80件中 31 - 40件表示
  • 迎祐一郎

    迎祐一郎から見た谷佳知谷佳知

    には外野手のレギュラーである谷佳知、村松有人がアテネオリンピック野球日本代表としてチームを離れた際に出場機会が大幅に増えて44試合に出場。プロ初本塁打を含む打率.267、5本塁打、4盗塁を記録してレギュラー候補に名を連ねる活躍を見せた。迎祐一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井義人

    石井義人から見た谷佳知谷佳知

    は4月20日に一軍登録されると、4月26日に移籍後初安打となる二塁打を記録。5月2日に登録を抹消されたが、再昇格後の5月23日に古巣の西武相手に代打でスクイズを決め移籍後初打点を記録した。主に対右投手の代打として起用され、代打打率.405(37打数15安打)、得点圏打率.444を記録するなど代打の切り札として無類の勝負強さを発揮し、チームの優勝に大きく貢献した。中日とのCSファイナルステージ第5戦では9回裏1死満塁のチャンスで代打(谷佳知)の代打で登場。抑えの山井大介からサヨナラヒットを放ち、同シリーズのMVPに選ばれた。石井義人 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た谷佳知谷佳知

    外野手:7長野久義、8谷佳知、12鈴木尚広、24高橋由伸、31松本哲也、36ジョン・ボウカー、48矢野謙次、55大田泰示2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た谷佳知谷佳知

    横浜対巨人第19回戦(横浜)の7回表、巨人・谷佳知外野手が自ら放った遊ゴロをアウトと判定されたことに抗議し、有隅昭二塁審の胸を突いたとして退場処分を受けた。今季セ・リーグ9人目(11度目)の退場。セ・リーグは2日、谷外野手に厳重戒告と5万円の罰金処分を科した。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野謙次

    矢野謙次から見た谷佳知谷佳知

    2007年は成績次第ではライバルにもなるとも思われた高橋由伸の初球開幕本塁打、谷佳知の完全復活により代打起用でシーズンを迎える。開幕13試合目にスタメン起用されるとようやく初ヒットを放ち、以後徐々に復調すると、中堅手としてデーモン・ホリンズや鈴木尚広と併用されたが、矢野がセンター守備に不慣れな面を見せたことから、「(原辰徳監督曰く)攻撃と守備のバランスが取れた」ホリンズがスタメン起用され、矢野が代打中心に起用されることになる。しかし、これがこの年の矢野に数々のエピソード(後述)を残すこととなった。終盤戦で不調の谷に替わり数試合スタメン出場したものの、(いわゆる1打席に集中した「代打のバッティング」に特化していたのか)19打席無安打。再び代打に戻るも、代打成績も落ちこむという悪循環に陥ってしまい、クライマックスシリーズでも目立った活躍もなくスタメンを奪取するには及ばず。めぐり合わせの悪い1年となってしまったが、シーズンわずか46安打で二塁打14、三塁打2、本塁打7を記録。序盤と終盤の不振もあったものの、シーズン出塁率.354、長打率.538という主軸打者に匹敵する数字を残した。秋季キャンプでは脇谷亮太と共に強化選手に選ばれ、2008年オフは仁志敏久にスローイングなど外野守備を師事。さらに大学の先輩である渡辺俊介らと行った初の海外(グアム)での自主トレでは、1日10時間トレを実行しており、いかに外野のレギュラーを奪取したいかが現れていた。矢野謙次 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た谷佳知谷佳知

    2007年、原監督がチーム内競争の活性化を示唆。矢野謙次や新加入の谷佳知などと改めてレギュラーを争う事となった。その中で原監督が「良い選手はいらない、強い選手が欲しい」と発言し、怪我の多い鈴木は不利に立たされるかと思われた。一方で走塁面の切り札として招聘した伊原春樹ヘッドコーチは鈴木を絶賛し、走塁面での核にしたいと発言。オープン戦では前シーズンの2番打者の経験を生かし、与えられた少ない打席でチーム最多四球を選び、高い出塁率を残した。3月30日横浜ベイスターズとの開幕戦に8番センターでスタメン出場。プロ入り11年目にして初の開幕スタメンの座を勝ち取り、両打席でヒットを放ち、3連戦勝ち越しに貢献した。デーモン・ホリンズの台頭や、清水隆行の復活により、後半戦は代走の切り札としてベンチ要員にあることが多かったが、スイッチ本格転向の1年目ながら右打席の打率は.333をマーク。両打席で変わらない出塁率を記録した。2007年のイニング先頭打者としての出塁率は5割近くを記録し、全安打33本中8本の内野安打を記録、チャンスメーカーとしての働きを見せた。走塁面でも相変わらずのチームトップとなる18盗塁をマークした。2007年に同姓の鈴木誠が入団したため(翌2008年オフに退団)、2年間スコアボードには「鈴木尚」と表示されたが、横浜ベイスターズの鈴木尚典(2008年引退)と同じであった。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た谷佳知谷佳知

    谷佳知の不振により開幕6試合目にスタメンに起用されると、1番・高橋由伸、3番・小笠原道大と共に球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献した。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の日本ハム戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍で日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、最終戦では5番を打った。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 走れ!イチロー

    走れ!イチローから見た谷佳知谷佳知

    オリックス・ブルーウェーブ選手:イチロー、藤井康雄、大島公一、田口壮、谷佳知、塩崎真走れ!イチロー フレッシュアイペディアより)

  • 鴨志田貴司

    鴨志田貴司から見た谷佳知谷佳知

    2006年、13イニングで11四球と制球難を克服できなかったが、ファームでは抑えの切り札として三振の山を築く。11月7日に谷佳知との交換トレードで長田昌浩と共にオリックス・バファローズに移籍。鴨志田貴司 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た谷佳知谷佳知

    オリックス・谷佳知外野手と巨人・鴨志田貴司投手・長田昌浩内野手の1対2トレードが成立し、両球団から発表された。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

80件中 31 - 40件表示