前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • 有明海

    有明海から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    中世より人間の手によって少しずつ干拓が進められたが、江戸時代に入ると米の生産拡大を目的とした干拓が次々と行われるようになり、海岸線の後退は加速した。1989年(平成元年)からは諫早湾において国営諫早湾干拓事業が開始され、1997年(平成9年)に諫早湾奥部を一気に締め切る工事が行われた。干拓によって有明海全体で陸地化された面積は、昭和60年代の時点で260km²を超えており、諫早湾干拓によってさらに約9km²拡大した。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 本明川

    本明川から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    長崎県の河川では一級河川に指定されている唯一の川である。2008年4月25日より諫早湾干拓調整池と調整池への流入河川も「本明川水系」に組み込まれ、流路延長・流域面積とも長崎県1位となった。流域の大部分は諫早市に属するが、調整池の南部は雲仙市にも属する。本明川 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾

    諫早湾から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    遠浅の干潟を利用して、古くより干拓が行われてきたが、1989年より着工した国営諫早湾干拓事業が、有明海全体を含んだ環境保全上の争点となっている。諫早湾 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早市の地名

    諫早市の地名から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    中央干拓(2008年、諫早湾干拓事業によりできた新しい町。)諫早市の地名 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓

    諫早湾干拓から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓 フレッシュアイペディアより)

  • 山下弘文

    山下弘文から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業に反対するなど、干潟の保護活動に努めた。山下弘文 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年長崎県知事選挙

    2010年長崎県知事選挙から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    3期12年間の金子県政の継承の是非、特に大規模公共事業として賛否が分かれる諫早湾干拓事業や九州新幹線長崎ルート(西九州ルート)、水源不足の佐世保市が整備を望む一方で地元住民のなかに反対論が根強い石木ダム(川棚町)の建設、移転の可否と移転先をめぐり論議のある長崎県庁舎の改築問題等が問われた。2010年長崎県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 高田勇 (長崎県知事)

    高田勇 (長崎県知事)から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    在職中は長崎大水害、雲仙普賢岳噴火等といった長崎県を襲った大型災害の対策を指揮し、また諫早湾干拓事業の見直し等の対応にあたった。高田勇 (長崎県知事) フレッシュアイペディアより)

  • 矢吹萬壽

    矢吹萬壽から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    また気象学者として、干拓事業が始まる前の有明海の気象観測(長崎諫早干拓事業の気温調査研究委託事業調査)を行い、干拓を行った場合に陸地部分の気温が低下するとの予測を報告したが、この報告は長い期間にわたって諫早湾干拓事業に反対する地元農家の理論的支柱のひとつとなった。矢吹萬壽 フレッシュアイペディアより)

  • 川辺川ダム

    川辺川ダムから見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    このように、川辺川ダム事業においては、住民側と行政側が計画論で対立し、計画策定から40年たってもなおダム本体の着手(あるいは計画の抜本的見直し)にめどが立たない状況にある。この状況は、文部科学省の外郭団体である科学技術振興機構 (JST) のまとめた「失敗百選」において「(住民と行政の)合意形成の軽視による失敗例」として、諫早湾干拓事業等と共に選出されている。川辺川ダム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示

「諫早湾干拓」のニューストピックワード