前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
541件中 1 - 10件表示
  • 違憲審査制

    違憲審査制から見た司法司法

    これに対して、ヨーロッパ諸国においては、議会が制定する法律により行政権や司法権に制約を加え、それにより国民の人権を保障する考え方が立憲主義の中核と理解されていた。そのため、立憲主義が確立した当初は、議会が制定した法律の合憲性を審査する制度の導入は、民主主義や権力分立に反するものとして消極的に捉えられていた。違憲審査制 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本帝国憲法

    大日本帝国憲法から見た司法司法

    明治2年6月17日(1869年7月25日)、版籍奉還がおこなわれ、諸侯(藩主)は土地と人民に対する統治権をすべて天皇に奉還した。これは、幕府や藩などの媒介なしに、天皇の下にある中央政府が直接に土地と人民を支配し、統治権(立法権・行政権・司法権)を行使することを意味する。さらに、明治4年7月14日(1871年8月29日)には廃藩置県が行われ、名実共に藩は消滅し、国家権力が中央政府に集中された。大日本帝国憲法第1条および同第4条は、国家の統治権は天皇が総攬すると規定している。大日本帝国憲法 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所 (日本)

    最高裁判所 (日本)から見た司法権司法

    日本における最高裁判所は、司法権を担当する司法における最高機関である。全ての裁判所(下級裁判所)は、最高裁判所の下に置かれ、唯一の終審裁判所として、上告及び特別抗告について裁判権を持つ(裁判所法第7条)。また、最高裁判所は、規則制定権(最高裁判所規則を制定する権限、憲法77条1項)、下級裁判所裁判官の指名権(憲法80条1項)、司法行政監督権を持つ(裁判所法法80条1号)。さらに、違憲審査制における法令審査権を持ち、法令審査に関する終審裁判所となる(憲法81条)。このため、最高裁判所は「憲法の番人」と称されることがある。最高裁判所 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • ジョグジャカルタ原則

    ジョグジャカルタ原則から見た司法司法

    万人は恣意的に逮捕または拘束されない。性的指向や性自認による逮捕や拘束はそれが裁判所やその他の指示によるものであっても恣意的である。逮捕された者は性的指向や性自認に拘わらず、公平に逮捕の理由と罪状を知らされ速やかに有罪であれ無罪であれ、その者の拘束の合法性を規定する司法の訴訟に付される。ジョグジャカルタ原則 フレッシュアイペディアより)

  • 検察の在り方検討会議

    検察の在り方検討会議から見た司法司法

    2010年11月4日、柳田は選任した全14名の委員を発表した。選任された委員らについて、柳田は「人格・識見に優れていると同時に,刑事司法の分野にとどまらず,様々な分野において御活躍の方々」だと説明し、さらに「国民の皆様に御納得いただけるような改革案を検討していいただくのに適した方々だ」(原文まま)と語った。また、この会議を設置した狙いについて「検討会議の目的は,国民の検察に対する信頼を回復しなければならない,そのための改革策を御提言いただきたい」と説明した。メンバーの構成は、弁護士だけでも8名を占めている。検察官出身者2名、裁判官出身者2名、警察官出身者1名、法学者2名という、司法分野に精通したメンバーが集められた。また、検事総長経験者や警察庁長官経験者など、検察や警察の最高幹部が含まれている。検察の在り方検討会議 フレッシュアイペディアより)

  • 英米法

    英米法から見た司法司法

    大陸法系は、ローマ法・カノン法の全面的継受を受けたことから、私法の重要な部分が法律(特に法典)の条文によって規定されるのに対し、英米法系は、中世の英国において、ゲルマン法の一支流であるアングロ・サクソン法を背景として成立した慣習法であり、判例が第一次的法源とされ、司法的である点に基本的な相違点があるとされている。英米法 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法第6章

    日本国憲法第6章から見た司法司法

    日本国憲法 第6章は、司法についてを規定している章である。日本国憲法第6章 フレッシュアイペディアより)

  • 憲法保障

    憲法保障から見た司法権司法

    権力分立制 - 国家権力を分散させて、相互に均衡・抑制を図ることで、国家権力による憲法侵害行為が行われないようにする。日本国憲法では、国家の三権(立法権・行政権・司法権)を規定する41条・65条・76条や、地方自治制度を規定する第8章などの規定が相当する。憲法保障 フレッシュアイペディアより)

  • 訴訟

    訴訟から見た司法司法

    訴訟(そしょう)とは、紛争の当事者以外の第三者を関与させ、その判断を仰ぐことで紛争を解決すること、またはそのための手続のことである。対義語に自力救済がある。現代においては、国家の司法権の行使によって、その権力を背景に紛争を強制的に解決するための手続のことを訴訟といい、調停、仲裁、和解などと区別される。訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本帝国憲法第57条

    大日本帝国憲法第57条から見た司法司法

    司法権ハ天皇ノ名ニ於テ法律ニ依リ裁判所之ヲ行フ大日本帝国憲法第57条 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
541件中 1 - 10件表示

「警察・裁判・司法」のニューストピックワード