前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た武部勤

    2001年に武部勤農林水産大臣(当時)は、干拓事業の抜本的な見直しを表明した。しかし、所管大臣には在任中しかその権限がないため、武部農相退任後、農水省は一転して推進の立場に逆戻りした。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た菅直人

    2010年12月15日、菅直人内閣総理大臣は、福岡高等裁判所の判決について上告を断念すると表明した。これに対して長崎県は、事前の連絡などが一切なかったとして不快感を示している。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た赤松広隆

    2008年6月27日、佐賀地方裁判所は干拓事業と漁業被害と関連を問う裁判で漁業被害との関連を一部認め、潮受け堤防排水門について5年間の開放を行うよう命じる判決を言い渡した。これに対して国と主張が認められなかった漁民51人は控訴し、未だ水門は開門されていないが、赤松広隆農相は、潮受け堤防排水門の開門調査に向けた環境アセスメントの結果を待たずに開門する可能性について「あり得る」と述べている。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た西岡竹次郎

    1950年代初頭に長崎県知事の西岡竹次郎が長崎県の平地を広げることと当時の食糧難を解決するために、諫早湾干拓事業を発案したのがきっかけである。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た有明海

    諫早湾干拓事業(いさはやわんかんたくじぎょう)とは、有明海内の諫早湾における干拓事業。諫早湾での干拓は古くから行われてきたが、本項目では主に1989年(平成元年)に着工した農林水産省による国営干拓事業について記述する。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た山下弘文

    山下弘文 - 干拓事業に反対し、1998年にゴールドマン環境賞を受賞。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た公共事業

    この干拓工事による漁業被害の事例は、科学技術振興機構(JST)のまとめた失敗知識データベース「失敗百選」において「ノリを始めとする漁獲高の減少など、水産業振興の大きな妨げにもなっている」として公共事業(建設事業)での失敗例として事例提供され、この結果に至ったシナリオ(経緯)として「組織、管理、企画、戦略不良、利害関係未調整で事業開始、誤判断、狭い視野、社会情勢に未対応、調査検討の不足、事前検討不足、環境影響調査不十分、計画・設計、計画不良、走り出したら止まらない公共事業、裁判所による工事差し止め命令、二次災害、環境破壊、赤潮発生、漁業被害、社会の被害、人の意識変化、公共事業不信」としている。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た島原半島

    諫早湾南岸の諫早市小野地区及び同市森山町地区には強固な推進派住民が多い。この地域は島原半島首頚部の狭隘な地峡に当たり、江戸時代から昭和期にかけての干拓によって集水域面積に見合わないほどの広大な干拓地を擁するに至った地域である。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た福岡高等裁判所

    2010年12月6日、福岡高等裁判所は佐賀地裁の一審判決を支持し、「5年間の潮受け堤防排水門開放」を国側に命じる判決を下した。判決は潮受堤防の閉め切りと漁業被害との間に因果関係を認め、沿岸の防災上やむをえない場合を除き、水門は常時開放されるべきとした。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た農林水産省

    諫早湾干拓事業(いさはやわんかんたくじぎょう)とは、有明海内の諫早湾における干拓事業。諫早湾での干拓は古くから行われてきたが、本項目では主に1989年(平成元年)に着工した農林水産省による国営干拓事業について記述する。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「諫早湾干拓」のニューストピックワード