37件中 21 - 30件表示
  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た潮受け堤防

    1989年より「国営諫早湾干拓事業」の工事が行われ、1997年4月14日に潮受け堤防が閉じられた。それにより、「かつては『宝の海』と言われた有明海に海底への泥の沈殿、水質汚染が生じて有明海全体が死の海と化し、二枚貝タイラギが死滅、奇形魚の増加、海苔の色落ちなど重大な漁業被害が発生した」として、自然保護団体のみならず、沿岸の各漁業協同組合の猛反対にあっている。しかし、干拓の工事前に漁業補償として、総額279.2億円が支払われたことにより、各漁協の漁業権は消滅(潮受堤防内八漁協)又は一部放棄・制限されている。加えて魚類の漁獲減少や水質汚濁には、海苔養殖業者が消毒目的に散布した酸や化学肥料による影響との主張もあり、海苔養殖業者と他の漁業者との紛争も発生している。なお、干拓工事開始の翌年1990年からタイラギ貝の大量死が始まり、1993年からは休漁となっている。干潟の浄化作用が機能しなくなった損失は大きい。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た集中豪雨

    このため、この地域では不足しがちな灌漑用水を干拓地水田のクリーク網に溜めることで確保してきた一方、水をしっかりくわえ込む構造のクリーク網を備えた水田は梅雨期にこの地方を頻繁に襲う集中豪雨によって容易に冠水し、田植え直後の稲が壊滅的打撃を受ける危険と隣り合わせの米作りを強いられてきた。こうした悪条件の克服は、市、町といった一地方公共団体レベルの事業では手があまり、国、県レベルの事業による給排水問題の解決が望まれてきた。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た科学技術振興機構

    この干拓工事による漁業被害の事例は、科学技術振興機構(JST)のまとめた失敗知識データベース「失敗百選」において「ノリを始めとする漁獲高の減少など、水産業振興の大きな妨げにもなっている」として公共事業(建設事業)での失敗例として事例提供され、この結果に至ったシナリオ(経緯)として「組織、管理、企画、戦略不良、利害関係未調整で事業開始、誤判断、狭い視野、社会情勢に未対応、調査検討の不足、事前検討不足、環境影響調査不十分、計画・設計、計画不良、走り出したら止まらない公共事業、裁判所による工事差し止め命令、二次災害、環境破壊、赤潮発生、漁業被害、社会の被害、人の意識変化、公共事業不信」としている。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た自然保護団体

    1989年より「国営諫早湾干拓事業」の工事が行われ、1997年4月14日に潮受け堤防が閉じられた。それにより、「かつては『宝の海』と言われた有明海に海底への泥の沈殿、水質汚染が生じて有明海全体が死の海と化し、二枚貝タイラギが死滅、奇形魚の増加、海苔の色落ちなど重大な漁業被害が発生した」として、自然保護団体のみならず、沿岸の各漁業協同組合の猛反対にあっている。しかし、干拓の工事前に漁業補償として、総額279.2億円が支払われたことにより、各漁協の漁業権は消滅(潮受堤防内八漁協)又は一部放棄・制限されている。加えて魚類の漁獲減少や水質汚濁には、海苔養殖業者が消毒目的に散布した酸や化学肥料による影響との主張もあり、海苔養殖業者と他の漁業者との紛争も発生している。なお、干拓工事開始の翌年1990年からタイラギ貝の大量死が始まり、1993年からは休漁となっている。干潟の浄化作用が機能しなくなった損失は大きい。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た諫早市

    諫早湾南岸の諫早市小野地区及び同市森山町地区には強固な推進派住民が多い。この地域は島原半島首頚部の狭隘な地峡に当たり、江戸時代から昭和期にかけての干拓によって集水域面積に見合わないほどの広大な干拓地を擁するに至った地域である。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た

    このため、この地域では不足しがちな灌漑用水を干拓地水田のクリーク網に溜めることで確保してきた一方、水をしっかりくわえ込む構造のクリーク網を備えた水田は梅雨期にこの地方を頻繁に襲う集中豪雨によって容易に冠水し、田植え直後の稲が壊滅的打撃を受ける危険と隣り合わせの米作りを強いられてきた。こうした悪条件の克服は、市、町といった一地方公共団体レベルの事業では手があまり、、県レベルの事業による給排水問題の解決が望まれてきた。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た漁業協同組合

    1989年より「国営諫早湾干拓事業」の工事が行われ、1997年4月14日に潮受け堤防が閉じられた。それにより、「かつては『宝の海』と言われた有明海に海底への泥の沈殿、水質汚染が生じて有明海全体が死の海と化し、二枚貝タイラギが死滅、奇形魚の増加、海苔の色落ちなど重大な漁業被害が発生した」として、自然保護団体のみならず、沿岸の各漁業協同組合の猛反対にあっている。しかし、干拓の工事前に漁業補償として、総額279.2億円が支払われたことにより、各漁協の漁業権は消滅(潮受堤防内八漁協)又は一部放棄・制限されている。加えて魚類の漁獲減少や水質汚濁には、海苔養殖業者が消毒目的に散布した酸や化学肥料による影響との主張もあり、海苔養殖業者と他の漁業者との紛争も発生している。なお、干拓工事開始の翌年1990年からタイラギ貝の大量死が始まり、1993年からは休漁となっている。干潟の浄化作用が機能しなくなった損失は大きい。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た諫早豪雨

    これが、国や県当局が事業の当初からこの干拓は農業政策だけでなく地域の人命と財産を守る防災をも目的とする根拠であり、諫早市小野地区と森山町地区住民、特にその中の水稲農家は事業遂行の人質的な立場にあるとも言える。1957年には諫早市で586人の死者と行方不明者を出す諫早大水害が発生している。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見たセマングム

    セマングム - 韓国における大規模干拓事業。諫早湾と同様に干潟を締め切った。計画面積は諫早湾の約12倍。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾干拓事業

    諫早湾干拓事業から見た地方公共団体

    このため、この地域では不足しがちな灌漑用水を干拓地水田のクリーク網に溜めることで確保してきた一方、水をしっかりくわえ込む構造のクリーク網を備えた水田は梅雨期にこの地方を頻繁に襲う集中豪雨によって容易に冠水し、田植え直後の稲が壊滅的打撃を受ける危険と隣り合わせの米作りを強いられてきた。こうした悪条件の克服は、市、町といった一地方公共団体レベルの事業では手があまり、国、県レベルの事業による給排水問題の解決が望まれてきた。諫早湾干拓事業 フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「諫早湾干拓」のニューストピックワード