出物によって堰き止められ、南下するようになった」との説がある。また、時代と共に流入河川からの土砂の堆積や、護岸工事などにより面積は徐々に縮小している。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た諏訪郡

    諏訪湖(すわこ)は、長野県岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町にまたがる湖。河川法では、天竜川(一級河川)水系の一部として扱われる。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た遊覧船

    ファイル:Lake Suwa02b3200.jpg|諏訪湖園の白鳥型遊覧船諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖

    諏訪湖から見た阿智村

    戦国時代に甲斐国の武田氏と信濃諏訪氏は同盟関係にあったが、天文11年(1542年)に武田晴信(信玄)は諏訪侵攻を行い、諏訪氏は滅亡し諏訪地方は武田領国化される。信玄は元亀4年(1573年)4月12日に信濃国伊那郡駒場(長野県下伊那郡阿智村駒場)で死去する(死没地を浪合・根羽とする説もある)。信玄の遺体は駒場もしくは甲斐の円光院で火葬され、天正4年(1576年)に甲斐の恵林寺で後継の勝頼により正式に葬儀が実施される。諏訪湖 フレッシュアイペディアより)

139件中 81 - 90件表示

「諏訪湖」のニューストピックワード