前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示
  • 谷亮子

    谷亮子から見た谷佳知谷佳知

    帝京大学文学部卒業、日本体育大学大学院修了。夫は谷佳知である。谷亮子 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原道大

    小笠原道大から見た谷佳知谷佳知

    にはチーム事情から三塁手に転向。シーズン通して首位打者争いを繰り広げ、シーズン序盤は西武の和田一浩と争い、阪神から日本ハムに移籍してきた坪井智哉やオリックスの谷佳知とシーズン終盤まで繰り広げた。坪井・谷らを退けて打率.360という高打率で2年連続で首位打者を獲得すると同時に最高出塁率(パ・リーグ歴代3位)のタイトルも獲得。また、31本塁打(リーグ7位)、100打点(リーグ7位)を記録し2000年から4年連続で3割・30本塁打を達成。小笠原道大 フレッシュアイペディアより)

  • 仰木彬

    仰木彬から見た谷佳知谷佳知

    攻撃面に関してはスタメンを固定することが少なく、ほとんど無数といっていい打順の形をつくり、オリックス時代の打線は「猫の目打線」と呼ばれていた。しかしこれは緻密なデータによるものであり、結果的には成功をおさめ、仰木マジックの面目躍如とされることになった。また、メンバー起用の幅を広げるために選手に複数ポジションを守ることを求め、内野手が複数ポジションを兼任したり、外野守備に定評のあった谷佳知、本西厚博、田口壮を内野で起用することもあった。仰木彬 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雅規

    石川雅規から見た谷佳知谷佳知

    5年連続の開幕投手を務め、開幕戦の巨人戦(東京ドーム)で9回1死まで巨人打線を無安打に抑えた。史上初の開幕戦ノーヒットノーランは果たせなかったが、トニー・バーネットとの完封リレーで4年ぶりに開幕戦を勝利で飾り、球団新記録である開幕戦4勝目を挙げた。8月21日の巨人戦(神宮)で谷佳知から史上132人目の通算1000奪三振を達成した。しかしシーズン通しての防御率は3点台後半にとどまり、二桁勝利も途切れた。石川雅規 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た谷佳知谷佳知

    1月6日に前川勝彦が大阪市内でひき逃げ事故を起こし、さらに無免許だったことが発覚して、業務上過失傷害と道路交通法違反の疑いで逮捕された。これを重くみた球団は1月18日付で前川を懲戒処分として所属契約を解消、その騒動の最中だった1月17日に、大幅な減俸を提示されて契約交渉が決裂した中村紀洋も同様に契約を解消した。この他球団の編成も完了している時期の契約解消について、選手会が野球協約上、問題のある交渉ではないかと批判している。低迷期より主戦打者だった谷佳知を、鴨志田貴司・長田昌浩とのトレードで巨人に放出し、ダン・セラフィニなどを補強。シーズン開幕前にタフィ・ローズを獲得して臨んだシーズンだったが、選手起用などで混迷は続いた。4月下旬から5月半ばにかけて17試合で1勝16敗と大きく負け越すと、優勝争いはおろかAクラス争いにすら加わることなく、パ・リーグ他5球団に負け越し、3年ぶりの最下位となった。オフにはかつてオリックスに在籍していた前巨人のジェレミー・パウエルの獲得を発表したが、1月29日になって福岡ソフトバンクホークスとの間で二重契約問題が発生し、パウエルはソフトバンクに入団している(詳しくはジェレミー・パウエル参照)。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・デラクルーズ

    フェルナンド・デラクルーズから見た谷佳知谷佳知

    初奪三振:同上、5回表に谷佳知からフェルナンド・デラクルーズ フレッシュアイペディアより)

  • 山本栄二

    山本栄二から見た谷佳知谷佳知

    初出場:1998年7月27日、対千葉ロッテマリーンズ18回戦(グリーンスタジアム神戸)、9回裏に谷佳知の代打として出場山本栄二 フレッシュアイペディアより)

  • ミックスモダン打線

    ミックスモダン打線から見た谷佳知谷佳知

    基本的には、2005年に監督を務めた仰木彬の「猫の目打線」の流れを引き継いでいるが、清原・中村紀洋・外国人を中心にして、北川・谷佳知や塩崎真・村松有人による固定オーダーを組み、さらに水口栄二・後藤光尊・阿部真宏・日高剛・的山哲也などが脇を固めるという構想であった。ミックスモダン打線 フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・バーグマン

    ショーン・バーグマンから見た谷佳知谷佳知

    初奪三振:同上、1回表に谷佳知からショーン・バーグマン フレッシュアイペディアより)

  • 鴨志田貴司

    鴨志田貴司から見た谷佳知谷佳知

    2006年、13イニングで11四球と制球難を克服できなかったが、ファームでは抑えの切り札として三振の山を築く。11月7日に谷佳知との交換トレードで長田昌浩と共にオリックス・バファローズへ移籍。鴨志田貴司 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示

「谷佳知」のニューストピックワード