44件中 11 - 20件表示
  • 高田勇 (長崎県知事)

    高田勇 (長崎県知事)から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    在職中は長崎大水害、雲仙普賢岳噴火等といった長崎県を襲った大型災害の対策を指揮し、また諫早湾干拓事業の見直し等の対応にあたった。高田勇 (長崎県知事) フレッシュアイペディアより)

  • ヤマノカミ

    ヤマノカミから見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    有明海では、堰建設など河川改修による遡上阻害、川や海の汚染などで生息数が減少し、さらに諫早湾干拓事業により諫早湾奥部の生息地が大きく失われた。環境省が作成した環境省レッドリストでは1991年版で「危急種」、1999年版で「絶滅危惧II類(VU)」だったが、絶滅の危険が高くなったとの判断で2007年版から「絶滅危惧IB類(EN)」となった。中国でも個体数の減少が著しく、「国家二級重点保護野生動物」に指定されている。ヤマノカミ フレッシュアイペディアより)

  • Peaty

    Peatyから見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    NGOの「諫早干潟緊急救済東京事務所」制作の、諫早湾干拓事業問題啓発ビデオ「ありあけ・いさはや、宝の海のメカニズム」のBGMのために作曲された。Peaty フレッシュアイペディアより)

  • 境川 (諫早市)

    境川 (諫早市)から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    多良岳に端を発し名水百選に選定されている轟渓流を形成し「落合川」と合流した後、多くの堰により止水され、近隣の灌漑用水の水源となり諫早湾干拓調整池に流入する。境川 (諫早市) フレッシュアイペディアより)

  • 横田哲治

    横田哲治から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    諫早開拓の水門を開けるべき」と下した佐賀地方裁判所の判決に、2008年1月に長崎県庁の招聘で現地調査を行った際の横田による報道(週刊農林など)が地裁の判断に大きな影響を与えた、と長崎新聞など現地メディアが報じた。横田哲治 フレッシュアイペディアより)

  • 山下弘文

    山下弘文から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業に反対するなど、干潟の保護活動に努めた。山下弘文 フレッシュアイペディアより)

  • 金子岩三

    金子岩三から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    1982年、第1次中曽根内閣にて農林水産大臣に就任する。長らく懸案となっていた諫早湾干拓事業について、金子は事業の全廃を目指していたが、農水省内の主に構造改善局筋による猛烈な巻き返しにより、結局規模縮小の上防災事業として存続させることとなった。また、在任中鈴木前首相の暗黙の諒解の下、松浦昭水産庁長官(後に衆議院議員)を農水事務次官に据えようとしたが、渡辺五郎食糧庁長官を推していた省内事務方の抵抗を招き、自民党農林族議員の圧力も加わり断念せざるをえなかった。1983年、地盤を二男・原二郎に譲り政界を引退する。金子岩三 フレッシュアイペディアより)

  • 小野 (諫早市)

    小野 (諫早市)から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    長崎県内最大の平野を誇り、その大部分は田園であるが、これは諫早湾干拓事業に代表する、数百年前からの干拓によるものである。小野 (諫早市) フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓堤防道路

    諫早湾干拓堤防道路から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業で構築した潮受堤防上に道路を建設したもので、佐賀県鹿島市・太良町方面と国道207号を通り島原半島の雲仙温泉・島原市方面との間を諫早市中心部を通らずに行き来することができる。諫早湾干拓堤防道路 フレッシュアイペディアより)

  • 県央振興局

    県央振興局から見た諫早湾干拓諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓営農支援センター (諫早市高来町金崎149-6、)県央振興局 フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示

「諫早湾干拓」のニューストピックワード