谷佳知 ニュース&Wiki etc.

谷 佳知(たに よしとも、1973年2月9日 - )は、大阪府東大阪市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。右投右打。日本プロ野球におけるシーズン最多二塁打記録(52本)の保持者。妻は谷亮子。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「谷佳知」のつながり調べ

  • 亀井義行

    亀井義行から見た谷佳知

    '、谷佳知の不振により開幕6試合目で2番打者として起用されると、4月3日の中日戦で1番・高橋、3番・小笠原道大と共に川上憲伸から球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の対北海道日本ハムファイターズ戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍でチームの日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、第2戦では大沼幸二から同点適時打、第5戦は打線の7回の涌井秀章からの5連打の一人となったり、第6戦では帆足和幸からチーム唯一の得点となる適時打を放った。第7戦では5番を任され、初回に相手先発の西口文也が自身の打席で暴投し、先制点が入り、なおも1死2、3塁のチャンスだっただセカンドゴロに倒れ、得点できず、後続も倒れてしまった。2回に坂本勇人のソロ本塁打で2点にリードを広げるも、これ以降西武投手陣の継投の前に走者を出せず、8回に逆転され、日本一を逃した。第7戦は無安打に終わってしまい、前述の暴投で先制後のチャンスを逃したのが響く形となってしまったが、一定の活躍を見せた。翌年からは清水隆行の移籍により空いた背番号9'を着用することが決まった。(亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 武田久

    武田久から見た谷佳知

    には、退団したマイケルに替わり抑えを任され、レギュラーシーズンを無敗で終えるとともに最多セーブ投手となり、パシフィック・リーグの投手としては最優秀中継ぎ投手と最多セーブ投手の両タイトルを獲得した初の選手となった。日本シリーズでは第2戦でシリーズ初セーブを記録するも、第5戦で1点リードの9回に登板した際、先頭打者亀井義行への初球に同点ソロ本塁打を浴び、続く谷佳知は1球で右飛に打ち取ったが、次の阿部慎之助に2球目でサヨナラソロ本塁打を打たれ、わずか4球で敗れている。契約更改では1億9,000万円(推定)にまで年俸が上がった。(武田久 フレッシュアイペディアより)

「谷佳知」のニューストピックワード