44件中 21 - 30件表示
  • 西岡竹次郎

    西岡竹次郎から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    1950年(昭和25年)に公職追放を解除されると自由党長崎支部長と長崎民友新聞社長に復帰、翌1951年(昭和26年)4月30日に自由党推薦で長崎県知事選挙に出馬して同県知事選挙史上最高となる投票率85.61%の激戦を戦い、現職の杉山宗次郎(社会党・民主党推薦)を39万3,378票対30万6,007票で破って知事に当選。4年後の知事選にも杉山元知事相手に再選を果たした。知事在任中には1952年に当時の深刻な食糧難を解決するためとして「長崎大干拓構想」という諫早湾干拓事業を発案、この事業はのちに莫大な経費をかけて実現化され、完成後も開門するか否かを巡る度重なる訴訟や補償問題で莫大な国民負担を強いる状況を招いている。さらに門賛成派と反対派の住民分断を招き、諫早湾沿岸は住民同士の争いの場となっている。西岡は事業を進めるため世界銀行の融資を求めるなどしたが、知事在任中の1958年(昭和33年)に慢性肝炎(肝性中毒)による心臓衰弱のため67歳で没した。1月19日に長崎東高等学校体育館で県葬が執り行われた。西岡竹次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 寺田達志

    寺田達志から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    環境庁は、1997年に諫早湾干拓事業に介入できず国民の批判を浴びたことから、1998年に名古屋港の藤前干潟の埋め立て計画が問題となった際は、国内有数の干潟の埋め立てを認めれば前例となり、他の地域で埋め立てを止められなくなるなどと考え、名古屋市の埋め立て計画を全面的に否定する報告書を提出し、環境影響評価課長の寺田が単身で名古屋市役所を訪問し「しかるべき検討をお願いしたい」と述べるなど、強硬姿勢を示し、計画を中止させた。寺田達志 フレッシュアイペディアより)

  • 干潟

    干潟から見た諫早湾干拓諫早湾干拓事業

    また大規模な干潟は、より生産性の高い耕地に転用するため干拓を行う場合がある。有明海沿岸では中世以降干拓が進められ、自然陸化を含めて300km2以上が陸地となって田畑になっている。20世紀に入って以降は県営・国営で大規模に計画が進められ、国営諫早湾干拓はその最後の事業であった。干潟 フレッシュアイペディアより)

  • 野村明弘

    野村明弘から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    ncc入社当初は「記者兼アナウンサー」として、アナウンサーよりもむしろ記者としての業務を多く担当し、諫早湾干拓問題を担当したほか、長崎県議会の超党派議員団が北朝鮮を訪問した際にもカメラマン兼レポーター兼記者として同行取材した経験を持つ。野村明弘 フレッシュアイペディアより)

  • 木村仁

    木村仁から見た諫早湾干拓諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓、川辺川ダムの受注企業から、1995年?2000年の間に296万円の献金を受けている。木村仁 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年佐賀県知事選挙

    2015年佐賀県知事選挙から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画、玄海原子力発電所再稼働、諫早湾干拓事業の開門調査への対応などが争点。事実上の自民党分裂選挙となったことで注目された。2015年佐賀県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 川辺川ダム

    川辺川ダムから見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    このように、川辺川ダム事業においては、住民側と行政側が計画論で対立し、計画策定から40年たってもなおダム本体の着手(あるいは計画の抜本的見直し)にめどが立たない状況にある。この状況は、文部科学省の外郭団体である科学技術振興機構 (JST) のまとめた「失敗百選」において「(住民と行政の)合意形成の軽視による失敗例」として、諫早湾干拓事業等と共に選出されている。川辺川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 笹山登生

    笹山登生から見た諫早湾干拓諫早湾干拓事業

    主として農業・環境政策に取り組み、これまでに、諫早湾干拓問題、水俣病問題、ミチゲーション・バンク構想、クラインガルテン構想、農家のダイバーシフィケーション構想、ビオトープ問題、憲法における環境権問題、などについて、積極的な提言を行ってきたほか、現在もBSE問題、鳥インフルエンザ問題、福島放射性物質汚染問題、レコード輸入権等著作権問題、PSE問題などの分野で積極的に発言を行っている。笹山登生 フレッシュアイペディアより)

  • 選択 (雑誌)

    選択 (雑誌)から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    金子原二郎からは諫早湾干拓事業地の海砂採取問題に絡んで疑惑を書かれたとして名誉毀損で提訴されたが、この賠償請求は棄却された。選択 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 広津素子

    広津素子から見た諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業

    その後、みんなの党から第45回衆議院議員選挙や第22回参議院議員通常選挙で党公認料や支部交付金などが得られず、政治活動が続けられないという理由で、2010年3月31日限りで同党の佐賀県第3選挙区支部を解散した。一方、自らの政策は自民党内の改革派やみんなの党、民主党の一部に近い事を明らかにしている。また、衆議院議員在職中より、水産業や環境・生態系保全の視点から、佐賀県内で賛同者の多い諫早湾干拓事業を見直し、農業と水産業の両立を図るとしている。広津素子 フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示

「諫早湾干拓」のニューストピックワード