前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示
  • 仰木彬

    仰木彬から見た谷佳知谷佳知

    攻撃面に関してはスタメンを固定することが少なく、ほとんど無数といっていい打順の形をつくり、オリックス時代の打線は「猫の目打線」と呼ばれていた。しかしこれは緻密なデータによるものであり、結果的には成功をおさめ、仰木マジックの面目躍如とされることになった。また、メンバー起用の幅を広げるために選手に複数ポジションを守ることを求め、内野手が複数ポジションを兼任したり、外野守備に定評のあった谷佳知、本西厚博、田口壮を内野で起用することもあった。仰木彬 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勝広

    中村勝広から見た谷佳知谷佳知

    交流戦前後までは3位をキープしていたが、上記の選手や谷佳知など主力選手の不振・離脱、さらに終盤の北川博敏の故障離脱など、チームが不調に陥るにしたがって、「不調のベテランを起用し、好成績を残している若手を主軸で起用しない」などと批判を受けた。中村勝広 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱自動車岡崎硬式野球部

    三菱自動車岡崎硬式野球部から見た谷佳知谷佳知

    1993年、三菱重工自工名古屋から分離独立する形で創部。同年秋に三菱自動車川崎、京都、水島チームや休部した熊谷組・スリーボンドから選手が移籍し、翌春の18名の新人を合わせ、 1994年から都市対抗予選に参戦した。東海地区の中でもかなり新しいチームであるが、谷佳知らプロ野球選手やアマ日本代表選手を輩出している。三菱自動車岡崎硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た谷佳知谷佳知

    7月3日 - 巨人・谷佳知外野手が東京ドームで行われた対ヤクルト12回戦の6回裏に加藤幹典投手から二塁打を放ち、プロ野球48人目となる通算300二塁打を達成した。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雅規

    石川雅規から見た谷佳知谷佳知

    は5年連続の開幕投手を務め、開幕戦の巨人戦(東京ドーム)で9回1死まで巨人打線を無安打に抑えた。史上初の開幕戦ノーヒットノーランは果たせなかったが、トニー・バーネットとの完封リレーで4年ぶりに開幕戦を勝利で飾り、球団新記録である開幕戦4勝目を挙げた。8月21日の巨人戦(神宮)で谷佳知から史上132人目の通算1000奪三振を達成した。しかしシーズン通しての防御率は3点台後半にとどまり、二桁勝利も途切れた。石川雅規 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓也

    木村拓也から見た谷佳知谷佳知

    4月24日には東京都内で「お別れの会」が行われ、告別式に参列できなかった巨人の選手・関係者や、当日の試合のため東京入りしていた広島の選手も参列、改めて故人との別れを惜しんだ。同日の対広島東洋カープ戦は「追悼試合」として開催され、同世代で移籍組の谷佳知が、木村と同年(1994年)に広島へ入団した高橋建から代打逆転満塁本塁打(レギュラーシーズンでの満塁本塁打は初)を放ち、巨人の勝利に貢献。インタビューで木村に対する思いを涙ながらに語った。木村拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原道大

    小笠原道大から見た谷佳知谷佳知

    チーム事情と自身の意向から三塁手に転向。阪神から移籍してきた坪井智哉やオリックスの谷佳知とシーズン終盤まで首位打者争いを繰り広げた。坪井・谷らを退けて打率.360という高打率で2年連続で首位打者を獲得すると同時に最高出塁率(パ・リーグ歴代3位)のタイトルも獲得。また、31本塁打、100打点を記録し2000年から4年連続で3割・30本塁打を達成。小笠原道大 フレッシュアイペディアより)

  • ミックスモダン打線

    ミックスモダン打線から見た谷佳知谷佳知

    基本的には、2005年に監督を務めた仰木彬の「猫の目打線」の流れを引き継いでいるが、清原・中村紀洋・外国人を中心にして、前年規定打席不足に終った北川・谷佳知や塩崎真・村松有人による固定オーダーを組み、さらに水口栄二・後藤光尊・阿部真宏・日高剛・的山哲也などが脇を固めるという構想であった。ミックスモダン打線 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・レイサム (野球)

    クリス・レイサム (野球)から見た谷佳知谷佳知

    1-0で巨人がリードしていた6回表、1死走者一・二塁でヤクルトの攻撃中、レイサムは鈴木健のレフトフライを取った後に、アウトカウントを間違えて3アウトだと勘違いし、ボールをスタンドに投げ入れた。このプレーにより二塁走者には2個の安全進塁権が与えられ(野球規則7.05g(1))、ヤクルトは同点に追いつき、先発投手の高橋尚成は完封を逃した。日本のプロ野球では、谷佳知が同様にアウトカウントを間違えてスタンドに投げ入れたことがあったが、今回のように走者がいる場面で間違いをおかし、それにより得点が入ったのは初めてだった。(後の2011年5月26日の阪神対ロッテの試合・1死2塁の場面で阪神のマット・マートンがライトフライを取った後に同じくアウトカウントを勘違いしてボールをスタンドに投げ入れるミスを犯し相手に1点を献上してしまった。奇しくもその日はレイサムの誕生日でもあった。)クリス・レイサム (野球) フレッシュアイペディアより)

  • デーモン・ホリンズ

    デーモン・ホリンズから見た谷佳知谷佳知

    2007年の開幕スタメンは鈴木尚広だったが、レフト谷佳知、ライト高橋由伸が確定すると徐々にセンターのレギュラーを任され、後半戦は打棒が復活した清水隆行などと併用された。開幕前は外野守備に不安がある、と言われていたが、守備範囲は狭いものの実際はエラーは少なく、ダイビングキャッチをすることも少なくない。送球も無難にこなしている。デーモン・ホリンズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示