541件中 31 - 40件表示
  • 留置

    留置から見た司法司法

    ただし、刑事施設が定員を超過している場合や、警察が能率を優先させた場合などに、被留置者を刑事施設に移送せず、警察署内の留置施設に留め置かれる場合もある。これを代用刑事施設と呼び、司法機関ではなく警察官の監督下に置かれることから、自白の強要や冤罪を生みやすいと問題視する意見もある。留置 フレッシュアイペディアより)

  • 異議

    異議から見た司法司法

    異議(いぎ)とは、日本の司法制度における不服申立ての一種であり、判決又は決定又は命令あるいは裁判所書記官等の処分に対して、その判決又は決定又は命令等をした裁判所になされる不服の申立て、あるいは、この申立てにより開始される同一審級の裁判所における審理・判断の手続をいう。これに対し、上級の審級の裁判所に対する不服申立ては、上訴という。異議 フレッシュアイペディアより)

  • 九寺

    九寺から見た司法司法

    法務機関。本来は司法・裁判のことを司り刑罰を施行したが、刑部に機能を奪われた。九寺 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部由起子

    長谷部由起子から見た司法制度司法

    専門の民事訴訟法をはじめ司法制度についても研究している。司法制度改革推進本部をはじめ多数の政府の審議会委員を歴任する。憲法学者で東京大学教授の長谷部恭男は夫である。長谷部由起子 フレッシュアイペディアより)

  • 染野義信

    染野義信から見た司法制度司法

    明治期以降の司法制度の研究で知られ、『講座 日本近代法発達史』(有斐閣)に収められた「司法制度」「裁判制度」は珠玉の業績として影響力をもった。染野の近代司法制度に関する研究業績は、東京大学より法学博士の学位が授与されている。また、日本学術会議会員に選出され、同会議第二部(法学・政治学部門)部長の要職も務めた。『民事訴訟法講義』『破産法講義』(ともに勁草書房)などの著作があり、『口語民事訴訟法』(自由国民社)の監修者でもある。染野義信 フレッシュアイペディアより)

  • 司法制度改革

    司法制度改革から見た司法司法

    司法制度改革(しほうせいどかいかく)とは、日本において、1999年以来行われている司法制度全般に関する改革である。裁判制度、国民への司法サービス提供、法曹養成制度など多岐にわたる。司法制度改革 フレッシュアイペディアより)

  • 中国のナンバープレート

    中国のナンバープレートから見た司法司法

    四川省成都市を例に挙げると、成都市を表す識別記号は川A。続いて公安部一般が0、裁判所関連がA、検察関連がB、国家安全部関連がC、司法関連がDとなっている。川Oは赤色はつかないが、警察車輌のナンバーであり、成都市など地名を示すアルファベット、あるいは国家安全部を示す9が続く。中国のナンバープレート フレッシュアイペディアより)

  • 高柳賢三

    高柳賢三から見た司法権司法

    埼玉県熊谷市に生まれる。正則英語学校、府立四中、一高を経て、東京帝国大学法科大学卒。東京帝国大学法科大学助教授、東京帝国大学法学部教授(後に附属図書館館長兼務)を歴任した。イギリス法研究が主流であった時代に、違憲立法審査権などアメリカ法研究に本格的に取組んだ。ロスコー・パウンド(Roscoe Pound)翻訳でも知られる。司法権優位を唱えた。高柳賢三 フレッシュアイペディアより)

  • 北部訓練場

    北部訓練場から見た司法司法

    同訓練場の用地の約半分が国に返還されることになったことを受け、ヘリコプター着陸場(ヘリパッド)の移設工事が行われた。これに反対する住民らが、工事現場で座り込みを行った。この行為に対し、沖縄防衛局が、座り込みに参加した住民14人について、座り込みの禁止と、進入路に張られたテントの撤去などを求め、那覇地裁に仮処分を申請。同地裁は2009年12月11日に、参加者のうち男性2人について、一連の行動に違法性があったと認定し、妨害禁止を命じる決定を行った。一方で、テントの撤去と他の12人に対する申請は却下した。反基地運動に対して、違法性を認定した司法判断が示されたは初のこととなる。北部訓練場 フレッシュアイペディアより)

  • 政体書

    政体書から見た司法司法

    冒頭に五箇条の御誓文を掲げてこれを政府の基本方針と位置づけ、国家権力を総括する中央政府として太政官を置き、2名の輔相をその首班とした。太政官の権力を立法・行政・司法の三権に分け、それぞれを立法の議政官、行政の行政・神祇・会計・軍務・外国の5官、司法の刑法官の合計7官が掌る三権分立の体制がとられたが、実際には議政官に議定・参与で構成する上局の実力者が行政各官の責任者を兼ねたり、刑法官が行政官の監督下にあったりして権力分立は不十分なものであった。地方は府藩県の三治(府藩県三治制)。政体書 フレッシュアイペディアより)

541件中 31 - 40件表示

「警察・裁判・司法」のニューストピックワード