52件中 21 - 30件表示
  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見たラーメン

    諸見里自身は右利き・右打ちであるが、一方で右脳を鍛えるためとバランス感覚を養うために箸の持ち手を左にし、またスコアカードを書く時も左手であり、ウォーミングアップの時も左打ちにするなどしている。これは片山晋呉から教わったものが影響している。なお、当初は左手を使う事に苦労しラーメンを食べられるまでに1か月を要した。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見た日本ジュニアゴルフ選手権競技

    日本ジュニアゴルフ選手権競技(女子12 - 14歳の部)諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見たプレーオフ

    おかやま山陽高在学中からプロトーナメントに参加し、上位に食い込む活躍を見せる。2005年5月のブリヂストン・レディスではもう少しで宮里藍以来のアマチュアツアー優勝かという活躍を見せる。このときはプレーオフのかかった18番ホールで、5メートルのバーディーパットを外し3位タイに終わっているが、この活躍から同年に行われた世界女子マッチプレー選手権で、唯一のアマチュアゴルファーとして出場を認められた(7月1日の2回戦で韓国の張晶に1ダウンで惜敗)。6月に日本女子アマチュアゴルフ選手権競技で優勝。7月末の女子プロゴルファーテストに合格。プロデビュー戦となった日本女子オープンでは、3オーバー(+3,291ストローク)で5位入賞を果たす。その後「マスターズ・ゴルフクラブ・レディース」で4位、「樋口久子IDC大塚家具レディス」で2位に入り、僅か出場3試合で賞金ランキング49位に入り翌年のシード権を獲得する。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見た樋口久子IDC大塚家具レディス

    おかやま山陽高在学中からプロトーナメントに参加し、上位に食い込む活躍を見せる。2005年5月のブリヂストン・レディスではもう少しで宮里藍以来のアマチュアツアー優勝かという活躍を見せる。このときはプレーオフのかかった18番ホールで、5メートルのバーディーパットを外し3位タイに終わっているが、この活躍から同年に行われた世界女子マッチプレー選手権で、唯一のアマチュアゴルファーとして出場を認められた(7月1日の2回戦で韓国の張晶に1ダウンで惜敗)。6月に日本女子アマチュアゴルフ選手権競技で優勝。7月末の女子プロゴルファーテストに合格。プロデビュー戦となった日本女子オープンでは、3オーバー(+3,291ストローク)で5位入賞を果たす。その後「マスターズ・ゴルフクラブ・レディース」で4位、「樋口久子IDC大塚家具レディス」で2位に入り、僅か出場3試合で賞金ランキング49位に入り翌年のシード権を獲得する。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見た神戸市

    東京都在住。それ以前は兵庫県神戸市に在住。ダイキン工業所属。師匠は江連忠。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見たSANKYOレディースオープン

    2006年10月に行われたSANKYOレディースオープンでは師匠の江連忠が見守る中、2位の全美貞に1打差で日本国内ツアー初優勝を飾る。この優勝は出身校がある岡山県の地元紙、山陽新聞スポーツ面の他に1面でも初優勝の記事が取り扱われた。なおこの大会では優勝後の記念撮影で、スポンサーを務めるSANKYOのCMに出演していた志村けんとアイーンのポーズを見せるファンサービスも行っている。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見た山陽新聞

    2006年10月に行われたSANKYOレディースオープンでは師匠の江連忠が見守る中、2位の全美貞に1打差で日本国内ツアー初優勝を飾る。この優勝は出身校がある岡山県の地元紙、山陽新聞スポーツ面の他に1面でも初優勝の記事が取り扱われた。なおこの大会では優勝後の記念撮影で、スポンサーを務めるSANKYOのCMに出演していた志村けんとアイーンのポーズを見せるファンサービスも行っている。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見た日本女子オープンゴルフ選手権競技

    おかやま山陽高在学中からプロトーナメントに参加し、上位に食い込む活躍を見せる。2005年5月のブリヂストン・レディスではもう少しで宮里藍以来のアマチュアツアー優勝かという活躍を見せる。このときはプレーオフのかかった18番ホールで、5メートルのバーディーパットを外し3位タイに終わっているが、この活躍から同年に行われた世界女子マッチプレー選手権で、唯一のアマチュアゴルファーとして出場を認められた(7月1日の2回戦で韓国の張晶に1ダウンで惜敗)。6月に日本女子アマチュアゴルフ選手権競技で優勝。7月末の女子プロゴルファーテストに合格。プロデビュー戦となった日本女子オープンでは、3オーバー(+3,291ストローク)で5位入賞を果たす。その後「マスターズ・ゴルフクラブ・レディース」で4位、「樋口久子IDC大塚家具レディス」で2位に入り、僅か出場3試合で賞金ランキング49位に入り翌年のシード権を獲得する。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見た岡山県

    2006年10月に行われたSANKYOレディースオープンでは師匠の江連忠が見守る中、2位の全美貞に1打差で日本国内ツアー初優勝を飾る。この優勝は出身校がある岡山県の地元紙、山陽新聞スポーツ面の他に1面でも初優勝の記事が取り扱われた。なおこの大会では優勝後の記念撮影で、スポンサーを務めるSANKYOのCMに出演していた志村けんとアイーンのポーズを見せるファンサービスも行っている。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 諸見里しのぶ

    諸見里しのぶから見たゴルフ

    9歳でゴルフを始め、ジュニア時代の多数の大会で優勝を飾っている。同じ沖縄出身の上原彩子に勧められておかやま山陽高等学校に進学。諸見里しのぶ フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示