541件中 71 - 80件表示
  • バーゼル・バディッシャー駅

    バーゼル・バディッシャー駅から見た司法司法

    バディッシャー駅はスイスの領内にあるが、バーデン大公国とスイスが締結した協定により、駅構内はドイツの関税領域に含まれる。ドイツ国内を移動している旅行者がバディッシャー駅を乗換駅として利用する場合は、ドイツの関税領域を離れずに済む。司法の管轄権やドイツの軍人が個人的に旅行していてこの駅を利用する場合など、様々な点に関してスイスとドイツの当局が駅構内と走行中の列車に対してどのような権限を持っているかが協定で定められている。バーゼル・バディッシャー駅 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部泰隆

    阿部泰隆から見た司法司法

    助手時代は田中二郎、雄川一郎に師事。いわゆる行政法の中でも、行政訴訟法、環境法、地方自治法、都市計画法、司法システムなどを中心に手広く研究している。助手時代はフランス行政訴訟法を研究していたがフランスの行政法規から学ぶことは少ないとして後にドイツおよびアメリカの行政法を中心に研究。行政法理論そのものよりも、行政システム全体のありかたについて研究するに至る。日本の行政システムの問題点を実例を挙げて鋭く指摘し、その具体的な改善案を積極的に提言している。中央大学赴任後は、中央大学総合政策学部図書室内の研究室を研究の拠点としている。阿部泰隆 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のペットフード大量リコール事件

    2007年のペットフード大量リコール事件から見た司法権司法

    こうした訴訟が次々と起こり、オンタリオ州とオレゴン州のある家族はメニュー・フーズ社に対し精神的苦痛と経済的損失に対する賠償を求めてクラスアクションを起こした。弁護士らは連邦政府に対して独立した司法権を持ち、過去の歴史においてペット関連の訴訟で消費者保護に積極的であったワシントン州に注目した。しかし、ペットの経済的価値を設定するのは難しそうだということが分かった。2007年のペットフード大量リコール事件 フレッシュアイペディアより)

  • ウィーン宣言及び行動計画

    ウィーン宣言及び行動計画から見た司法司法

    第27項では、各国が人権蹂躙を受けた被害者に対する法的救済のための効果的枠組みを提供することを求めている。「法の強化や司法当局を含めて法務行政、特に独立した法的機関の国際人権文書の基準に完全に即した整備は人権の完全かつ非差別的な実現にとって重大であり、民主主義と持続可能な開発に不可欠である。」ウィーン宣言及び行動計画 フレッシュアイペディアより)

  • 正力マイクロ波事件

    正力マイクロ波事件から見た司法司法

    電波三法は太平洋戦争前の電波の政府管掌の反省の上にたち、電波を民間に開放し公共福祉のための規制をつくる事を目的とする。具体的には同一の周波数帯域利用での混信を防ぎ、社会的には電波の独占が生じないように規制する事である。また社団法人から特殊法人へ衣替えした日本放送協会(NHK)は日本全国で受信できるように放送する事を使命とする自治機関へ再生した。官庁からの独立したスタンスでの電波監理されるように電波法・放送法の実体法とともに電波監理委員会設置法が施行され委員会行政が敷かれる。総理府の外局だが委員会のメンバーは国会の同意を得て内閣総理大臣が任命する事により独立性と透明性を保つ事とした。極端に言えば立法(規則制定権)、司法(聴聞)と三権を束ねる強力な権限を持っていた存在だが現実には2年で廃止(詳細は後述)。この時点では「放送における表現の自由が守られ健全な発展を遂げる事」が希求されていた。正力マイクロ波事件 フレッシュアイペディアより)

  • 花伝社

    花伝社から見た司法制度司法

    法律書や司法制度に関する本をはじめとして、最近ではインターネット関連について書籍を出版している。花伝社 フレッシュアイペディアより)

  • 監察医

    監察医から見た司法制度司法

    監察医制度が置かれていない地域では、解剖により死因を明らかにしたい場合、承諾解剖という形を取らざるを得ないが、その場合、遺族の承諾が必要になるので執行に不都合を生じたり、検案のみですます場合も多い。しかし、検案のみによる誤診率は非常に高く、監察医制度が整備されていない現状は公衆衛生上、または、司法制度上、不備があると言わざるを得ない。監察医 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤將也

    伊藤將也から見た司法司法

    普段は記者業務とアナウンサー業務を兼ねて仕事をしており、行政・司法などに精通している。その一方でバラエティー色の強いコーナーもこなしており、真面目であり、またおもしろい一面をテレビから垣間見ることができる。伊藤將也 フレッシュアイペディアより)

  • ゲーザ・デ・カープラーニ

    ゲーザ・デ・カープラーニから見た司法権司法

    1975年、ド・カプラニーは12年弱しか服役していなかったにも関わらず仮釈放が認められた。この判定に関しては、後にカリフォルニア州更生保護委員会による仮釈放審査の前に、身の毛もよだつようなハイナの死後の写真が事件のファイルから除かれていたことが告発により判明し、議論を呼ぶことになった。更生保護委員会はその後さらに、台湾への医療使節団としての旅行を許可した。アジアへの到着時、ド・カプラニーはカリフォルニア州当局の司法権がこの地に及ばないことを公式に主張し、行方をくらませた。それからしばらく後の1980年、ド・カプラニーはドイツのミュンヘンで病院に勤務しているところを再発見された。過去の犯罪歴が明らかになったことから、病院は彼を解雇した。ゲーザ・デ・カープラーニ フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国司法部

    中華人民共和国司法部から見た司法司法

    中華人民共和国司法部(しほうぶ)は、中華人民共和国国務院に属する行政部門。司法行政を管轄する。日本の法務省にあたる役所。中華人民共和国司法部 フレッシュアイペディアより)

541件中 71 - 80件表示

「警察・裁判・司法」のニューストピックワード