前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • 2014年長崎県知事選挙

    2014年長崎県知事選挙から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    現職の中村法道の任期満了に伴う知事選挙。現職で2期目を目指す中村と共産党公認で同党県書記長の原口敏彦の2氏が立候補を表明した。主な争点は、諫早湾干拓事業問題への対応や1期4年の中村県政への評価など。2014年長崎県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 有明海

    有明海から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    1989年(平成元年)からは諫早湾において国営諫早湾干拓事業が開始され、1997年(平成9年)に諫早湾奥部を一気に締め切る工事が行われた。干拓によって有明海全体で陸地化された面積は、昭和60年代の時点で260km2を超えており、諫早湾干拓によってさらに約9km2拡大した。有明海 フレッシュアイペディアより)

  • 菅直人

    菅直人から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    2010年12月15 日には諫早湾干拓事業に関する緊急に記者会見して堤防の5年間の開門を命じた福岡高裁の判決について、自身の知見を理由に上告しないことを表明し、政府に開門を求める判決を確定させた。菅直人 フレッシュアイペディアより)

  • 本明川

    本明川から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    長崎県の河川では一級河川に指定されている唯一の川である。2008年4月25日より諫早湾干拓調整池と調整池への流入河川も「本明川水系」に組み込まれ、流路延長・流域面積とも長崎県1位となった。流域の大部分は諫早市に属するが、調整池の南部は雲仙市にも属する。本明川 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾

    諫早湾から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    遠浅の干潟を利用して、古くより有明海の干拓が行われてきたが、1989年より着工した国営諫早湾干拓事業が、有明海全体を含んだ環境保全上の争点となっている。諫早湾 フレッシュアイペディアより)

  • 東よか干潟

    東よか干潟から見た諫早湾干拓諫早湾干拓事業

    1994年から1996年にかけて行われた堤防の耐震化工事の際、堤防根元に押さえの盛土(石積み)が必要となり、堤防近くに自生していたシチメンソウの保全が課題となった。対策として、自生群から種子を採取して盛土エリア外の「移植ヤード」に播種(種蒔き)を行う「種子保存」が採用された。種蒔きは地元の小中学生らも参加して行われ、盛土は播種した株の活着を確認してから行われた。かつて、シチメンソウの国内最大の群生地は諫早湾の小野島海岸であったが、この頃、これが諫早湾干拓により消失してしまったため、大授搦が国内最大の群生地となっていた。東よか干潟 フレッシュアイペディアより)

  • 金子原二郎

    金子原二郎から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    長崎県知事在任中は市町村合併を積極的に推進したほか、長崎県美術館・長崎歴史文化博物館等の観光・文化施設の建設、諫早湾干拓事業、九州新幹線長崎ルート建設を推進したが、「必要性に疑問がある大規模公共事業」の典型例に挙げられる後者二事業については、県内外に賛否両論がある。金子原二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早市

    諫早市から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    長崎県の中央部に位置する。市域の北は多良山系の山地が聳える。西側は長崎半島の、南側は島原半島のそれぞれ付け根にあたる。市域北東部は北西部で大村湾・東側で有明海(諫早湾)・南側で橘湾の3つの海に囲まれる。諫早湾には諫早湾干拓事業がある。そのため、長崎全域で見れば数少ない平野を形成している。諫早市 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓

    諫早湾干拓から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓 フレッシュアイペディアより)

  • 勧農

    勧農から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    1989年(平成元年)に着工した旧農林水産省主導による諫早湾干拓事業では干拓に伴う自然環境の破壊と漁業被害が報告され、司法の場で事業の是非が争われている。勧農 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示

「諫早湾干拓」のニューストピックワード