85件中 51 - 60件表示
  • 佐伯貴弘

    佐伯貴弘から見た谷佳知谷佳知

    中学時代はボーイズリーグの大阪東ジャガーズに所属。尽誠学園高校時代は2年時に第69回全国高等学校野球選手権大会に6番・左翼手で出場し2試合で2安打を記録した。また、高校の1学年先輩に伊良部秀輝(元ロッテほか)、1学年後輩に宮地克彦(西武コーチ)、2学年後輩に谷佳知(元オリックス)がいた。高校卒業後は大阪商業大学へ進学。関西六大学リーグで通算95試合出場し、330打数104安打、打率.315、12本塁打、57打点を記録。に春季と秋季の二季連続でリーグ戦の三冠王になった。同年は日米大学野球選手権大会の日本代表にも選出された。最優秀選手1回、ベストナイン4回受賞。通算12本塁打、1季4本塁打、3試合連続本塁打(2度)はいずれも新制関西六大学リーグ記録である。投手としても対龍谷大学戦で完封勝利を挙げるなど2勝している。佐伯貴弘 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勝広

    中村勝広から見た谷佳知谷佳知

    交流戦前後までは3位をキープしていたが、上記の選手や谷佳知など主力選手の不振・離脱、先発投手陣の不振、終盤の北川博敏の故障離脱など、チームが不調に陥った。また、「不調のベテランを起用し、好成績を残している若手を主軸で起用しない」などと阪神時代とは逆の批判を受けた。8月下旬、故障者の多さを理由に、宮内オーナーは一度は続投を匂わせたが、その後の対楽天3連戦で、パ・リーグチーム初の対楽天戦カード3連敗を受けて「予想以上に弱い」と発言、進退は白紙化される。9月下旬時点で、最下位楽天とのゲーム差が徐々に縮まり、最下位転落の可能性もある危機的状況に陥り、5位の座を死守したが、9月27日のシーズン最終戦後に成績不振の責任を取って監督辞任を発表した。中村勝広 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た谷佳知谷佳知

    は前年末に右肘を手術したことや、オープン戦期間中に患部のリハビリで戦線を離脱したことから、一軍公式戦では開幕戦の登板を回避。5月23日の対ロッテ戦に先発で実戦復帰を果たしたが、清田育宏に満塁本塁打を浴びるなど6点を失った末に、プロ入り後最短タイ記録の3回でKO。7月には、5日の対ソフトバンク戦(ほっともっとフィールド神戸)で、自己ワーストタイ記録の8失点を喫して降板。球団通算1万試合目の公式戦であった同月13日の対ロッテ戦(京セラドーム大阪)では、9回3分の2を3失点という好投で、チームに勝利をもたらした。しかし、先発で登板した9月2日の対楽天戦(楽天koboスタジアム宮城)4回裏に、右肩の違和感を訴えて緊急降板。谷佳知の引退試合であった10月3日のシーズン最終戦(京セラドーム大阪のソフトバンク戦)に自身5年振りの救援登板で実戦復帰を果たしたが、シーズン通算では規定投球回に達せず、7勝に終わった。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 柳瀬明宏

    柳瀬明宏から見た谷佳知谷佳知

    プロ1年目は怪我の影響から、6月28日のウエスタン・リーグ対広島東洋カープ戦(雁の巣球場)で9回2点ビハインドの場面で初登板、一死一二塁から4番吉田圭にセンターオーバーの二塁打により2点を奪われ1回2失点だったが実戦復帰を果たした。7月下旬に二軍を視察した一軍投手コーチの杉本正がプレーオフでの右打者封じの切り札として、二軍投手コーチの高山郁夫に昇格への仕上げを要請、8月23日時点で二軍で12試合に登板し、防御率は4.91で11回を投げ14奪三振、奪三振率11.45だったが、8月25日にプロ入り初めての一軍練習へ参加、8月26日に出場選手登録された。8月27日の対埼玉西武ライオンズ戦、7回無死二塁から4番手として中継ぎでプロ初登板し、4番のアレックス・カブレラを140km/hの直球でファーストフライに打ち取ると、続く和田一浩、ジェフリー・リーファーは連続三振、8回は与四球2ながら無失点に抑えた。この時点では二軍でも2イニング目は経験していなかった。9月5日の対北海道日本ハムファイターズ戦では7回2点ビハインドから登板し、打者3人を無失点に抑え、以降の試合は僅差での登板となった。9月12日対オリックス・バファローズ戦で6回1点リード二死二三塁から初のホールド機会で登板し、下山真二に四球を与えたが的山哲也を抑え、続く7回は谷佳知に四球を与えて降板したものの、代わった三瀬幸司が後続の3人を抑えたことでプロ入り初ホールドを記録した。9月23日対オリックス戦で8回同点から登板し、四球で二死一塁とした所で降板後、代わった吉田修司が後藤光尊に二塁打を打たれて初の失点が記録された。なおこの試合までプロ入り後は8試合連続無失点だった。レギュラーシーズンは10試合13回1/3を投げ自責1で終えた。プレーオフ第1ステージでは10月8日第2戦に和田毅の後を受け、5回2点リード一死二三塁から登板、中島裕之にライトへの犠牲フライを許したが、続くカブレラは三振、6回表に松中信彦のタイムリーヒットで1点援護を貰うと、6回7回を6者連続の凡退に抑え、レギュラーシーズンより先にプレーオフでのプロ入り初勝利を手にした。これが2004年以降のパ・リーグプレーオフにおける初の新人勝利投手となった。また、公式戦未勝利の投手がポストシーズンゲームで勝利を挙げるのは史上初である。続く10月9日第3戦では寺原隼人の後を受け、6回1点ビハインドから登板し、与四球2ながら2イニングを無失点に抑え、登板中の5点の援護により連日の勝利投手となった。第2ステージは10月11日第1戦に7回1点ビハインド二死一二塁から登板、8回に一死一三塁として降板したが、藤岡好明が金子誠に安打を打たれ0回2/3を投げ1失点だった。柳瀬明宏 フレッシュアイペディアより)

  • 宗佑磨

    宗佑磨から見た谷佳知谷佳知

    オリックス入団4年目の2018年3月4日には、横浜DeNAベイスターズとのオープン戦(ほっともっとフィールド神戸)で、前日(3日)の同カード(京セラドーム大阪)に続く1回裏での先頭打者本塁打をランニング本塁打で記録した。NPBオープン戦でのランニング本塁打は、のクレイグ・ブラゼル(阪神タイガース)以来6年振りで、日本人選手としてはOBの谷佳知がオリックスブルーウェーブ時代の3月3日の対大阪近鉄バファローズ戦で記録して以来17年振りである。宗佑磨 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ドラフト会議

    プロ野球ドラフト会議から見た谷佳知谷佳知

    1996年はアトランタオリンピックが行われた年で、井口忠仁、今岡誠、谷佳知、松中信彦ら銀メダルに貢献したメンバーが上位で指名された。他にも小笠原道大、和田一浩、岩村明憲、森野将彦、小坂誠、柴原洋、礒部公一など後にチームの主力打者に成長するメンバーが指名され、特に打者の人材は当たり年のドラフト会議であった。プロ野球ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本

    2003年の日本から見た谷佳知谷佳知

    12月11日 - 柔道・田村亮子がプロ野球・オリックスの谷佳知と結婚。2003年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 塩谷和彦

    塩谷和彦から見た谷佳知谷佳知

    移籍1年目のは就任1年目の石毛宏典のもと,14試合で4番打者として起用されるなど99試合に出場した。しかし谷佳知は3割超えを記録したものの新外国人フェルナンド・セギノールが序盤は打ちまくるも徐々に低迷し打率.203 23本塁打 47打点に終わり,同じくスコット・シェルドンも26本塁打を放つも.256 59打点にとどまり155三振を喫するなど、この年のオリックス打線は貧打に喘いだ。塩谷も打率.230とチーム打率.235と足並みを揃えてしまう打率となった。塩谷和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 大城滉二

    大城滉二から見た谷佳知谷佳知

    2015年のプロ野球ドラフト会議では、オリックス・バファローズから3巡目で指名。契約金6,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は、この年に引退した谷佳知が着けていた10。大城滉二 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た谷佳知谷佳知

    デビュー当時は土井正三監督の厳しい指導からスローイング障害(イップス)、ストレスから突発性難聴に陥り、守備では失策を続けた。結局、内野手としては大成しなかった。しかし、「強肩病」とイチローが絶賛していた強肩を生かして、に外野手に転向。最多補殺、ゴールデングラブ賞などの常連になる程、好守の外野手としてレギュラーに定着する。イチロー、本西厚博(後に谷佳知)との外野手トリオは、当時球界一の守備力と言われた。田口壮 フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示

「谷佳知」のニューストピックワード