37件中 11 - 20件表示
  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た佐賀地方裁判所

    2002年には、有明海沿岸の漁業者らが、潮受け堤防の閉め切りが不漁の原因であるとして、工事の中止などを求めて佐賀地方裁判所に提訴し、工事中止の仮処分申請も行った。2004年に佐賀地裁は漁業被害との因果関係を一部認め、工事中止の仮処分も決定された。しかし、2005年に福岡高等裁判所は仮処分を取り消し、工事が再開された。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た農林水産大臣

    2001年に武部勤農林水産大臣(当時)は、干拓事業の抜本的な見直しを表明した。しかし、所管大臣には在任中しかその権限がないため、武部農相退任後、農水省は一転して推進の立場に逆戻りした。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た森山町

    諫早湾南岸の諫早市小野地区及び同市森山町地区には強固な推進派住民が多い。この地域は島原半島首頚部の狭隘な地峡に当たり、江戸時代から昭和期にかけての干拓によって集水域面積に見合わないほどの広大な干拓地を擁するに至った地域である。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た諫早湾干拓堤防道路

    潮受け堤防の締め切りから約10年後の2007年11月20日に完工式が行われ、翌12月22日午後5時、潮受け堤防の上に全長8.5kmの諫早湾干拓堤防道路が開通した。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見たタイラギ

    1989年より「国営諫早湾干拓事業」の工事が行われ、1997年4月14日に潮受け堤防が閉じられた。それにより、「かつては『宝の海』と言われた有明海に海底への泥の沈殿、水質汚染が生じて有明海全体が死の海と化し、二枚貝タイラギが死滅、奇形魚の増加、海苔の色落ちなど重大な漁業被害が発生した」として、自然保護団体のみならず、沿岸の各漁業協同組合の猛反対にあっている。しかし、干拓の工事前に漁業補償として、総額279.2億円が支払われたことにより、各漁協の漁業権は消滅(潮受堤防内八漁協)又は一部放棄・制限されている。加えて魚類の漁獲減少や水質汚濁には、海苔養殖業者が消毒目的に散布した酸や化学肥料による影響との主張もあり、海苔養殖業者と他の漁業者との紛争も発生している。なお、干拓工事開始の翌年1990年からタイラギ貝の大量死が始まり、1993年からは休漁となっている。干潟の浄化作用が機能しなくなった損失は大きい。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た干拓

    諫早湾干拓事業(いさはやわんかんたくじぎょう)とは、有明海内の諫早湾における干拓事業。諫早湾での干拓は古くから行われてきたが、本項目では主に1989年(平成元年)に着工した農林水産省による国営干拓事業について記述する。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た調整池

    しかしこの問題は、干拓事業が計画されて以来、本来農耕地の拡大を主目的とする干拓事業の副産物(堤防外の水面低下と調整池の成立)で解決できるとして長期にわたって放置され、干拓事業の遂行がこの地域で水稲栽培を中心とする農業を継続するための唯一の選択肢であると喧伝された。こうして地域の農民及び自治体行政の声は干拓推進を希求する方向で固まっていき、乏しい灌漑用水を地域の中で公平に分配する必要から生じた共同体の決定事項に異論を唱えることを強く控える気風ともあいまって、異論がほとんど外に漏れる余地もない強固な干拓推進派地区が形成されてきたのである。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た権限

    2001年に武部勤農林水産大臣(当時)は、干拓事業の抜本的な見直しを表明した。しかし、所管大臣には在任中しかその権限がないため、武部農相退任後、農水省は一転して推進の立場に逆戻りした。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た仮処分

    2002年には、有明海沿岸の漁業者らが、潮受け堤防の閉め切りが不漁の原因であるとして、工事の中止などを求めて佐賀地方裁判所に提訴し、工事中止の仮処分申請も行った。2004年に佐賀地裁は漁業被害との因果関係を一部認め、工事中止の仮処分も決定された。しかし、2005年に福岡高等裁判所は仮処分を取り消し、工事が再開された。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た海苔

    1989年より「国営諫早湾干拓事業」の工事が行われ、1997年4月14日に潮受け堤防が閉じられた。それにより、「かつては『宝の海』と言われた有明海に海底への泥の沈殿、水質汚染が生じて有明海全体が死の海と化し、二枚貝タイラギが死滅、奇形魚の増加、海苔の色落ちなど重大な漁業被害が発生した」として、自然保護団体のみならず、沿岸の各漁業協同組合の猛反対にあっている。しかし、干拓の工事前に漁業補償として、総額279.2億円が支払われたことにより、各漁協の漁業権は消滅(潮受堤防内八漁協)又は一部放棄・制限されている。加えて魚類の漁獲減少や水質汚濁には、海苔養殖業者が消毒目的に散布した酸や化学肥料による影響との主張もあり、海苔養殖業者と他の漁業者との紛争も発生している。なお、干拓工事開始の翌年1990年からタイラギ貝の大量死が始まり、1993年からは休漁となっている。干潟の浄化作用が機能しなくなった損失は大きい。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示

「諫早湾干拓」のニューストピックワード