541件中 61 - 70件表示
  • インディアス枢機会議

    インディアス枢機会議から見た司法司法

    18世紀初頭に入るとフェリペ5世によって海軍内にインディアス省が設置され、インディアス枢機会議の活動範囲は司法関係のみに限定されるようになった。その後1812年のカディス会議によって廃止が決定された。インディアス枢機会議 フレッシュアイペディアより)

  • 司法協会

    司法協会から見た司法制度司法

    財団法人司法協会(しほうきょうかい)とは、 1987年に財団法人として認可された団体であり、全国の裁判事務の一部を独占的に受託している団体。司法制度の適正、かつ、円滑な運営に寄与することを目的として設立された。法務省所管。役職員に関して裁判所からの天下りが多いと指摘されている。司法協会 フレッシュアイペディアより)

  • 強制執行停止決定

    強制執行停止決定から見た司法司法

    強制執行停止決定(きょうせいしっこうていしけってい)とは、日本の司法制度における決定による裁判。民事訴訟法403条又は民事執行法36条により当事者に申立権があって裁判所が応答するものと、民事執行法10条6項(これを準用する11条2項を含む)により裁判所の裁量によって発せられるものがある。強制執行停止決定 フレッシュアイペディアより)

  • 関東州庁

    関東州庁から見た司法司法

    関東州庁は、従来の関東庁とは異なり、司法や郵政などの国家事務を有さず、純然たる地方行政のみを扱った(国家事務は関東局が直轄した)。関東州庁 フレッシュアイペディアより)

  • 雑居ビル

    雑居ビルから見た司法司法

    「雑居」と呼ばれることに建物権利者は不快感を持つ。しかし営業形態が公然にできない業種の賃借人(店子)が多く、他者の関与を嫌う。通常の賃貸ビルなら貸主店子相互が一定の親睦友誼を図っているが、それができない以上「雑居」と称して他者の介入を拒んでいる。これがオフィスビルとの相違である。また違法営業について司法からの追求を逃れるために、自らの関与を否定することを狙い「雑居」と称しているものもある。雑居ビル フレッシュアイペディアより)

  • 大日本帝国憲法第4条

    大日本帝国憲法第4条から見た司法司法

    明治維新によって、天皇が近代的官僚制を組織して統治権を総攬するという近代国家が成立した。本条はそれを確認したものである。本条によれば、まず天皇が元首であると規定し、次に天皇は全ての統治権を総攬しているが、憲法の条規によってその統治権を行使しなければならないとされ、いわゆる立憲君主制を規定している。なお憲法によれば、立法権は帝国議会の「協賛を以って」行い(5条)、「協賛を経るを要す」(37条)とされ、行政権は国務大臣が「天皇を輔弼し其の責に任ず」(55条)とされ、司法権は裁判所が「天皇の名に於いて法律に依り」行う(57条)とされていた。大日本帝国憲法第4条 フレッシュアイペディアより)

  • 宝蓮灯 (テレビドラマ)

    宝蓮灯 (テレビドラマ)から見た司法司法

    華山の上にある聖母宮に住む仙女の三聖母は、人間界に住む書生の劉彦昌と相思相愛になり、沈香を産み落とす。三聖母の兄であり、天界の司法の神でもある二郎神が天界へ連れ戻そうとするが、抵抗したため、三聖母を華山・蓮山峰の下へ閉じ込めてしまう。 沈香は、普通の人間として生活していたが、ある日、自分に神通力とも呼べるべき不思議な力(法力という)が備わっていることに気付く。宝蓮灯 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 地方知行

    地方知行から見た司法権司法

    また、旗本や大藩の上級家臣の中には独自の法制(地頭法)を持つ者もいたが、徴税権・司法権、その他の行政権などの所領に対する支配権(知行権)の行使は主君である将軍・大名によって規制されるのが一般的であり、時代が進むにつれてその傾向が強くなった(もっとも、所属する主家の方針や地頭である家臣の方針によってその強弱に格差があった)。地方知行 フレッシュアイペディアより)

  • アウディエンシア

    アウディエンシアから見た司法司法

    アウディエンシア(Audiencia)はスペイン・カスティーリャ王国にあった最高司法機関である王立の大審問院(「聴訴院」とも訳される)を指し、新大陸のスペイン殖民領においては司法・行政・立法を司った王室機関で、副王と並ぶ重要性を持っていた。副王領の中心地にあって副王が長官を務めるアウディエンシア・ビレイナル、副王から独立して同等の機能を有したアウディエンシア・プレシデンシアルに大別される。アウディエンシア フレッシュアイペディアより)

  • 1976年の日本の女性史

    1976年の日本の女性史から見た司法司法

    司法研修所の教官、「男が生命をかける司法界に女の進出を許してなるものか」「女は2年間の修習で得た能力を家庭に入って腐らせるのが良い」と発言1976年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

541件中 61 - 70件表示

「警察・裁判・司法」のニューストピックワード