45件中 21 - 30件表示
  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見たアクサレディスゴルフトーナメント

    2008年も前年同様女子ワールドカップに出場し、佐伯三貴とのコンビで3位入賞を果たす。日本国内のツアーではアクサレディスゴルフトーナメントで優勝。またダイキン工業と3年間の所属契約を締結する。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見た神戸市

    諸見里しのぶ(もろみざと しのぶ、1986年7月16日 - )は、沖縄県名護市出身・兵庫県神戸市在住の女子プロゴルファー。ダイキン工業所属。師匠は江連忠。同じ沖縄出身の1年先輩に宮里藍がいる。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見たマスターズGCレディース

    おかやま山陽高在学中からプロトーナメントに参加し、上位に食い込む活躍を見せる。2005年5月のブリヂストン・レディスではあわや宮里藍以来のアマチュアツアー優勝かという活躍を見せる。このときはプレーオフのかかった18番ホールで、5メートルのバーディーパットを外し3位タイに終わっているが、この活躍から同年に行われた世界女子マッチプレー選手権で、唯一のアマチュアゴルファーとして出場を認められた(7月1日の2回戦で韓国の張晶に1ダウンで惜敗)。6月に日本女子アマチュア選手権で優勝。7月末の女子プロゴルファーテストに合格。プロデビュー戦となった日本女子オープンでは、3オーバー(+3,291ストローク)で5位入賞を果たす。その後「マスターズ・ゴルフクラブ・レディース」で4位、「樋口久子IDC大塚家具レディス」で2位に入り、僅か出場3試合で賞金ランキング49位に入り翌年のシード権を獲得する。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見た山陽新聞

    2006年10月に行われたSANKYOレディースオープンでは師匠の江連忠が見守る中、2位の全美貞に1打差で日本国内ツアー初優勝を飾る。この優勝は出身校がある岡山県の地元紙、山陽新聞スポーツ面の他に1面でも初優勝の記事が取り扱われた。なおこの大会では優勝後の記念撮影で、スポンサーを務めるSANKYOのCMに出演していた志村けんとアイーンのポーズを見せるファンサービスも行っている。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見た日本女子オープンゴルフ選手権競技

    おかやま山陽高在学中からプロトーナメントに参加し、上位に食い込む活躍を見せる。2005年5月のブリヂストン・レディスではあわや宮里藍以来のアマチュアツアー優勝かという活躍を見せる。このときはプレーオフのかかった18番ホールで、5メートルのバーディーパットを外し3位タイに終わっているが、この活躍から同年に行われた世界女子マッチプレー選手権で、唯一のアマチュアゴルファーとして出場を認められた(7月1日の2回戦で韓国の張晶に1ダウンで惜敗)。6月に日本女子アマチュア選手権で優勝。7月末の女子プロゴルファーテストに合格。プロデビュー戦となった日本女子オープンでは、3オーバー(+3,291ストローク)で5位入賞を果たす。その後「マスターズ・ゴルフクラブ・レディース」で4位、「樋口久子IDC大塚家具レディス」で2位に入り、僅か出場3試合で賞金ランキング49位に入り翌年のシード権を獲得する。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見た岡山県

    2006年10月に行われたSANKYOレディースオープンでは師匠の江連忠が見守る中、2位の全美貞に1打差で日本国内ツアー初優勝を飾る。この優勝は出身校がある岡山県の地元紙、山陽新聞スポーツ面の他に1面でも初優勝の記事が取り扱われた。なおこの大会では優勝後の記念撮影で、スポンサーを務めるSANKYOのCMに出演していた志村けんとアイーンのポーズを見せるファンサービスも行っている。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見たゴルフ

    9歳でゴルフを始め、ジュニア時代の多数の大会で優勝を飾っている。同じ沖縄出身の上原彩子に勧められておかやま山陽高等学校に進学。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見た兵庫県

    諸見里しのぶ(もろみざと しのぶ、1986年7月16日 - )は、沖縄県名護市出身・兵庫県神戸市在住の女子プロゴルファー。ダイキン工業所属。師匠は江連忠。同じ沖縄出身の1年先輩に宮里藍がいる。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見たLPGAツアーチャンピオンシップ

    なお賞金女王争いは最終戦のLPGAツアーチャンピオンシップまでもつれ込んだ結果、同大会では横峯さくらが優勝し年間でも6勝を挙げ賞金女王の座を獲得。2位タイにとどまった諸見里は975万円差で賞金女王を逃すも、獲得賞金1億6526万2708円はリーディング2位の選手としては史上最高額であり、通常なら大差で賞金女王に輝いてもおかしくない金額であった。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見たクモ膜下出血

    日本国内ツアーを再び主戦場とした2007年は1月に南アフリカで行われた第3回女子ワールドカップに、日本代表として上田桃子と共に出場。9月には日本女子オープンゴルフ選手権競技を制し、初のJLPGAツアーのメジャータイトル優勝を飾った。なお同年10月23日に3番目の兄をくも膜下出血で亡くしている。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示

「諸見里しのぶ」のニューストピックワード